日刊出版ニュースまとめ 2022.09.29

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 8 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

「紙・電子に3Dプリンターも」生徒が最適なツール考えて使う図書館の真の狙い〈東洋経済education×ICT(2022年9月28日)〉

スマートフォンの普及やネットワークの大容量化は、大人だけでなく子どもの情報環境をも大きく変えた。文部科学省では2018年に第四次「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」で子どもの読書活動を推進しているが、SNSや動画など情報源の多様化で、長い文章や文字自体に触れる機会が減っているという見方もある。さらにコロナ禍では多くの図書館が閉館を余儀なくされた。これにより、いながらにして読める電子書籍への注目...

Google Payで「PASMO」利用可能に〈ケータイ Watch(2022年9月28日)〉

 グーグルは、スマートフォン向け支払いサービス「Google Pay」で、新たにPASMOが利用できるようになったと発表した。

JFCについて〈日本ファクトチェックセンター(JFC)(2022年9月27日)〉

日本ファクトチェックセンター(JFC)は、ファクトチェック(事実の検証)を専門とする組織です。 非営利で運営され、インターネット上の不確かな情報を中心に、証拠に基づいて真偽を確かめるとともに、デジタル時代のメディア・リテラシーについて発信・普及活動に取り組むなど、民主主義の基盤となるインターネット上の言論空間の健全性を維持、向上させることを目的として活動します。 この記事では、JFCの体制や規約を紹...

LINE株式会社が吸収分割する株式会社ライブドアの子会社化に関するお知らせ〈株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(2022年9月28日)〉

「だれでも著者、だれもが審査員」 PUBFUN、個人出版大賞『ネクパブPODアワード2023』を今年も開催決定!〈株式会社インプレスホールディングスのプレスリリース(2022年9月28日)〉

株式会社インプレスホールディングスのプレスリリース(2022年9月28日 11時00分) PUBFUN、個人出版大賞『ネクパブPODアワード2023』を今年も開催決定!

【賞金総額700万円】受賞作は書籍化・コミカライズ・映像化!日本最大のWeb小説コンテストが「カクヨム」にて開催決定!〈株式会社KADOKAWAのプレスリリース(2022年9月28日)〉

株式会社KADOKAWAのプレスリリース(2022年9月28日 12時20分) 賞金総額700万円 受賞作は書籍化・コミカライズ・映像化!日本最大のWeb小説コンテストがにて開催決定!

「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査〈マナミナ(2022年9月27日)〉

マンガアプリ業界が好調です。2020年9月から2年間のアプリユーザー数を見ると、新型コロナによる巣ごもり需要の影響もあってか、その伸びは顕著です。今回は、拡大するマンガアプリ業界を牽引する、電子書店型サービス「LINEマンガ」「ピッコマ」、および、出版社が提供する「少年ジャンプ+(集英社)」「マガポケ(講談社)」「マンガワン(小学館)」について調査します。また、今年に入って好調の「ヤングジャンプ+」につ...

『ONE PIECE』の売上構成を大解剖、過去最大の「メディアミックス成功例」と言える理由〈ビジネス+IT(2022年9月27日)〉

1997年、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がはじまった大人気作品『ONE PIECE』。連載開始から現在までの期間、ジャンプでは『Hunter×Hunter』『NARUTO』『暗殺教室』『僕のヒーローアカデミア』『鬼滅の刃』など数々の人気作が誕生したが、その中でも常に人気トップを維持してきた。なぜ、これほど読者を惹きつけることができるのだろうか。今回は、ジャンプ史を振り返りながら『ONE PIECE』の凄さを分析しつつ、『ONE PI...

『カノジョも彼女』作者、「書店特典のイラストは基本的に原稿料が出ない問題」解決に向けた実験が話題に〈ねとらぼ(2022年9月26日)〉

CA2027 – 動向レビュー:日本国内でのレファレンスツールの電子化動向 / 伊藤民雄〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年9月20日)〉

世界

Storytel launches service in France and forges partnership with major publishers〈Good e-Reader(2022年9月27日)〉

Storytel announced it has entered into a partnership with leading French publishers such as Hachette Livre, Madrigall, Editis and Actes Sud, the company revealed in a press release. This will allow Storytel to have a better presence in the audiobook segment besides tapping into the French-language audiobook market as well. As it is, Storytel happens to be one of the largest e-book and audiobook...

TikTokで本を楽しむ「#BookTok」が770億再生、大手出版社ペンギンランダムハウスとも提携〈Media Innovation(2022年9月27日)〉

E Inkとシャープ、電子ペーパー分野で協業〈PC Watch(2022年9月27日)〉

 E Ink Holdings(E Ink)とシャープディスプレイテクノロジー株式会社(SDTC)は、電子ペーパー向け酸化物バックプレーンにおける協業を発表した。

イベント

国立大学図書館協会シンポジウム「大学図書館はどこへ向かう? : 変えるべきこと、継承していくこと」〈国立大学図書館協会(オンライン)/9月28日〉

Arts and Law 定例イベント#016 そのクレーム「エセ著作権」かも!?著作権トラブルを跳ね除ける術を学ぶ!〈Arts and Law(オンライン)/9月29日〉

今年の3月、Arts and Lawでは、「Arts and Law #015 マンガ・イラスト創作で知っておきたい法的知識 トレパクって何がダメなの?」と題したウェビナーを開催い... powered by Peatix : More than a ticket.

第22期 文化審議会 著作権分科会 法制度小委員会(第5回)〈文化庁(オンライン)/9月30日〉

次世代出版サービスに対するWoTのインパクト〈W3C Web of Things Japanese Community Group(オンライン)/9月30日〉

## 概要 ### Web技術の出版産業への応用 インターネットの開発から50年、そしてインターネット上で構築されたアプリケーション体系であるWebの開発から30年が経過したが、時代とともにWebで扱うコンテンツは多様化し、マルチメディア対応かつインタラクティブなコンテンツの需要が飛躍的に増加した結果,Webコンテンツは単なる「Webページ」から「Webアプリケーション」へと変遷を遂げ、さまざまな産業で利用されています。例...

図書館に向けた図書館等公衆送信サービス説明会〈日本図書館協会(オンライン)/9月30日、10月18日、10月24日〉

電子出版市場急成長の一翼を担う電子書店と電子取次――KADOKAWAグループのデジタル事業戦略〈日本出版学会 出版デジタル研究部会 / HONꓸjp(オンライン)/10月11日〉

KADOKAWAグループのデジタル戦略子会社である株式会社ブックウォーカーは、直営電子書店「BOOK☆WALKER」でグループ内外の出版社作品や同人誌・個人出版作品まで幅広く販売を... powered by Peatix : More than a ticket.

第2回「デジタルアーカイブ憲章をみんなで創る円卓会議」〈デジタルアーカイブ学会(オンライン)/10月11日〉

第2回「デジタルアーカイブ憲章をみんなで創る円卓会議」(2022/10/11) ■開催趣旨 デジタルアーカイブ学会は、現場の羅針盤としての「デジタルアーカイブ憲章」の策定に向けて、2022年8月にシンポジウム「デジタルア … 続きを読む

情報知識学オンラインセミナー「『ジャパンサーチ』を支える情報技術」〈情報知識学会(オンライン)/10月12日〉

 情報知識学オンラインセミナー 「情報と知識」についてさまざまな側面から考え、研究し、議論していく場である情報知識学会で、現在のコロナ禍の中で、地域や距離を超えて、多くの学会員、特に学生会員や若手?..

電流協アワード2022受賞者セミナー「小・中・高等学校向け電子書籍サブスクサービス『Yomokka!』~学校教育における電子書籍の未来を拓く~」〈電流協(オンライン)/10月18日〉

今年の電流協アワードを受賞した、ポプラ社の小中学校児童生徒向け電子書籍サービス、「Yomokka!」のサービス概要とオンラン学習支援サービスの説明とともに、サービス開始後に見えてきた導入の課題や将来展望についてセミナーを実施します。

第3回 国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART 2022)〈アイマート実行委員会(オンライン)/10月21日~23日〉

◆マンガ・アニメーションのボーダレス・カンファレンス「IMART」「国際マンガ・アニメ祭Rwiwa Toshima (IMART)」は “マンガ・アニメーションの未来を... powered by Peatix : More than a ticket.

説明会「有償等オンライン資料(電子書籍・電子雑誌等)の制度収集開始について」〈国立国会図書館(オンライン)/10月26日〉

2022年度図書館学セミナー「図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-」〈日本図書館研究会(オンライン)/11月19日〉

下記により,2022年度図書館学セミナーを開催します。多くの方が参加されることを期待します。                     記テーマ:図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-日 時:2022年11月19日(土) 10:00~17:00会 場:Zoom(ウェビナー)によるオンライン開催(前日までに招待メールをお送りします)参加費:会 員 1,500円    非会員 2,5...

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1337 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る