日刊出版ニュースまとめ 2022.10.27

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 6 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

鹿児島:電子図書館 運用広がる コロナで注目 来館不要、いつでも利用可:地域ニュース〈読売新聞オンライン(2022年10月26日)〉

【読売新聞】新型コロナウイルス感染拡大後、スマートフォンやパソコンなどの端末から本を借りられる「電子図書館」の運用が、県内の公立図書館で広がっている。鹿児島市が2月に導入し、6月に薩摩川内市、10月から鹿屋市も続いた。電子書籍は通

AI-OCRで国立国会図書館の資料をテキスト化 約1300万文字のデータセットから開発 その舞台裏に迫る 〈ITmedia NEWS(2022年10月26日)〉※記事広告

10月27日から 秋の読書推進月間 「本との新しい出会い、はじまる。BOOK MEETS NEXT」 運営委員長の高井昌史氏(紀伊國屋書店会長兼社長)に聞く〈文化通信デジタル(2022年10月25日)〉

     出版文化産業振興財団(JPIC)などが企画した初の「秋の読書推進月間」が、10月27日から11月23日まで開かれる。これまでの「読書週間」や「本の日」「大切な人に絵本を贈…続き

本との新しい出会い、はじまる。〈BOOK MEET NEXT〉

本に関わる人たちが一丸となって、読書の秋を盛り上げるキャンペーン。全国の書店で様々なイベントを開催、豪華賞品が当たる「BOOKスタンプラリー」も。

消費者庁のステマ検討会、景表法「指定告示」に追加する案も〈通販通信ECMO(2022年10月25日)〉

消費者庁は25日、「第5回ステルスマーケティングに関する検討会」を開催し、今後の論点を示した。同検討会は年内をめどに結論を取りまとめる計画。これを受けて、消費者庁は景品表示法にステルスマーケティング(ステマ)の規制を導入する方針だ。

第5回 ステルスマーケティングに関する検討会(2022年10月25日)〈消費者庁(2022年10月25日)〉

「文と向き合うほど、唯一の正解が世の中にどれだけあるかわからなくなる」校正者・牟田都子が語る、仕事論〈Real Sound|リアルサウンド ブック(2022年9月13日)〉

書籍などを出版する際、誤植や内容の誤りがないか確認する校正・校閲。その仕事について、校正者の牟田都子氏が自身のエピソードや思いを綴った『文にあたる』(亜紀書房)が話題だ。どこまで「鉛筆を入れる(指摘を書き込む)」べきなのか、事実に即していることだけが正解なのか。常に考えながら読み進める様子からは、知ら…

世界

中国で「電子書籍リーダー」が撤退 単一機能に消費者離れ〈DG Lab Haus(2022年10月26日)〉

【東方新報】新商品が次々と投入される中国市場では、サービス終了が大きなニュースになることはあまりない。ところが、電子書籍リーダーのサービス終了は一部で予想されていたにもかかわらず、読書愛好家たちのため息を誘っている。  ...

グーグルとマイクロソフトが減益 景気減速響く、ドル高でも目減り〈共同通信(2022年10月26日)〉

【ニューヨーク共同】米グーグルの持ち株会社アルファベットとマイクロソフト(MS)が25日発表した20...

AIは表現のどこにいるのか〈Domain(2022年10月25日)〉

NovelAIを用いて出力した画像の枚数が気がつくと2万枚を超えていたので、振り返りがてら画像を見返していた。 黒に輝く#NovelAI #NovelAIDiffusion pic.twitter.com/TrB3FBYjXV— sabakichi|Domain ✍︎ (@knshtyk) October 19, 2022 自分でも驚いたのだが、サービスを触りはじめた10/4から10/24現在に至

イベント

説明会「有償等オンライン資料(電子書籍・電子雑誌等)の制度収集開始について」〈国立国会図書館(オンライン)/10月26日〉

「日本コンテンツの海外展開に関する調査報告書(中国編)」解説セミナー〈文化庁・CRIC(オンライン)/10月26日〉

デジタル化・ネットワーク化の進展とグローバル化の発展の影響により、著作物が国境を越えて流通する中、我が国のコンテンツは、世界各国で高い人気を博しています。その一方、海外ビジネスの展... powered by Peatix : More than a ticket.

Romancer「来て、見て、触って、話しましょう」〈ボイジャー(オンライン)/10月27日〉

ロマンサーよりセミナーのご案内です。いったいどんなことができるのか? ツールの操作から、作品事例まで1時間でお伝えいたします。皆さまの参加をお待ちしております。 日時:2022年10月27日(木) 15...

辻本英二氏「”ババ”を引かない! サステナブル出版の進め方 ー欧米先進国が先導する新しい書籍のライフサイクルデザインー」〈日本電子出版協会(オンライン)/10月27日〉

第22期 文化審議会 著作権分科会 法制度小委員会(第6回)〈文化庁(オンライン)/10月31日〉

(1)民事執行等の手続の見直し(IT化)に伴う著作権制度の対応 (2)簡素で一元的な権利処理方策 (3)損害賠償額の算定方法の見直し (4)その他

フォーラム「#NDL全文使ってみた ~「次世代デジタルライブラリー」&「NDL Ngram Viewer」」〈国立国会図書館(オンライン)/11月1日〉

NDLラボは、次世代の図書館システムの開発に資する要素技術の実証実験を行うためのウェブサイトです。NDLラボでは、国立国会図書館のサーバ環境や国立国会図書館が持つデジタル化資料のデータ・書誌データなどを研究者等に提供し、研究者等はその資源を使ってソフトウェア等の実験をします。

J-STAGEセミナー「学術出版の変革:研究データおよびオープンリサーチにおけるその役割」〈科学技術振興機構・STM国際出版社協会(オンライン)/11月8日〉

J-STAGEが主催するセミナー等の開催情報をお知らせしています。

上野千鶴子 講演会「ホモソーシャルな出版業界 ―その悪しき体質、変えられますか?―」〈出版女性人の会(オンライン)/11月16日〉

昨年、開催いたしました「出版女性人の会 オンライン講演会2021」は、多くの皆さまにご参加いただくことができました。皆さまのご協力とお力添えに、幹事一同、深謝いたしております。開催... powered by Peatix : More than a ticket.

2022年度図書館学セミナー「図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-」〈日本図書館研究会(オンライン)/11月19日〉

下記により,2022年度図書館学セミナーを開催します。多くの方が参加されることを期待します。                     記テーマ:図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-日 時:2022年11月19日(土) 10:00~17:00会 場:Zoom(ウェビナー)によるオンライン開催(前日までに招待メールをお送りします)参加費:会 員 1,500円    非会員 2,5...

講談社メディアカンファレンス2022「Inspire Impossible Stories ~ 語ろう。メディアのミライ ~」〈講談社(オンライン)/11月22日〉

新たな発見や創造性を促し、ありえない、見たことのない物語を提供するという講談社の企業理念「Inspire Impossible Stories」をふまえ、「メディアのミライ」をテーマとした「講談社メディアカンファレンス2022」を開催します。

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? 概要HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメン...

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1384 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る