「読書メーターの投稿レビューがSBクリエイティブに」「Airbookがファミリーマートへ提供開始」など、出版業界気になるニュースまとめ #379(2019年6月24日~30日)

出版業界気になるニュースまとめ

《この記事は約 6 分で読めます》

 2019年6月24日~30日は「読書メーターの投稿レビューがSBクリエイティブに」「Airbookがファミリーマートへ提供開始」などが話題に。編集長 鷹野が気になった出版業界のニュースをまとめ、独自の視点でコメントしてあります。

【目次】

国内

読書メーター、投稿レビューをSBクリエイティブ公式サイトへ連携掲載開始〈HON.jp News Blog(2019年6月24日)〉

 株式会社トリスタが運営する「読書メーター」は6月18日、SBクリエイティブ株式会社公式サイトの本の紹介ページに、読書メーターへ投稿された感想・レビューが表示されるようになったことを発表した。 読書メーターは、2018年4月に提携サービス向け「レビューAPI」機能の展開を発表、同6月から株式会社ブックウォーカーが運営する電子書店「BOOK☆WALKER」と提携し、レビューの表示を開始した。以降、「ダ・ヴィンチニュース」...

 KADOKAWAグループ外の出版社公式サイトに全面採用されたのはこれが初めて。一般論として、出版社公式サイトはこれまでレビューを載せることに対し後ろ向きだった印象があります。出版社公式サイトに新鮮な情報がたくさんあるなら、ユーザーも出版社公式サイトへ足を運ぶでしょうし、検索結果でより上位に表示されるようにもなると思うのです。良い提携。

ファミリーマートで対象雑誌・書籍を購入すると電子版が無料で読めるBookLive「Airbook」提供開始 ~ TSUTAYA以外では初〈HON.jp News Blog(2019年6月26日)〉

 株式会社BookLiveは6月25日、対象雑誌や書籍の紙版を購入すると電子版を無料で読めるサービス「Airbook」を、ファミリーマート全店舗(書籍取り扱いのない一部店舗を除く)に提供開始したことを発表した。AirbookがTSUTAYA以外へ展開されるのはこれが初めて。 Airbookは、対象店舗でTカードを提示し、対象の雑誌や書籍を購入すると、その電子版が自動的に電子書店「BookLive!」の本棚へダウンロードされるサービス。初回利用...

 AirbookがTSUTAYA以外へ展開されるのはこれが初めて。対象タイトルは560点以上、国内1万6000店舗へ展開です。なお、もしこのファミリーマート Airbook が終了したとしても、BookLive!の本棚に入っている作品は引き続き利用できるとのことです。

インプレスR&DのNextPublishing POD出版サービスで複数人への収益自動分配設定が可能に ~ 共著やチームパブリッシングが手軽に〈HON.jp News Blog(2019年6月26日)〉

 株式会社インプレスR&Dは6月26日、NextPublishing POD出版サービス登録ユーザー向けのメールマガジンにて、個人向けの出版販売支援サービス「著者向けPOD出版サービス」と、自身の出版者ブランドを用いてアマゾンでPOD出版できる「出版ブランド開設サービス」で、複数人への収益自動分配設定が可能になったことを明らかにした。 同サービスでは従来、書籍ごとに1つの支払先のみが登録可能で、共著やチームパブリッシング...

 私の知ってる限り、収益自動分配に対応しているのは他に「BCCKS」と「note」だけ。これで「NovelJam」が著者向けPOD出版サービスでも可能に! なお、アマゾンの方にはずっと前から何度も要望している機能だったりします……。

Kindle Oasisの新モデルが発表 〜 色調調節ライトを新たに搭載〈HON.jp News Blog(2019年6月26日)〉

 アマゾンジャパン合同会社は6月19日、同社専用電子書籍端末の最上位モデル「Kindle Oasis」の新モデル(第10世代)を発表した。価格は2万9800円から。フロントライトをホワイトからアンバー(琥珀色)に色調調節できる機能を新たに搭載している。 新モデルの色調調節ライトは、時間設定機能を利用すれば、日の出や日の入りの時刻に合わせて自動的に調節することができる。また、7インチのディスプレイは“次世代電子ペーパー...

 アンバー(琥珀色)に色調調節可能。なお、暖色系に調節できるフロントライトは、Koboがだいぶ前から採用しています。目に優しい。

著作権法改正がデジタルアーカイブに与える影響と今後の課題 ~ アーカイブサミット2018-2019第1分科会レポート〈HON.jp News Blog(2019年6月30日)〉

 アーカイブサミット組織委員会は6月11日、千代田区立日比谷図書文化館で「アーカイブサミット2018-2019」を開催した。私が参加した第1分科会「近年の一連の著作権法改正の動きの背景とその本質、これからの影響」で行われた議論を中心に、デジタルアーカイブ整備推進法(仮称)成立へ向けた課題について考察してみたい。 なお、活発な議論を遠慮なく行うためにという配慮で、この分科会ではだれがなにを言ったか? までは表...

 月末コラム。第1分科会だけでも論点が多すぎて、まとめるのに苦労しました。4700字くらいありますので、時間があるときにじっくりお楽しみください。

海外

米アマゾン圧倒的優勢の陰で増える偽本問題〈HON.jp News Blog(2019年6月25日)〉

 ニューヨーク・タイムズが6月23日付けで、アマゾンが書籍の市場で完全有利になってどうなったか? という長い記事を載せている。 この記事ではアマゾンが紙の本、Eブック、オーディオブックなどのフォーマットを合わせて、アメリカ国内で買われる本の半分以上を取り扱っていること。今日では、アマゾンは出版社であり、セルフ・パブリッシングのプラットフォームであり、書評サイトであり、教科書販売店であり、流通の機能も...

 性善説に基づいたビジネスモデルで、無法地帯になっているそうです。それはもはや、いわゆる「レモン市場」になってしまっているのでは。日本のアマゾンも偽レビューが跋扈していますし、このままだとユーザーが離れていきそうな気がします。少なくとも私はもう、あまりアマゾンで買い物する気がしません。

【更新】ドイツ最大手取次の倒産による余波を懸念する小出版社〈HON.jp News Blog(初報2019年4月5日、2019年6月27日更新)〉

 書籍と他メディアの取次でドイツ国内に7ヶ所の拠点を持つドイツ最大手のKoch, Neff & Volckmar(KNV)が2月に倒産申請し、その影響が懸念されている、と複数のドイツのメディアが伝えている。(2019年6月27日:末尾に更新情報) 1829年創業の老舗で59万タイトルを扱う取次であるKNVは、この数年大規模な設備投資をしており、中でもテューリンゲン州エアフルトの北に1億5000万ユーロをかけて新しいロジスティックセンター...

 引き取り手が見つかったそうです。よかった。

【更新】アメコミ小出版社2社が合併で生き残り対策を模索〈HON.jp News Blog(初報2019年5月13日、2019年6月27日更新)〉

 アメリカではコミックのマーベル・コミックス社とDCコミックスの寡占市場が続くなか、インディペンデントと呼ばれる中小コミック出版社は統合するなどして新しい生き残り策を探っていると、ニューヨーク・タイムズが伝えた。(2019年6月27日:末尾に更新情報) ライオン・フォージとオニ・プレスはアニメや映画など、他のメディアに取り上げられる機会を増やそうと、両社のオリジナルキャラクターを強化できるとしている。他...

 合併、リストラの過程で、解雇された従業員にマイノリティが含まれていたことから批判が高まっているとのことです。

アメリカとイギリスの2018年出版社純収益は微減〈HON.jp News Blog(2019年6月27日)〉

 全米出版社協会(Association of American Publishers、以下AAP)が、2018年の統計結果を発表した。この年次レポートによると、アメリカの書籍出版産業は2018年に27億1000万部、258億2000万ドルの純収益があった。 一般書(フィクション、ノンフィクション、宗教関係を含む)は1.5%増の161億9000万ドルと増えたが、教育書、専門書、大学出版はそれぞれ微減。全体では2017年の262億3000万ドルから微減となり、このトレンドは...

 アメリカとイギリスの出版統計。どちらもオーディオブックが強いです。

スペイン人著者による反ユダヤ的記述のある本がイギリスで増刷中止に〈HON.jp News Blog(2019年6月27日)〉

 イギリスで反ユダヤ主義的内容だと指摘された、ペドロ・バーニョス著『HOW THEY RULE THE WORLD: The 22 Secret Strategies of Global Power』(彼らはどうやって世界を牛耳るのか:グローバルパワーの22の秘密)の増刷が取りやめになった。 版元はペンギン・ランダムハウス傘下のイーブリーで、4月半ばに刊行された。社外調査団体に「出版に適切な内容かどうか、デューディリジェンス(調査責任)をもっと行うべきだった」...

 本の内容に瑕疵があったとき出版社がどう対処するか? シリーズと命名。英語翻訳権もスペインの出版社に差し戻される予定とのことです。

定期購読サービスのスクリブドにノンフィクション本のお試し機能〈HON.jp News Blog(2019年6月27日)〉

 英語圏を中心に成長中のオーディオブックだが、Eブックから公文書まで広く電子版を集めた定期購読サービスのスクリブド(Scribd)が、ノンフィクションの本の中身を15分で紹介する独自コンテンツを「スナップショッツ」(SnapShots)として発表した。音声とテキストの両方が用意されている。(2019年7月1日:末尾に更新情報) Good e-Readerによると「スナップショッツ」は、読者が全文を読みたいかどうか判断するための「映...

 音声とテキストの両方が用意されています。日本で言えば本の要約サイト「flier」のコンテンツをさらにオーディオブック化して配信するようなイメージでしょうか。しかもそれが「お試し用」として無料だという。

メルマガについて

 本稿は、HON.jpメールマガジンに掲載された内容を、1週間遅れで掲載しております。最新情報を入手したい場合は、ぜひメルマガに登録してください。無料です。

CC BY-NC-SA 4.0
CC BY-NC-SA 4.0

※本稿はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際(CC BY-NC-SA 4.0)ライセンスのもとに提供されています。

広告

著者について

About 鷹野凌 674 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /