北米コミック市場は2017年に6.5%縮小

 2017年北米でのグラフィック・ノベルスとコミック(アメコミ)誌の総売上げは10億1500万ドルで、前年比6.5%のマイナスとなったと、ポップカルチャー産業のニュースサイト ICv2.com と Comichron が合同で調査を発表した。
“北米コミック市場は2017年に6.5%縮小” の続きを読む

ブロガーやユーチューバーに続く本のヒットメーカーはポッドキャスターか?

 これまでもブロガーやユーチューバーがヒット本を出すことはあったが、次なるトレンドはポッドキャストのようだ。個人でもできるポッドキャストは、多種多様のコンテンツで低予算で製作でき、中には熱心なファンがいる番組もある。そこに出版社が目をつけ始めたとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。
“ブロガーやユーチューバーに続く本のヒットメーカーはポッドキャスターか?” の続きを読む

マンガ家育成支援事業「トキワ荘プロジェクト」のNPO法人NEWVERYが人材紹介事業と受託業務事業を新たに開始

 マンガ家育成支援事業「トキワ荘プロジェクト」などを展開するNPO法人NEWVERYは6月29日、人材紹介事業「Graphium Career(グラフィウム・キャリア)」の開始を取引先向けに発表した。これはどんな事業なのか? 興味を持った筆者はNEWVERYへ連絡、COOの小崎和隆氏と、クリエイティブ事業部マンガユニット長の番野和敏氏に話を伺った。
“マンガ家育成支援事業「トキワ荘プロジェクト」のNPO法人NEWVERYが人材紹介事業と受託業務事業を新たに開始” の続きを読む

キンドルの読み放題サービスとヨメヨメ詐欺の攻防は続く

 今月1日に、米アマゾンのセルフ・パブリッシング・サービスである「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」が定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」に著作を提供する際のガイドラインを改定し、詐欺行為を予防する動きに出たが、まだまだ取り締まりが甘いとユーザーから指摘されているとフォーブス誌が報じている。
“キンドルの読み放題サービスとヨメヨメ詐欺の攻防は続く” の続きを読む

「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年7月9日~15日)

honto

 先週は「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年7月9日~15日分です。

“「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年7月9日~15日)” の続きを読む

米アマゾンが傘下のセルフ・パブリッシャー向けオンデマンド印刷サービスを統合

 米アマゾンのキンドル・ダイレクト・パブリシング(KDP)が「エクスパンデッド・ディストリビューション」というサービスを開始、セルフ・パブリッシングの著者がオンデマンドで自著のソフトカバー版をオーダーできるようにした、と GoodEReader が伝えている。
“米アマゾンが傘下のセルフ・パブリッシャー向けオンデマンド印刷サービスを統合” の続きを読む

絶版になった幻の投資指南書が、許可なく電子化されアマゾンで販売

 ブルームバーグによると、絶版になった幻の投資指南書が、許可なく電子化されアマゾンで販売されていた。海賊版が出回ったのは、ボストンに本社を置く Baupost の CEO であり、ヘッジファンド界の伝説的存在の Seth Klarman が1991年に上梓した『Margin of Safety』という本で、著者の許可なしにキンドル版が9.99ドルで売られ(今は停止)、訴訟問題になっている。
“絶版になった幻の投資指南書が、許可なく電子化されアマゾンで販売” の続きを読む

「ブックパス」がWow!IDに対応してau回線契約なしでも利用可能に

 KDDI株式会社が運営する電子書店「ブックパス」は7月4日、Wow!IDを取得することによって、au回線契約なしでも利用できるようになったことを発表した。
“「ブックパス」がWow!IDに対応してau回線契約なしでも利用可能に” の続きを読む

KADOKAWA「魔法の図書館プラス」が9月30日でサービス終了

 株式会社KADOKAWAは7月2日、女性向け電子書店「魔法の図書館プラス」のサービス提供を9月30日で終了することを発表した。サービス終了時点でアプリの本棚にダウンロードされているコンテンツは、アプリをアンインストールしない限り閲覧可能。
“KADOKAWA「魔法の図書館プラス」が9月30日でサービス終了” の続きを読む

イーブックイニシアティブジャパンがコミックアプリ「ebookjapan」をリリース ~ 電子書店「eBookJapan」とは別サービス

 株式会社イーブックイニシアティブジャパンは7月2日、ヤフー株式会社と共同で運営するコミックアプリ「ebookjapan」のiOS版をリリースした。「チケット無料」や「無料連載」などの無料機能が充実しており、1600点以上のコミックが無料で閲覧できる。13万点以上のラインアップから、購入もできる。
“イーブックイニシアティブジャパンがコミックアプリ「ebookjapan」をリリース ~ 電子書店「eBookJapan」とは別サービス” の続きを読む