スペイン人著者による反ユダヤ的記述のある本がイギリスで増刷中止に

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 イギリスで反ユダヤ主義的内容だと指摘された、ペドロ・バーニョス著『HOW THEY RULE THE WORLD: The 22 Secret Strategies of Global Power』(彼らはどうやって世界を牛耳るのか:グローバルパワーの22の秘密)の増刷が取りやめになった。

 版元はペンギン・ランダムハウス傘下のイーブリーで、4月半ばに刊行された。社外調査団体に「出版に適切な内容かどうか、デューディリジェンス(調査責任)をもっと行うべきだった」と判断されたと、ジューイッシュ・クロニクル紙が伝えている。

 きっかけは、イギリス人著者ジェレミー・ダンスが、スペイン語の原著に出てくるロスチャイルド家の部分や、タコの触手をあしらった表紙に問題があると指摘したことだ。社内での調査では反ユダヤ主義的ではないとされたが、社外のユダヤ人団体などによる調査で、イギリス版で削除されたものの、原書のスペイン語版に反ユダヤ人的理論が展開されている部分があるとされた。

 この調査結果を受けて、英ペンギン・ランダムハウスでは増刷せず、英語翻訳権をスペインの出版社に差し戻すとしている。「本そのものは反ユダヤ人的ではないにしても、問題のある部分もあるというこの調査結果を重く受け止め、これからはしっかりデューディリジェンスを行う」とコメントを発表した。

参考リンク

ジューイッシュ・クロニクル紙の記事
https://www.thejc.com/news/uk-news/penguin-random-house-ceases-publishing-rothschild-conspiracy-book-by-spanish-author-pedro-ba%C3%B1os-1.485824

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About 大原ケイ 180 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

コメントする

avatar
400
タグ: /

関連記事