「デジタル広告規制と品質向上は誰のため?」「収益化を急ぐTwitter社の試行錯誤」など、週刊出版ニュースまとめ&コラム #546(2022年11月6日~12日)

magnif マグニフ

《この記事は約 22 分で読めます》

 2022年11月6日~12日は「デジタル広告規制と品質向上は誰のため?」「収益化を急ぐTwitter社の試行錯誤」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。

【目次】

政治

インボイス導入、もう一つの変革 請求デジタル化進むか〈日本経済新聞(2022年11月6日)〉

消費税額を正確に計算するための適格請求書等保存方式(インボイス)制度が2023年10月に始まるまで1年を切った。公正な徴税に必要な制度だが、手作業では請求書に税率ごとの税額を記載するといった事務負担が重い。財務省やデジタル庁は民間と連携し、デジタル化を後押しする準備を進めてきた。インボイス導入をきっかけに、請求作業全体のデジタル移行という「もう一つの変革」は進むか。インボイス制度を導入するのは

 インボイス制度と同時に始まる予定の電子帳簿保存法の話。この記事では「デジタル化の推進は事務負担を軽減する効果が期待」と前向きな改革に捉えていますが、実はけっこう面倒な話だったりします。とくに事務処理が苦手な個人事業主にとっては、ほんとうにヤバイ。

 従来は、確定申告に合わせて年に1回まとめて処理すればよかったのが、電子帳簿保存法では「おおむね7営業日」以内にタイムスタンプを付与しなければならないので、随時処理していく業務フローに変えなければならないのです。「訂正削除の防止に関する事務処理規程」を備え付けすれば2カ月延びるとはいえ、少なくとも毎月の処理は必須になります。

 まとめてやるより随時処理したほうが、恐らくトータルではラクなんでしょうけどね。ただ、同時に始まるインボイス制度の事務処理コストぶんは増加するのが確実です。辛い。そして、免税事業者か否かに関わらず、キャッシュアウトは確実に増えます。事実上の増税なので。辛い。いやあ……知れば知るほど本気でヤバイですよこれは。

【詳報】ICタグ、キャッシュレス決済への補助・支援など 「街の本屋さんを元気にして、日本の文化を守る議員連盟」に要望 ※有料会員限定〈文化通信デジタル(2022年11月7日)〉

 自由民主党議員による「全国の書店経営者を支える議員連盟」は11月2日、東京・千代田区の憲政記念館代替施設で総会を開き、議連名を新たに「街の本屋さんを元気にして、日本の文化を守る議員連盟」に変更した。…続き

 自由民主党議員の「全国の書店経営者を支える議員連盟」が「街の本屋さんを元気にして、日本の文化を守る議員連盟」に変更する総会の詳報です。個人的に気になったのは、また図書館が攻撃対象の一つになっていること。有料会員限定記事なので、ポイントだけ引用しておきます。

 議連で検討する主要テーマは「①深刻化する不公正な競争環境」「②公共図書館問題」「③書店負担経費の増加」「④万引リスクの拡大」の4つ。具体的には、➀は対ネット書店、②は複本問題など、③はキャッシュレス決済手数料負担増など、④は防犯カメラや警備会社との契約などが挙げられています。

 出版文化産業振興財団(JPIC)の要望は「①書店産業振興のための経済対策」「②再販制度を基盤とした公正な競争環境の整備」「③書店と図書館共存・共栄のための環境整備」「④出版物への消費税軽減税率適用」の4つ。具体的には、➀は補助金や助成金、②は送料無料禁止や入札値引き禁止のルール化、③は新刊貸出不可期間のルール化や地元書店からの優先購入、④は諸外国との比較が挙げられています。

 リアル書店が苦境に陥っている状況はわかりますし、フランスの文化振興政策などと比較すると日本政府の腰の重さは頭を抱えたくなります。ただ、図書館が不便になると本のつくり手が困る(=品質低下の原因になる)ことは、念頭に置いて対策して欲しいと思います。

社会

※デジタル出版論の連載はお休みしました。

凸版印刷、古文書解読アプリ 古墳~江戸時代まで対応〈日本経済新聞(2022年11月8日)〉

凸版印刷は古文書を解読できるアプリを一般向けに提供する。スマートフォンで撮影した古文書を即座に解読できる。2023年1月にベータ版を投入し、同年3月に販売する。古文書解読と仮想空間「メタバース」などを組み合わせたサービスの展開も見据え、25年度までに関連事業を含め約3億円の売り上げを目指す。アプリでは、古文書に書かれた「くずし字」を解読できる。木版による印刷物に加えて手書きの古文書にも対応して

 「技術」でも良かったんですが、古典の話ということで「社会」に分類。従来は「江戸時代」とか「明治期から昭和初期」と言っていたはずですが、いきなり「古墳時代」まで期間が拡大していてびっくり。凸版印刷「ふみのは」のプレスリリースには「江戸時代」としか書かれていないので、日経産業新聞による取材時にそういう話が出たのでしょうか。ちなみに御家流(江戸時代初期に生まれた茶道の流派)で書かれた古文書なら精度90%とのことです。

スマートフォンで撮影したくずし字資料を、その場で手軽に解読できるアプリケーションを開発。資料館・大学等と連携し実証実験を開始、2023年3月に正式リリース予定

 同じようなタイミングで、明治期から昭和初期の手書き文字に対応したAI-OCRの実証実験を実施し、2023年4月よりサービス開始予定というリリースも出ていたので合わせて紹介しておきます。書き手によるくずし方の違い、筆記用具の多様化、カタカナ語の混在、旧字旧仮名遣い表記などにも対応していくそうです。そのうち、石原慎太郎氏のような人間でも判読の難しいくせ字が、自動判読できるようになるかも?

くずし字を含む、多様な筆跡の手書き文字に対応するAI-OCRの開発に成功。大学や研究機関との実証実験を実施し、2023年4月よりサービス開始予定

 また、こちらも同じようなタイミングで、中国でも古典のデジタル化プラットフォームの発表がありました。なんと「TikTok」のバイトダンスと北京大学の共同開発。バイトダンスって、動画系以外もやってるんですね。改めて調べてみたら、ニュースとか小説・マンガなどの事業も展開していて、驚きました。

中国発の動画投稿アプリ「TikTok」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)は2022年10月12日、北京大学と共同で研究開発された古典書籍のデジタル化プラットフォーム「識典古籍」のテスト版を公開したと発表した。現在、同プラットフォームは、390冊におよぶ古典書籍、掲載文字数にして合計3000万字を無料で一般公開中。今後3年間で、AI(人工知能)によるテキストデータの抽出・整理によって、1万冊の書籍の「デジタル化」...

経済

縦読み漫画は本当に“新しい漫画”なのか? WEBTOONの歴史と本質を伝説の編集者・鳥嶋和彦たちと紐解く ― 韓国の経済危機が誕生のきっかけとなり、「待てば無料」の確立が歴史を変えた【イ・ヒョンソク氏インタビュー】〈電ファミニコゲーマー(2022年11月7日)〉

 電ファミニコゲーマーによる、鳥嶋和彦さんとマンガ編集者との対談企画。今回は「WEBTOONのことを熟知している人物」ということで、イ・ヒョンソクさんに白羽の矢が立てられました。スクウェア・エニックスから「comico」などを経て、日本でもヒットした『俺だけレベルアップな件』の制作にも関わっている方です。以前、飯田一史さんによるイ・ヒョンソクさんへのインタビュー記事がありましたが、マンガ編集者かつ経営者でもあった鳥嶋さんの切り込み方も鋭い。超長いですが、実に面白いです。

マンガアプリ「ピッコマ」でNo.1ヒットとなり2020年には月額1億円以上売り上げた『俺だけレベルアップな件』などのウェブトゥーンを制作するREDICEという会社がある。同社の日本支社レッドセブンの社長を務め、『盗掘王』や『全知的な読者の視点から』といったやはり人気のウェブトゥーンを制作するエル・セブン創業者でもあるイ・ヒョンソク氏に話を聞いた。

 デジタル編集論でも「縦スクロールマンガ」について触れていますが、韓国では当初「Daum」や「NAVER」といった検索ポータルサイトへ集客するための「広告」モデルとして機能していた、という観点が欠けていました。そのためコストがかけられず、「待てば無料」の販売モデルが確立するまで編集者不在だった、というのは興味深い背景です。

マンガにも「デジタル巻物」の潮流 第2章第1節で、ページ数がカウントできないリフロー形式のデジタル出版物は「デジタル巻物」のようなものだと説明しました。同じように、最近はマンガでもページ概念のない表現手法が広がりつつあります。韓国生まれの縦スクロールマンガです。  一般的には「web」と「cartoon」の合成語である「ウェブトゥーン(webtoon)」[37]と呼ばれることが多いのですが、NAVER WEBTOON Ltd.が2014...

電子漫画サービス「ピッコマ」営業利益が過去最大 日本アプリ市場で売上1位〈KAI-YOU.net(2022年11月8日)〉

電子漫画・ノベルサービス「ピッコマ」が、2022年9月の日本におけるアプリ市場(App Store、Google Play)の合計売上1位を達成した。ゲームカテゴリを含む合計売上トップになっており、2022年では5月、6月、7月に続く4度目の達成となった。堅実な成長で営業利益は過...

 売上1位、営業利益過去最高、素晴らしいことです。ただ、これは何度でも言いますが、売上1位というのは「data.ai」による調査なので、AppStoreとGoogle Playだけが対象。つまり、あくまで「Apple決済とGoogle決済における売上1位」であることに注意が必要です。Amazonや楽天みたいにApple決済・Google決済を使っていないサービスはこのランキングに入りません。

 逆に、Apple決済とGoogle決済による手数料をがっつり払っているわけですから、収益率を下げる原因になっているはず……と思い改めて調べてみたら、ピッコマ公式サイトで第11期(2021年12月期)決算公告が公開されていることに気づきました。貸借対照表の下部に「※当期純利益 4,841,200千円」という記述が。売上高は不明。なるほど。

電子公告 株式会社カカオピッコマのコーポレートサイトです。会社情報、サービス紹介、お知らせ、採用情報、お問い合わせ、プライバシーポリシーなどを掲載しています。

 なお、カカオピッコマのプレスリリースには、親会社カカオが「ピッコマは日本のマンガアプリ市場において50%以上のシェアを維持している」と業績発表の中でコメントしていることが記されています。その「50%以上のシェア」はなにを根拠としているのか。「シェア」って市場占有率ですから、通常、売上の割合のことを指します。つまり「ピッコマの売上は日本のマンガアプリ市場額の半分以上を占めている」と言っちゃってるわけですが、本気?

株式会社カカオピッコマのプレスリリース(2022年11月8日 10時00分) 11/4発表 電子マンガ・ノベルサービス9月に、ゲームカテゴリを含む日本アプリ市場の合計売上トップへ

「アフター・コロナのデジタル広告」⑳ 世界初の規制は日本市場の信頼回復につながるか 曲がり角に立つデジタル広告〈文化通信デジタル(2022年11月8日)〉※有料会員限定

 世界経済の減速傾向が強まるなか、米国IT大手企業GAFAM(Googleのアルファベット、Apple、Facebookのメタ、Amazon、Microsoft)の2022年7~9月期決算は、Appl…続き

 この経産省によるデジタル広告規制の対象は、Google、Meta、Yahooの3社だけ。ぶっちゃけて言えば「大手だけあってかなりマシなほう」なので、日本市場の信頼回復につながるかどうかは……。後半で言及されている「デジタル広告独自の課題」はいずれも、広告主(アドバタイザー)=お金の出し主の顔色を伺うことしか考えていない指標であることは改めて指摘しておきたいです。

 デジタルメディア品質の三大指標とは、「ブランドリスク」「アドフラウド」「ビューアビリティ」のことです。「ブランドリスク」は、広告がおかしな場所へ表示されたら広告主のブランド価値を損なうこと。「アドフラウド」は、ボットなどでインプレッションやクリック数が故意に水増しされること。「ビューアビリティ」は、ユーザーの見られる場所へ広告が表示されているかどうか。はい、見事にいずれも広告主にとっての「広告品質」です。

 これ、広告品質認証機構「JICDAQ」が設立された際などにも指摘していますが(#451#526)、実際に広告を見るのは「ユーザー」です。まずユーザーのことを考えるべきなのでは。ユーザーを置き去りにしたままで、なにが広告品質ですか? と言いたい。なお、これは後述するTwitterとも関連する話です。

 2020年11月29日~12月5日は「鬼滅最終巻発売の熱狂と悪用の権利侵害」「グーグルが日本でも記事に対価支払へ」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります。国内雑誌社が運営するウェブメディアの最新指標が公開、3.2億PVの「文春オンライン」など7媒体が1億PV超え…ABC協会〈Media Innovation(2020年11月29日)〉https://media-...
 2022年6月12日~18日は「侮辱罪厳罰化の改正法成立」「大規模事業者取得利用者情報適正取扱いの義務化」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。政治侮辱罪厳罰化、改正法が成立 ネット中傷対策で懲役導入〈共同通信(2022年6月13日)〉https://nordot.app/908810141330636800?c=491375730748638305 何...

イーロン・マスク氏はなぜTwitterの収益化を急ぐのか(集中連載「揺れるTwitterの動きを理解する」第1回)〈テクノエッジ TechnoEdge(2022年11月10日)〉

海外のSNS動向に詳しい堀正岳さんに、イーロン・マスクによる買収以降のTwitter騒動についてまとめてもらいます。全3回の予定。

なりすまし防止か有名
の証か。Twitterの認証バッジをめぐる経緯と混乱(集中連載「揺れるTwitterの動きを理解する」第2回)〈テクノエッジ TechnoEdge(2022年11月11日)〉

 堀正岳さんによる短期集中連載。イーロン・マスク氏がTwitterの改革を矢継ぎ早に進めていることは前回の本欄でも触れましたが(#545)、起きている事象単独ではなく、なぜ急ぐのか? なぜ朝令暮改なのか? という理由について、背景から解説されています。LBO(Leveraged Buyout)っていう資金調達スキーム、知りませんでした。勉強になる。第3回は本稿執筆時点でまだ公開されていませんが、揺れすぎていて書くの大変だろうなあ……。

 2022年10月30日~11月5日は「Kindle Vella開始1年強で1000万ドル分配」「イーロン・マスク氏に買収されたTwitter社の今後」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。政治米連邦地裁、出版大手2社の合併計画に差し止め命令〈ロイター(2022年11月1日)〉https://jp.reuters.com/article/simon-schuster-m-a...

ツイッター、「認証バッジ」の有料提供を停止 なりすましの急増受け〈朝日新聞デジタル(2022年11月12日)〉

 米ツイッターが、アカウントが利用者本人のものと示す「認証済みバッジ」の有料提供を停止したことが11日、明らかになった。認証バッジの有料提供は最近始めたばかりだが、なりすましアカウントの急増が報告され…

 はい、有料提供を始めたと思ったらすぐに停止。揺れすぎです。いまは細かなトライアンドエラーを重ねてるようなので、今日見えている表示が明日もそのままとは限らない状態です。ユーザーも混乱するし、広告主や代理店も戦略が立てづらくて困ってるのではないでしょうか。

 本稿執筆時点で私がとくに気になっているのは、投稿に表示される「公式」という文字の新たなラベル。目撃した範囲ではほぼ「認証マーク付きアカウント」の、「プロモーション」投稿にだけ表示されています。「認証マークのないアカウント」の「プロモーション」投稿に「公式」ラベルが付いている事例はいまのところ見つけられませんが、「認証マーク付きアカウント」の「プロモーション」投稿なのに「公式」ラベルが無いケースもあり、表示に一貫性がない状態になっています。カオスだ……。

 Twitterの「プロモーション」表示は投稿の下端に表示される(リツイートやいいねボタンなどの列のさらに下)ので、ユーザーはある程度スクロールして初めて広告だと気づく仕様になっています。私もときどきありますが、「プロモーション」表示が隠れていて気づかずクリック/タップしてしまうユーザーも多いのでは。この「プロモーション」の位置には、なるべく広告だと気づかせたくないプラットフォーム側の思惑が透けて見えます。そして「ユーザーがよく使う機能のすぐ近くに配置した」という言い訳をするであろうことも予想できます。そういうところが「ユーザーを置き去りにしたまま」なのだと言いたい。

 ところが、今回新たに出てきた「公式」ラベルは、上に表示されています。ユーザー名のすぐ下です。つまり「これは広告投稿である」と、ユーザーがすぐに判断できます。これ、ヘタをすると「公式」ラベルがないほうが効果がある(クリックされる)状態になっているのでは。なんなんだこのチグハグさは。「公式」ラベルは信頼性が高いアカウントであることをユーザーにアピールする差別化なのですから、やるなら「公式」ラベルと同じ高さへ「プロモーション」表示を上げるべきでしょう。

媒体社でありプラットフォーマーであるヤフーが考える広告健全化・・・規制を超える情報開示がカギ〈Media Innovation(2022年11月11日)〉

 ……なんてことを考えていたところに、このヤフーへのインタビュー記事。真っ先に「媒体社としてユーザーの方々に対してはもちろん」とか「ユーザーに嫌厭されるような広告を出せば数年後にユーザーが離れてしまう可能性もあり」など、まず対ユーザーから考えている姿勢が見えるのが実に良い。ヤフーのことを少し見直しました。相対的に。仮にポーズだとしても、真っ先にユーザーを挙げるのは正しい姿勢。

 前述の広告品質がどうのこうのって話は、ユーザーを大切にする姿勢がぜんぜん見えないのですよね。媒体社や代理店に対価を払うのは広告主だけど、広告主に対価を払うのはユーザーなんですから。ユーザーを騙したり、ユーザーに嫌な思いをさせたりするような広告は、回り回って自分たちの首を絞めることになります。だからユーザーファーストなんですよ!

出版社の書籍制作作業を効率化する「DNP出版コンテンツ編集・管理システム」、大日本印刷が開発〈INTERNET Watch(2022年11月11日)〉

 大日本印刷株式会社(DNP)は、出版社のコンテンツをオンラインで編集・管理する「DNP出版コンテンツ編集・管理システム」を開発したと発表した。11月中の提供を予定しているという。

 大日本印刷が集英社と組んで展開している「MDAM」は雑誌制作のDXですが、こちらは書籍制作のDX。InDesignへの原稿流し込みや、文字修正・ルビ入力といったテキスト編集、校正作業でのゲラ(PDF)への赤入れなどを、すべてウェブブラウザ上で利用できるようにしているとのこと。問題はお値段。プレスリリースには「定額制のクラウドサービス利用料として、導入しやすいプランにてご提供いたします」とありますが、それが「中小零細企業にとって」導入しやすいプランなのかどうか。

大日本印刷株式会社(DNP)は、出版社のコンテンツをオンラインで編集・管理し、書籍制作の業務フローの効率化を支援する「DNP出版コンテンツ編集・管理システム」を開発し、2022年11月に提供を開始します。既存のサービスと連動させて、コンテンツの編集・制作から管理・製造・配信までの「出版DX」を実現するとともに、出版業界における働き方改革を支援します。

 他にも気になったのが、「電子書籍制作」については触れられていない点。要するに、リフローEPUB出力までカバーしているのかどうか。プレスリリースを読んですぐ大日本印刷に問い合わせましたが、残念ながら本稿執筆時点までに回答は得られていません。これによって、InDesignから電書協ガイドに準拠したEPUBが書き出せるなら良いんですけどね。

技術

SNS有害投稿、AIと人で対応 Googleやヤフー規制強化〈日本経済新聞(2022年11月10日)〉

SNS(交流サイト)各社が誹謗(ひぼう)中傷や過激な投稿への対応を強めている。ヤフーはニュースのコメントに電話番号登録を義務付け、米グーグルは動画投稿の「ユーチューブ」で年内に暴力を助長する投稿への対応を厳しくする。各社は人と人工知能(AI)を組み合わせ監視するが、社員削減に踏み切る企業もあり、有害投稿の排除は容易ではない。「コンテンツモデレーション(投稿の管理)への姿勢は変わっていない」。米

 いわゆる「コンテンツモデレーション」の問題で、実にタイムリーな話題。不特定多数が投稿するウェブサービスは、アメリカの通信品位法230条では「プラットフォーマー」として区別され、有害コンテンツの削除など誠意ある行動を取ることを条件に免責されています。それに対し、新聞や雑誌のような企業(や人)は「パブリッシャー」として扱われ、自らの発信した情報に責任を負います。日本でこの役割を果たしている法律が、プロバイダ責任制限法です。

 しかし、ドナルド・トランプ氏が大統領選挙に勝利した際などに噴出した「フェイクニュース」問題などにより、プラットフォーマーにはその「誠意ある行動」が強く求められるようになっています。つまり、コンテンツモデレーションのための仕組みや人を維持するコストが、プラットフォーマーに重くのしかかっている状態なのでしょう。

 だから巨大IT企業は、なるべくアルゴリズムで自動的に処理するため、優秀なエンジニアを雇っていると言っても過言ではありません。そもそもGoogle検索が強いのは、ユーザーが求めている結果を素早く上位に表示する技術、裏を返せばスパムを排除する技術に優れていたから。Google検索が最近はダメになったと言われることもありますが、それだけアルゴリズムの裏をかくようなスパムが急増していることを意味しているように思います。ずっとスパムと戦い続けているわけですよね。

 ところが、TwitterやFacebookは大規模リストラを始めちゃったわけで……。アメリカではいま通信品位法230条を改正し、利用者投稿の管理責任をプラットフォーマーに負わせるかどうかという議論が進んでいます。今回のTwitterの動きは、規制強化への後押しになってしまうかも? 自主的にやれないなら、法律で縛るしかないわけです。

お知らせ

イベント

 11月28日開催の日本出版学会出版デジタル研究部会(HON.jp共催)は『パブリッシング・スタディーズ』第4章「書籍」第3節「デジタル化と今後の展開」の執筆を担当した林智彦会員(有斐閣)にご報告いただきます。

【概要】2022年4月に刊行された日本出版学会(編)『パブリッシング・スタディーズ』は、出版史から制度、産業、書籍・雑誌・マンガ、デジタルコンテンツ、書店・読者までを概説する。「... powered by Peatix : More than a ticket.

HON.jp「Readers」について

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...

日刊出版ニュースまとめ

 伝統的な取次&書店流通の商業出版からインターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連する最新ニュースをメディアを問わずキュレーション。TwitterやFacebookページは随時配信、このコーナーでは1日1回ヘッドラインをお届けします。

新着記事日刊まとめ週刊まとめ特集一覧デジタル出版論鷹野凌の publishing is wonderful大原ケイのアメリカ出版業界解説馬場公彦の中文圏出版事情解説コラムインタビューイベントレポートお知らせNotificationメディア概要メルマガ広告掲載のご案内賛助会員のご案内情報提供のお願いYouTubeチャンネルユーザー登録利用規約個人情報保護方針ログイン運営団体入会案内寄付で支援問い合わせ新着記事日刊まとめ週刊まとめ特集一覧デ...

メルマガについて

 本稿は、HON.jpメールマガジン(ISSN 2436-8245)に掲載されている内容を同時に配信しています。最新情報をプッシュ型で入手したい場合は、ぜひメルマガを購読してください。無料です。なお、本稿タイトルのナンバーは鷹野凌個人ブログ時代からの通算、メルマガのナンバーはHON.jpでの発行数です。

雑記

 11月9日は皆既月蝕でした。好天にも恵まれ、食われた赤い月が実に見事に観測できました。空を長い時間見上げるのは、なんだか久しぶりだった気がします。小さいころはこういう天文ショー、大好物だったんですが(鷹野)

CC BY-NC-SA 4.0
CC BY-NC-SA 4.0

※本稿はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際(CC BY-NC-SA 4.0)ライセンスのもとに提供されています。営利目的で利用される場合はご一報ください。

広告

著者について

About 鷹野凌 706 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学デジタル編集論非常勤講師 / 二松學舍大学エディティング・リテラシー演習非常勤講師 / 日本出版学会理事 / デジタルアーカイブ学会会員 / 著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)など。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る