ニューヨーク・コミコン2018はさらに拡大、日本のマンガ・アニメプログラムも別枠で

 この10月4日〜7日にニューヨークのジャヴィッツ・センター内外で開催予定のニューヨーク・コミコンは、著名クリエイター登壇、大小出版社のブース、コミコン・アワードの授賞式など例年通りのイベントの他に、アニメ・マンガが物議をかもすかもしれない、と業界紙パブリッシャーズ・ウィークリーが伝えている。
“ニューヨーク・コミコン2018はさらに拡大、日本のマンガ・アニメプログラムも別枠で” の続きを読む

デジタルマーケッターからオウンドメディアへの提言

 米フォーチュン誌「フォーチュン500」のメディア・エンタメ企業を相手に20年間デジタルマーケティングに関わってきたクリス・ホーグ氏が、これからデジタルメディアに参加するクライアントへのアドバイスを広告業界紙「アドウィーク」に寄せている。
“デジタルマーケッターからオウンドメディアへの提言” の続きを読む

2018年は英米でオーディオブック“元年”となるのか?

 イギリスでオーディオブックは正式に2018年出版のトレンドになった、と主張するのは経済誌フォーブスのアダム・ロウ記者で、英出版業界紙「ザ・ブックセラー」で2017年の売上は前年比45%増の9700万ポンドに上ったことを受けてこれを評したもの。
“2018年は英米でオーディオブック“元年”となるのか?” の続きを読む

レノボがEインクとLCDを組み合わせたタブレットを発売予定

 もう10年近くも様々なメーカーがLCDスクリーンとEインクのスクリーンを1つのデバイスに組み合わせようとしてきた。バーンズ&ノーブルはいちばん最初のEリーダーで試したし、マイクロソフトやインテルもコンセプトデザインの試作機を披露してきた。そしてEntourageという無名の会社は、2面構造の電子教科書リーダーを2回もリリースした。今度はレノボが次のノートブックパソコンでそれをやろうとしている、とニュースポータル「デジタル・リーダー」が伝えている。
“レノボがEインクとLCDを組み合わせたタブレットを発売予定” の続きを読む

代替ノーベル文学賞候補にN・ガイマン、村上春樹ら

 セクハラ騒動が発端となり選考員が不足し、今年のノーベル文学賞授与を見送ったスウェーデン・アカデミーに代わり、スウェーデンの文化人らが立ち上げた文学賞の最終候補が発表になったと英ガーディアン紙が伝えている。
“代替ノーベル文学賞候補にN・ガイマン、村上春樹ら” の続きを読む

元NY書評紙の編集者が有料書評メルマガを開始

 「ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス」(The New York Review of Books, 以下NYRB)はアメリカでほぼ月刊発行され、各界の著名人による長編の書評で知られる書評紙だが、同紙の名編集者だったアン・シェルバーグが定期購読の書評メルマガを始めると、業界誌パブリッシャーズ・ウィークリーが伝えた。
“元NY書評紙の編集者が有料書評メルマガを開始” の続きを読む

不当解雇を主張する元バーンズ&ノーブルCEOの起訴状から意外な事実が判明

 この7月3日に突如解雇されたデモス・パーネロス元バーンズ&ノーブルCEOが、これを退職手当のない不当解雇だとして、ニューヨークの地方裁判所で起訴を申し立てた。起訴状に書かれたレン・リッジオ会長とのあつれきや、バーンズ&ノーブル買収に興味を示していた“書店”があったことなどが暴露され、米出版業界での話題となっている。
“不当解雇を主張する元バーンズ&ノーブルCEOの起訴状から意外な事実が判明” の続きを読む

全米書評家協会が初の寄付金募集

 47年の歴史を持つ全米書評家協会(The National Book Critics Circle, 以下NBCC)が初めてファンドレイジングを行うと、業界誌パブリッシャーズ・ウィークリーが伝えている。同協会が毎年3月に授与する全米批評家協会賞は全米図書賞(National Book Award)と並ぶ文学賞で、6部門(自伝、評伝、批評、フィクション、ノンフィクション、詩歌)で選ばれる。
“全米書評家協会が初の寄付金募集” の続きを読む