ドイツの書店チェーン最大手Thalia、全店舗のレジで電子書籍を購入可能に、ダウンロードコード付きレシートを発行

【編集部記事】ドイツの電子書籍ニュースサイト「e-Book-News.de」によると、ドイツ語圏の書店チェーン最大手「Thalia」が全店のレジで電子書籍版を購入を可能にしたとのこと。

 同社は、すでに電子書籍端末「Tolino」シリーズや自社の電子書籍ストアサイトを運営しているが、基本的に自社サイト会員であることが必要だった。今回の店頭レジでの販売は、非会員でも電子書籍を購入したり、ギフト向けニーズのための施策で、レジで代金を支払うとダウンロードコードが印刷されたレシートが渡されるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:e-Book-News.deの記事( http://www.e-book-news.de/omnichannel-extrem-thalia-verkauft-e-books-in-filialen-auch-als-geschenk-verpackt/

中国Onyx、電子ペーパーディスプレイ採用のAndroidノートPC「Onyx Typewriter」を試作、デモ実演

【編集部記事】米国のARM系デバイスニュースサイト「ARMdevices.net」によると、電子書籍端末メーカーのOnyx International社(本社:中国広東省)が9.7型E-Inkディスプレイを採用したAndroidノートPC「Onyx Typewriter(通称)」を香港でデモ実演した模様。

 同社は電子書籍端末「Onyx Boox」シリーズの販売で有名だが、そのノウハウを活かし、脱着式キーボードを取り付けたノートPCを試作。電子ペーパーディスプレイを使った英文ワープロ専用機などはすでに海外で発売された事例がいくつかあるが、このOnyx Typewriterは中身がAndroid端末であるため、より広範な用途に使えそうかどうか検証目的で作られたとのこと。仮に実際に製品化が決定されたとしても、来年以降になるという。【hon.jp】

問合せ先:ARMdevices.netの取材YouTubeビデオ( https://www.youtube.com/watch?v=jF1b3qgw-K4

昨年のMaria Pallante元米国著作権局長騒ぎ、米国財務省監察官が調査レポート「彼女は不正に予算を過剰申告していた」

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」によると、米国議会図書館が昨年10月に管轄下にある米国著作権局のMaria Pallante局長(現:AAP代表)を即日解任した騒動について、米国財務省の管轄菅がレポートを公開した模様。

 昨年時点、著作権局長の即日更迭は異例の事態だったため、Google社のロビー活動によるとものなどと、米国の知財関係者たちの間では陰謀説まで流れていた。しかし、財務省側のレポートによると、Pallante局長の解任は「不正に予算を過剰申告していた」「予算に使われるはずのプロジェクトを一切実行していなかった」など、本人の資質面に多大な問題があったと結論付けている。

 これを受け、下院で審議進行中の米国著作権局の独立機関化構想にも、さっそく大きな影響が出始めているという。【hon.jp】

問合せ先:Telereadの記事( https://teleread.org/2017/04/13/was-copyright-register-maria-pallante-fired-for-incompetence/

Microsoft社、Windows 10 Creators Update配信スタートと同時に米国内で電子書籍ストアをオープン、PayPal課金にも対応

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Good E-Reader」によると、Microsoft社(本社:米国ワシントン州)が先週から段階的に配信を開始したPC用OS「Windows 10」の最新アップグレード(Windows 10 Creators Update)に伴い、米国内で電子書籍ストアを正式公開した模様。

 この電子書籍ストアは米国内ユーザー限定のもので、Windows AppStoreの1コーナーとしてオープン。標準Webブラウザ「Edge」で今回から追加されたEPUB形式の電子書籍ビューワ機能を使い、電子書籍が購入・読めるようになっている。

 なお、クレジットカードを使えないユーザー層のために、PayPal課金にも対応しているとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Good E-Readerの記事( http://goodereader.com/blog/e-book-news/microsoft-bookstore-launches-today-in-the-united-states

英ケンブリッジ大学内の図書館関係者向けブログ、学生たちによる電子書籍の利用状況を報告

【編集部記事】英ケンブリッジ大学の図書館関係者向け電子書籍啓蒙ブログ「ebooks@cambridge」が現地時間4月6日、管轄下にある各大学図書館における電子書籍の利用状況を報告している。

 同記事によると、2016年の学内における電子書籍利用率は前年比+4.43%となり、通年どおり夏休みと年末にアクセスが急速に落ち、新学期が始まった直後の10月にアクセスが急上昇するパターンとなっているとのこと。管轄下にある各大学図書館では多数の電子図書館サービスを併用しているが、利用率ナンバーワンになったのは米国の学術・電子出版サービス大手ProQuest(本社:米国ミシガン州)が2年前にIngramグループから買収した「MyiLibrary」だったとのこと。【hon.jp】

問合せ先:ebooks@cambridgeの記事( https://ebookscambridge.wordpress.com/2017/04/06/ebooks-usage-2016-a-glance-at-the-figures/

インタラクティブ電子書籍におけるビデオ解説でも便利、Apple社が先週リリースしたiOSビデオ・ナレーション字幕追加アプリ「Clips」

【編集部記事】米国の「The iBooks Author Conference」カンファレンスサイトが、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)が先週iPhone向けに無料リリースしたビデオ・自動ナレーション追加アプリ「Clips」が、インラクティブ電子書籍の制作現場でもとても便利だと評している。

 Clipsアプリは、Apple社が先週無料公開したアプリで、本来はSNS等にビデオクリップを投稿するためのもの。しかし、同アプリには注目機能として音声によるナレーション字幕自動生成機能(日本語にも対応済み)が搭載されており、iCloud上で保存された写真・画像等にもナレーション字幕をアフレコで追加し、動画クリップ化できる。これにより、画像素材を、より効果的なビデオ素材に変換し、iBooks Author等で制作中のインラクティブ電子書籍に埋め込めるという。【hon.jp】

問合せ先:The iBooks Author Conferenceサイトの記事( https://www.ibooksauthorconference.com/single-post/2017/04/08/Apple-Clips-instantly-solves-one-of-iBooks-Authors-longstanding-problems

ダイヤモンド・ビジネス企画、企業PR用途向けに電子書籍ストア「紀伊國屋書店Kinoppy」で無料クーポン発行サービス

【編集部記事】ソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区)の社史・企業PR書籍出版社である株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画(本社:同)は4月7日、電子書籍ストア「紀伊國屋書店Kinoppy」で自社作品の無料クーポン発行サービスを開始したことを発表した。

 このサービスは企業PR用途向けのもので、多数の取引先・社員等へ自社に関する電子書籍作品をプレゼント贈答するためのサービス。電子書籍ストア側が独自発行するキャンペーン割引クーポン等とは異なり、作家側が無料配布された当該電子書籍を実質”買い取る”方式になる。作品第1号として、ジャパンネット銀行の創業ドキュメンタリー作品「12人で「銀行」をつくってみた」(著:岡田晴彦)で採用したとのこと。【hon.jp】

問合せ先:ソフトブレーンのプレスリリース( http://www.softbrain.co.jp/news/release/2017/20170407_483.html

米Amazon、Word/PDF形式ファイルをKindle電子書籍形式に変換するWindows/Macアプリ「Kindle Create」をベータ公開

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、米Amazon社(本社:米国ワシントン州)が今週、Word/PDF形式ファイルをKindle電子書籍形式に変換するWindows/Macアプリ「Kindle Create」をベータ公開したとのこと。

 Amazon社はすでに、作家層に応じてKindle電子書籍ファイル制作ツールを複数提供しているが、このKindle Createは主に英語圏のWordユーザーを意識してデザインされている模様で、Word感覚でプレビュー画面上においてもテキスト編集等できるようになっている。ビデオ等の埋め込みも対応している模様だが、まだベータ版のため不具合がいくつかまだ残っている模様。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2017/04/06/kindle-create-lets-make-kindle-ebook-word-file/

加Rakuten Kobo社、紙書籍→電子書籍誘導iPhoneアプリ「Shelfie」を買収

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、楽天グループのRakuten Kobo社(本社:カナダ・オンタリオ州)がShelfie社(本社:カナダ・バンクーバー市、旧称:BitLit Media社)の紙書籍→電子書籍誘導アプリ「Shelfie」を買収したとのこと。

 Shelfieは2013年に公開されたアプリで、スマホカメラで撮影された本棚の書籍群の背表紙文字を自動認識し、電子書籍版が存在する場合はそれに誘導する。今年1月に開発元が同アプリの開発・運営から撤退したところ、Rakuten Kobo社がすぐにその権利を取得した模様。Rakuten Kobo社では、提携する書店チェーン店頭で本アプリを今後活用していく方針。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2017/04/05/kobo-acquires-print-digital-bundling-startup-shelfie/

【お知らせ】作家・出版社向け無料Twitter電子書籍ツイートサービス「EPUB to Twitter」をhon.jpサイト上で正式稼働しました

【編集部記事】いつも電子書籍検索サイト「hon.jp」をご愛用いただき誠にありがとうございます。今月から、hon.jpサイトは作家・出版社向けの無料電子書籍ツイートサービス「EPUB to Twitter」をスタートいたしました。

 EPUB to Twitterは、プログラマーの藤井正尚が2014年に個人公開したTwitter向けEPUB電子書籍ビューワサービスで、多数の作家・出版社さまが自社のEPUB電子書籍の無料PRツールとしてご活用いただいてまいりました。そして、昨年の藤井氏の弊社パートナー参加に伴い、本サービスを弊社に譲渡・移管し、今後はhon.jpドメイン下で運用されることになりました。

下記、実際の最近のユーザーツイート例です:

 無料のDIYサービスのため、ユーザーによって使い方は千差万別ですが、基本的には既存Twitterフォロワー向けに電子書籍をPR告知する方々が大半です。すでにTwitterアカウントをPR用途でお使いの電子書籍関係者の方はぜひ一度お試しください(今後、弊社ニュースサイトと連動した、作品投稿イベント企画も実施する予定です)。

 hon.jpでは今後も電子書籍作品PRサービスを中心に、システムのアップグレードを継続してまいります。どうぞ今後とも電子書籍検索サイト「hon.jp」をよろしくお願い申し上げます。【hon.jp】

問合せ先:hon.jpシステム部( system-web@hon.jp

背面に電子ペーパーを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」、新モデルを今夏にも発売予定か

【編集部記事】米ARM系デバイス専門ニュースサイト「Liliputing.com」によると、香港の投資会社REX Global Entertainment Holdings傘下のスマホデザインメーカーYota Devices社(本社:ロシア・サンクトペテルブルク市)が、背面に電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」シリーズの新モデルを今夏発売する模様。

 Yota Devices社のロシア語ホームページ上で今月ティーザー告知され、もともとは昨年発売予定だった「YotaPhone 3」である可能性が高いとのこと。

 Yota Devices社はもともと、WiMAXデータ通信キャリアのYota社(本社:同)の自社ハードウェア開発部門で、2015年からはREX Global Entertainment Holdingsに売却され、後者の傘下企業となっている。【hon.jp】

問合せ先:Liliputingの記事( https://liliputing.com/2017/04/yotaphone-3-dual-screen-smartphone-coming-summer.html

米Adobe、Google社と共同でオープンソース書体「源ノ明朝」をGitHub公開、電子書籍・スマホユーザーを意識してデザイン

【編集部記事】アドビ システムズ株式会社(本社:東京都品川区)は4月4日、米国Adobe Systems(本社:米国カリフォルニア州)がオープンソース書体「源ノ明朝」をGitHub公開したことを発表した。

 この書体はCJK言語圏のデジタルデバイスの表現力を高めるためにGoogle社などと共同でデザイン作業を進めてきたもので、2014年7月にリリースした「源ノ角ゴシック」のセリフ系となる。デザインチームによる解説ビデオによると、電子書籍を含むスマートフォンユーザーを意識してデザインされたとのこと。【hon.jp】

問合せ先:「源ノ明朝」フォント概要説明サイト( https://source.typekit.com/source-han-serif/jp/

メディアドゥ、電子書籍取次会社の出版デジタル機構を正式に子会社化

【編集部記事】電子コミック流通・配信などを行なっている株式会社メディアドゥ(本社:東京都千代田区)は3月31日、2月28日に事前発表していた電子書籍取次会社の株式会社出版デジタル機構(本社:同)の子会社化を、正式に発表した。

 出版デジタル機構は2012年に電子出版ビジネスのインフラ整備を目指し、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区)と出版社12社・印刷会社2社が設立。翌年には電子書籍販売サイトへの作品供給を本格スタートし、凸版印刷グループの電子書籍取次会社である株式会社ビットウェイ(本社:東京都台東区)の全株式を取得。ただ、70%を保有する最大株主が時限制の官民ファンドである産業革新機構ということもあり、電子書籍関係者の間ではその保有株の今後の動向が注視されていた。

 プレスリリースによると、メディアドゥ側は買収金額の88億円全額を金融機関から借入で調達し、業績への影響については近日発表予定の業績予想に織り込んで発表するとのこと。【hon.jp】

問合せ先:メディアドゥのプレスリリース( http://www.mediado.jp/corporate/1603/

米アーカンソー州立大の新入生向けインタラクティブiBooks電子書籍「A-State: Inspiration, Innovation, and Creativity」

【編集部記事】米国の「The iBooks Author Conference」カンファレンスサイトが、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)のMac向けインタラクティブ電子教科書・電子書籍オーサリングソフト「iBooks Author」の作品例として、アーカンソー州立大学の新入生向けiBooks電子書籍(無料)を紹介している。

 この電子書籍は、同大学が2013年から導入しているiPadベースのICT教育システムをわかりやすく解説したもので、各責任者たちの紹介から、大学独自のアプリ群の使い方を多数のビデオ・デモ画面・埋め込みPDF教材などを使って紹介した250MB程度の作品。iPadに特化してデザインされた電子書籍だが、入学直前の学生オリエンテーションを目的としたもので、実際のキャンパス内でのシステムの使われ方などがわかりやすく紹介されており、とても興味深い。【hon.jp】

問合せ先:The iBooks Author Conferenceサイトの記事( https://www.ibooksauthorconference.com/single-post/2017/04/02/Arkansas-State-iBook-Inspiring-Innovative-and-Creative

Data Guy氏がポッドキャスト番組に登場「Nielsen社の書籍市場数値の42%はAmazon経由だった。ただしその事は発表されない」

【編集部記事】個人作家向け電子書籍市場調査サイト「Author Earnings」のData Guy氏が現地時間3月24日、英国の個人作家向け情報サイト「Self Publishing Formula」のポッドキャストに登場し、今年1月に電子書籍カンファレンス「Digital Book World 2017」で行なった講演プレゼンテーションについてフォロー解説した。

 Data Guy氏は、今年1月の講演で、Nielsen社の公開市場データとマージ実験を行ない、米国における紙書籍市場の実態についてのデータ分析を発表している。同氏によると、Nielsen社などを含め、米国の出版業界団体が発表する書籍販売データの42%近くがすでにAmazon経由だったが、その事実については業界政治的な事情により、プレスリリース上で発表されることはないとのこと。

 また、個人の電子書籍作家へのアドバイスとして、書店店頭でのサイン会ツアーに時間を割くよりも、Facebook広告やAmazonマーケティングサービス広告がはるかに効果的で、そちらの研究に時間を割くことを勧めている。【hon.jp】

問合せ先:Self Publishing Formulaのポッドキャスト( https://www.youtube.com/watch?v=8D4FCQWdL8A

日本電子出版協会、「検索の新地平、読書の未来」セミナーを4月21日に東京都・紀尾井町で開催

【編集部記事】一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は4月21日午後、東京・紀尾井町で「検索の新地平、読書の未来」セミナーを開催する。

 本セミナーでは、国立情報学研究所の高野明彦教授によるもので、検索による書籍との出会いが当たり前となった現代における、読者の「読む」という行為について再定義を試みる。

 定員130名で、JEPA会員は無料、一般の参加費は3,000円となる。概要は下記サイト参照のこと。【hon.jp】

問合せ先:「検索の新地平、読書の未来」セミナーの概要( http://kokucheese.com/event/index/461585/

Z会、インタラクティブ英単語学習書「Z会CA速読速聴・英単語 Daily 1500」をiPad/Macユーザー向けに発売

【編集部記事】Z会グループ(本社:静岡県駿東郡)の教育コンテンツ開発子会社の株式会社Z会CA(本社:同三島市)は3月24日、iPad/Macユーザー向けにインタラクティブ英単語学習参考書「Z会CA速読速聴・英単語 Daily 1500 ver.3(iBooks版)」を発売した。

 「速読速聴・英単語」シリーズは、CD・赤シート付属の同社ベストセラー参考書の1つ。今回発売されたのは同社のiBooks向けインタラクティブ電子書籍としては第2弾となるもので、各ページにネイティブスピーカーの音声データを埋め込み、色つき単語(見出し語)の非表示、オリジナル単語カード作成機能など、主にiPadユーザーをターゲットにデザインされている。

 電子書籍化を担当したのはネットサポート株式会社(本社:東京都港区)。【hon.jp】

問合せ先:「速読速聴・英単語 Daily 1500 ver.3(iBooks版)」の概要( http://www.zkai.co.jp/books/dai/ibooks/ibo_Day.html

Kindleを持って”放浪の旅”に出た電子書籍作家James Altucher氏、Amazon本社に呼ばれる

【編集部記事】米国には電子書籍で生計を立てている有名個人作家が多数いるが、その1人にビジネス書専門のJames Altucher氏という人物がいる。

 Altucher氏は昨年から、家や所持品の大半を売却し、スマホとKindleを持ってAirBnbを使った”放浪の旅”をスタート。自身のブログは定期的に更新されているが、それによると今月シアトル市のAmazon本社に呼ばれ、PRビデオ撮影に協力した模様。

 同記事で、Altucher氏はセルフパブリッシングを考えているビギナー作家向けのアドバイスも掲載している。【hon.jp】

問合せ先:James Altucher氏のブログ記事( http://www.jamesaltucher.com/2017/03/self-publish-bestseller/

米Apple社、iPhoneアプリ名に「Free」など価格を連想させる用語を使うことを禁止に

【編集部記事】米国のシリコンバレー系ニュースサイト「VentureBeat」によると、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)がiOS/macOSアプリ名に「Free」など価格を連想させる用語を使うことを禁止にした模様。

 iOSアプリ開発者向けガイドラインにはもともと、価格を連想させる用語をメタデータ情報に含めることを禁止していたが、今月からアプリ名称やアイコン等にそのような用語を含めるとエラー告知され自動リジェクトされるようになったとのこと。【hon.jp】

問合せ先:VentureBeat( https://venturebeat.com/2017/03/28/apple-now-rejects-app-store-submissions-when-the-name-includes-the-price/

ダイレクトクラウド、出版社向け電子書籍取次サービスを4月3日からスタート、EPUB制作料金無料キャンペーンも

【編集部記事】株式会社ダイレクトクラウド(本社:東京都新宿区)は4月3日から、電子書籍・電子カタログ制作代行サービス「eCata」を拡張し、出版社向け電子書籍取次サービスを追加する。

 eCataは、2014年から提供している電子カタログ制作代行サービスで、昨年からEPUB電子書籍ファイル形式に対応。今回の取次サービスはそれらEPUB電子書籍ファイルをAmazon/楽天Kobo/honto等、国内の主要電子書籍ストア向けに流通させるもので、電子書籍の取引実態・販売実績を一括管理できるようにする。

 なお、今回のサービス追加を記念し、4月3日~5月31日までの期間限定で「EPUB制作料金無料特別プラン」キャンペーンをスタートさせる予定。【hon.jp】

問合せ先:「eCata」電子書籍取次サービスの概要( http://ecata.jp/ebook_agency