ファミリーマートで対象雑誌・書籍を購入すると電子版が無料で読めるBookLive「Airbook」提供開始 ~ TSUTAYA以外では初

BookLive Airbook
BookLive Airbook
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社BookLiveは6月25日、対象雑誌や書籍の紙版を購入すると電子版を無料で読めるサービス「Airbook」を、ファミリーマート全店舗(書籍取り扱いのない一部店舗を除く)に提供開始したことを発表した。AirbookがTSUTAYA以外へ展開されるのはこれが初めて。

 Airbookは、対象店舗でTカードを提示し、対象の雑誌や書籍を購入すると、その電子版が自動的に電子書店「BookLive!」の本棚へダウンロードされるサービス。初回利用時には、Yahoo! JAPAN ID(Tカード番号登録)とBookLive!への会員登録および連携が必要となる。株式会社TSUTAYAとの戦略的業務提携により、2014年12月からサービスを開始。全国のTSUTAYA約680店舗以上で展開され、対象タイトルは2019年6月時点で560点以上にまで拡大している。

 主な対象雑誌は、「レタスクラブ」(KADOKAWA)、「オレンジページ」(オレンジページ)、「オズマガジン」(スターツ出版)、「PRESIDENT」「dancyu」(プレジデント社)、「サンキュ!」(ベネッセコーポレーション)、「Tarzan」「BRUTUS」「anan」「Casa BRUTUS」「&Premium」(マガジンハウス)、「GetNavi」「CAPA」「ドゥーパ!」「ムー」(学研)、「LEE」「Marisol」「BAILA」「non-no」「MAQUIA」「MORE」「Seventeen」「SPUR」「UOMO」(集英社)、「美的」「BE-PAL」「DIME」「Oggi」「サライ」(小学館)、「Numero TOKYO」(扶桑社)など。ほかにもベリーズ文庫、メテオCOMICS、ポラリスCOMICSなど、書籍やコミックも対象になっている。TSUTAYAとファミリーマートでは対象が一部異なっているが、サービスサイトで確認できる。

参考リンク

Airbookサービスサイト
https://booklive.jp/landing/page/airbook

noteで書く

広告

About 鷹野凌 313 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / / /

関連コンテンツ