新型コロナウイルス関連の海外出版ニュースあれこれ

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い国ごと封鎖になったイタリアだが、コンテ政権の呼びかけに対し、最大手のモンダドーリ出版グループと伊Koboが協力し、Eブックが無料で読めるランディングページをコロナウイルス対策のサイトに加えたと、パブリッシング・パースペクティブズが伝えている。

 一方、5月まで延期とされていたボローニャ児童書ブックフェアだが、こちらも次々と出展を取りやめる出版社が相次ぎ、キャンセルとなった。

 外出できない人のために無料でEブックを提供する動きは他にもあるが、アマゾンではCOVID-19に関する間違った情報を載せた対策本や、他のサイトの情報を丸パクリしたキンドル本が野放しになっていると、米NBC局が伝えている。

参考リンク

パブリッシング・パースペクティブズ(Publishing Perspectives)のニュース 
https://publishingperspectives.com/2020/03/coronavirus-canada-kobo-joins-mondadori-providing-free-ebooks-italy-lockdown/
米NBCのニュース
https://www.nbcnews.com/tech/tech-news/coronavirus-books-plagiarized-news-outlets-dominate-amazon-search-results-n1155641

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About 大原ケイ 271 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。
タグ: / /

関連記事&広告

コメントする

avatar
1000