日刊出版ニュースまとめ 2022.10.28

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 9 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

AI画像をフリー素材サイト「ぱくたそ」が配布 許諾を得た写真をもとに作成〈KAI-YOU.net(2022年10月27日)〉

無料で使用できる写真素材を公開しているWebサービス「ぱくたそ」が、画像生成AIで作成したAI画像素材の配布を10月25日から行っている。AI画像素材は、「ぱくたそ」で公開されている写真素材をもとにAIで作成した画像にレタッチを加えたもの。もとになる写真素材は、...

セーフ? アウト? 著作権や肖像権についてWeb担当者が知っておくべきこと【弁護士が解説】 | 【レポート】デジタルマーケターズサミット2022 Summer〈Web担当者Forum(2022年10月27日)〉

韓国の「NAVER Webtoon」と日本の「LINEマンガ」の致命的な違い(飯田 一史)〈マネー現代 | 講談社(2022年10月27日)〉

本稿では他国の事例を参照にしながら、課題が山積している日本のウェブトゥーン市場の対顧客施策に関する示唆を導いてみたい。(全3回)

国立国会図書館、2021年度(令和3年度)の年報をウェブサイトに掲載〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年10月27日)〉

第2回取引デジタルプラットフォーム官民協議会(2022年10月28日)〈消費者庁(2022年10月27日)〉

有償等オンライン資料(電子書籍・電子雑誌等)の制度収集開始に関する出版社向け説明会の動画を公開しました〈国立国会図書館―National Diet Library(2022年10月27日)〉

導入自治体数が 300 を突破しました ※PDF〈図書館流通センター(2022年10月27日)〉

子供がマンガ読むのは「よいこと」85%、40代以下では9割超…読売世論調査〈読売新聞オンライン(2022年10月26日)〉

【読売新聞】読売新聞社が実施した読書に関する全国世論調査で、子供がマンガを読むことについて、よいことだと「思う」とした人は、「どちらかといえば思う」を合わせて85%に達した。「思わない」「どちらかといえば思わない」は計12%だった

「良い新書の条件」「現代新書に足りないもの」書店店長が本音で語る(青木 肇)〈現代新書|講談社(2022年10月26日)〉

〈講談社の現代新書は棚差しにした後も、しっかり売れていく。だから、奇をてらわず、堅実なままでいってほしい〉現代新書編集部にある書店から寄せられたド直球のメッセージ。その真意を確かめたい、本音を聞きたい、と、当該の書店に現代新書編集人が行ってみた!

本選び「書店で」がトップ42%、1か月に「本を読んだ」横ばい47%…読売世論調査〈読売新聞オンライン(2022年10月26日)〉

【読売新聞】読売新聞社は、27日から始まる「秋の読書推進月間」(11月23日まで)に合わせて全国世論調査(郵送方式)を実施した。どのようなきっかけで読む本を選ぶか(複数回答)を聞いたところ、「書店の店頭で見て」42%がトップ、「ベ

読書推進月間 読売世論調査 質問と回答〈読売新聞オンライン(2022年10月27日)〉

【読売新聞】質問と回答(数字は%)=質問文は一部要約= ◆この調査では、「本」は、電子書籍を含み、マンガや雑誌は除きます。あなたは、この1か月間に、何冊ぐらい本を読みましたか。 ・1冊      18 ・2冊      12 ・3冊

北九州市漫画ミュージアムで「台湾漫画史不思議旅行ー貸本屋さんと漫画の100年ー」展開催決定!〈台北駐日経済文化代表処台湾文化センターのプレスリリース(2022年10月26日)〉

台北駐日経済文化代表処台湾文化センターのプレスリリース(2022年10月26日 18時22分)北九州市漫画ミュージアムで展開催決定!

世界

E2553 – Googleブックスプロジェクトの歴史とその影響<文献紹介>〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年10月27日)〉

E2551 – 学術出版物へのアクセス及びその再利用に関する報告書(EU)〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年10月27日)〉

「報道機関は営利目的でやってる」76%のアメリカ人が回答、ギャラップ調査〈Media Innovation(2022年10月27日)〉

16インチ「iPad」、2023年第4四半期に登場か〈CNET Japan(2022年10月27日)〉

アップルがこれまでで最も大型となる16インチの「iPad」を2023年後半にリリースする計画だと、The Informationが報じた。

米メタ、2期連続で減収 純利益も半減、広告苦戦〈共同通信(2022年10月27日)〉

【ニューヨーク共同】米IT大手メタ(旧フェイスブック)が26日発表した2022年7~9月期決算は売上...

カナダにおけるオンラインニュース法をめぐり、メタがFacebookのニュースフィードをブロックすると脅す〈Media Innovation(2022年10月27日)〉

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ〈Digital Shift Times(2022年10月27日)〉

2022年8月、アメリカで開催されたアートコンテストの公募展デジタルアート部門において、画像生成AI「Midjourney」で生成された作品が1位に選出されるなど、AIの得意領域と対極にあると思われていた人間のクリエイティブな仕事を脅かす出来事が頻発しています。この数ヶ月間で起こった画像生成AIの進化は、Diffusion Modelsと呼ばれる新しい学習モデルをベースに発展しており、今後は画像だけでなく、動画、テキストなどさまざ...

イベント

第22期 文化審議会 著作権分科会 法制度小委員会(第6回)〈文化庁(オンライン)/10月31日〉

(1)民事執行等の手続の見直し(IT化)に伴う著作権制度の対応 (2)簡素で一元的な権利処理方策 (3)損害賠償額の算定方法の見直し (4)その他

フォーラム「#NDL全文使ってみた ~「次世代デジタルライブラリー」&「NDL Ngram Viewer」」〈国立国会図書館(オンライン)/11月1日〉

NDLラボは、次世代の図書館システムの開発に資する要素技術の実証実験を行うためのウェブサイトです。NDLラボでは、国立国会図書館のサーバ環境や国立国会図書館が持つデジタル化資料のデータ・書誌データなどを研究者等に提供し、研究者等はその資源を使ってソフトウェア等の実験をします。

フォーラム「学校はいま、図書館の支援を求めている ~地域資料のデジタル化が拓く図書館の未来~」〈TRC-ADEAC・特定非営利活動法人日本デジタルアーキビスト資格認定機構(オンライン)/11月4日〉

図書館サービスがレファレンス中心へと軸足を移し地域活性化の主役となる今、TRCは図書館総合支援企業として、MARC、物流から受託運営まで、トータルで図書館サービスをご提案します。

J-STAGEセミナー「学術出版の変革:研究データおよびオープンリサーチにおけるその役割」〈科学技術振興機構・STM国際出版社協会(オンライン)/11月8日〉

J-STAGEが主催するセミナー等の開催情報をお知らせしています。

上野千鶴子 講演会「ホモソーシャルな出版業界 ―その悪しき体質、変えられますか?―」〈出版女性人の会(オンライン)/11月16日〉

昨年、開催いたしました「出版女性人の会 オンライン講演会2021」は、多くの皆さまにご参加いただくことができました。皆さまのご協力とお力添えに、幹事一同、深謝いたしております。開催... powered by Peatix : More than a ticket.

2022年度図書館学セミナー「図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-」〈日本図書館研究会(オンライン)/11月19日〉

下記により,2022年度図書館学セミナーを開催します。多くの方が参加されることを期待します。                     記テーマ:図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-日 時:2022年11月19日(土) 10:00~17:00会 場:Zoom(ウェビナー)によるオンライン開催(前日までに招待メールをお送りします)参加費:会 員 1,500円    非会員 2,5...

本の学校2022 ブレストミーティング「出版社(者)のこれからを考える」「今、書店を開くには」「知の基盤としての図書館 地域から本を伝える」〈本の学校(日本印刷会館・オンライン併用)/11月20日〉

NPO本の学校2022 ブレストミーティング〜本の価値、読者、そして地域とは〜 日時:2022年11月20日(日) 開場 12:30 場所:日本印刷会館(東京都中央区新富1丁目16番8号) ※オンライン同時配信あり 分科会: 13:00〜15:00 (第1〜第3分科会は同時間帯に開催されます) 全体会: 15:45〜17:00 参加費: 会場参加 ¥1,650(税込) / オンライン参加 ¥550(税込) 定員: 会場 各分科会30名様 申込順 / オンライン 各分科会10...

講談社メディアカンファレンス2022「Inspire Impossible Stories ~ 語ろう。メディアのミライ ~」〈講談社(オンライン)/11月22日〉

新たな発見や創造性を促し、ありえない、見たことのない物語を提供するという講談社の企業理念「Inspire Impossible Stories」をふまえ、「メディアのミライ」をテーマとした「講談社メディアカンファレンス2022」を開催します。

2022年度秋季研究発表会〈日本出版学会(追手門学院大学総持寺キャンパス)/12月3日〉

 必ずお申し込みの上、ご参加ください。参加費等は当日会場にて受け付けます。   [開催概要] 日 時: 2022年12月3日(土) 13:00~17:30 (12:20開場) 会 場: 追手門学院大学 総持寺キャンパス(A331教室、A34

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1337 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る