ロマンスのRITA賞が審査バイアスの見直しへ

 全米ロマンス作家協会(Romance Writers of America, 以下RWA)から贈られるRITA賞の選考基準について、今月の理事会で人種や性的指向によるバイアスがかかっているとの指摘から見直しを図り、来年から新たに採択すると発表した。
“ロマンスのRITA賞が審査バイアスの見直しへ” の続きを読む

グラフィック・ノベルがマン・ブッカー賞候補作になったことからこのジャンルに注目が集まる

 アメリカを含む世界英語圏の小説に贈られるイギリスの文学賞、ブッカー賞候補作(ロングリストと呼ばれる一次通過作品)に、初のグラフィック・ノベル「Sabrina」がノミネートされたことから、このジャンルに注目が集まっているとウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。
“グラフィック・ノベルがマン・ブッカー賞候補作になったことからこのジャンルに注目が集まる” の続きを読む

いまどきの書評はティーンエイジャーの「ブックチューバー」によるレビュー動画

 主にティーンエイジャーからミレニアル世代の20代に本をアピールするには、動画投稿サイトユーチューブで多くのファンを獲得した「ブックチューバー」だとニューヨーク・タイムズ紙が報じている。
“いまどきの書評はティーンエイジャーの「ブックチューバー」によるレビュー動画” の続きを読む

ペンギン・ランダムハウス大型合併から5年

 この7月1日付で英語圏最大の出版社、ペンギン・グループとランダムハウスが統合から5年経つのを機に、業界誌パブリッシャーズ・ウィークリーが米出版業界に与えた影響を振り返っている。
“ペンギン・ランダムハウス大型合併から5年” の続きを読む

米アマゾン・キンドルの新機能「Buy For Others」でEブック献本や販促が可能に

 アマゾンは7月18日から北米向けのキンドルサービスに「buy for others(他の人に買う)」機能をつけ、著者がファンのためのレビュー用コピーを渡すため、1人で何冊も一括購入できるようにしたと経済誌フォーブスが報じている。
“米アマゾン・キンドルの新機能「Buy For Others」でEブック献本や販促が可能に” の続きを読む

SF出版レーベルTorがEブック新刊を図書館に出すのを4ヶ月延期へ

 このところしばらく特筆すべきニュースのなかった図書館Eブック市場だが、SF書最大手、マクミラン傘下のTor Booksが2018年7月刊行のタイトルから、図書館にEブック版が提供されるのを4ヶ月先にしたと業界誌「パブリッシャーズ・ウィークリー」が伝えている。
“SF出版レーベルTorがEブック新刊を図書館に出すのを4ヶ月延期へ” の続きを読む

北米コミック市場は2017年に6.5%縮小

 2017年北米でのグラフィック・ノベルスとコミック(アメコミ)誌の総売上げは10億1500万ドルで、前年比6.5%のマイナスとなったと、ポップカルチャー産業のニュースサイト ICv2.com と Comichron が合同で調査を発表した。
“北米コミック市場は2017年に6.5%縮小” の続きを読む

ブロガーやユーチューバーに続く本のヒットメーカーはポッドキャスターか?

 これまでもブロガーやユーチューバーがヒット本を出すことはあったが、次なるトレンドはポッドキャストのようだ。個人でもできるポッドキャストは、多種多様のコンテンツで低予算で製作でき、中には熱心なファンがいる番組もある。そこに出版社が目をつけ始めたとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。
“ブロガーやユーチューバーに続く本のヒットメーカーはポッドキャスターか?” の続きを読む

キンドルの読み放題サービスとヨメヨメ詐欺の攻防は続く

 今月1日に、米アマゾンのセルフ・パブリッシング・サービスである「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」が定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」に著作を提供する際のガイドラインを改定し、詐欺行為を予防する動きに出たが、まだまだ取り締まりが甘いとユーザーから指摘されているとフォーブス誌が報じている。
“キンドルの読み放題サービスとヨメヨメ詐欺の攻防は続く” の続きを読む

米アマゾンが傘下のセルフ・パブリッシャー向けオンデマンド印刷サービスを統合

 米アマゾンのキンドル・ダイレクト・パブリシング(KDP)が「エクスパンデッド・ディストリビューション」というサービスを開始、セルフ・パブリッシングの著者がオンデマンドで自著のソフトカバー版をオーダーできるようにした、と GoodEReader が伝えている。
“米アマゾンが傘下のセルフ・パブリッシャー向けオンデマンド印刷サービスを統合” の続きを読む