「AIイラスト創作サービスの波紋と法的観点」「警察庁、“有害情報”削除の“要請”へ」など、週刊出版ニュースまとめ&コラム #536(2022年8月28日~9月3日)

三省堂書店神保町本店

《この記事は約 19 分で読めます》

 2022年8月28日~9月3日は「AIイラスト創作サービスの波紋と法的観点」「警察庁、“有害情報”削除の“要請”へ」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。

【目次】

政治

国税庁「副業300万円以下の損益通算ダメ」は「ヤバい節税」潰しが狙い? パブコメ1000件超す〈弁護士ドットコム(2022年8月29日)〉

国税庁が8月1日に出した所得税の法令解釈通達の改正案をめぐり、インターネット上でちょっとした混乱が起きている。改正案では2022年以後について、「副業収入が300万円を超えない場合は、事業所得ではなく雑所...

 周囲で話題になっていた、国税庁の所得税法令解釈通達改正案について。「副業収入が300万円を超えない場合は、事業所得ではなく雑所得と取り扱う」というのが、副業潰しではないか? という批判の声が挙がっていました。副業を推進しているいっぽうで、なにをやっているのか? と。

 ところが弁護士ドットコムが国税庁の担当者に取材したところ、「収入が300万円以下でも納税する本人が事業だと明確に説明することができるならば事業所得としても問題がない」そうです。特記事項に理由を明記すればいいとのこと。ほんとうにそんな例外処理だけでいいの? という疑念が残ります。パブコメは先月末で締め切られてますが、結果はどうなるか。

海賊版対策の無料相談窓口を開設 文化庁、中小出版や個人に助言 | 共同通信〈共同通信(2022年8月30日)〉

文化庁は30日、漫画やアニメなどの海賊版サイトによる著作権侵害に関する無料の相談窓口を開設した。海外...

 文化庁が6月に開設した「インターネット上の海賊版による著作権侵害対策情報ポータルサイト」に、無料相談窓口が追加されました。「8月中に」と予告されていたので、予定通り。事業を受託しているのは「弁護士知財ネット」で、そこに登録している弁護士の中でも「著作権、コンテンツ、海賊版、アジア、北米、EUの案件に従事し、実績と評価を得て」いる方が事務局を構成しているそうです。頼もしい。

インターネット上には、コンテンツ(著作物)を著作者に許可なく無断でコピーし、正当な対価を著作者に支払うことなく利用できる状態にした非正規版コンテンツ(いわゆる海賊版)も多く流通しています。本ポータルサイトにおいては、権利者が海賊版への対応を行う上での必要なノウハウ等を集約しておりますので、是非ご活用ください。

海賊版で侵害された著作権者らへの賠償額高額化へ…文化庁、著作権法改正方針〈読売新聞オンライン(2022年8月31日)〉

文化庁は30日、著作権侵害に対する損害賠償請求訴訟で、侵害された著作権者らへの賠償額が高額化できるよう計算方法を変える方針を、同日開かれた文化審議会の小委員会に提示し、大筋で了承された。次期通常国会に提出を目指す著作権

 8月30日に開催された文化審議会著作権分科会法制度小委員会の議題3「損害賠償額の算定方法の見直し」についての報道です。著作権法第114条(損害の額の推定等)の損害賠償算定方法に、特許法と同様「ライセンス機会の喪失による逸失利益」を追加すべきか? という論点になります。

文化審議会著作権分科会法制度小委員会(第2回)の議事次第・配布資料等について掲載しています。

 日本では懲罰的損害賠償が認められていないので、「逸失利益」の範囲内で基準を見直すことにより賠償額の高額化を図る形です。海賊版で「タダ読み」された額が年間1兆円超という推計が出ていますが、裁判で認められる賠償額は現状「販売数量の減少による逸失利益」であり、そこにはかなりのギャップがあります。その差を埋めるような法改正となるのでしょう。

 他の議題は、研究目的に係る権利制限規定を創設するかどうか(簡素で一元的な権利処理での対応へ一本化?)。立法・行政の内部資料としての複製(42条)に公衆送信を追加すべきか否か。関連して、38条(営利を目的としない上演等)や39条(時事問題に関する論説の転載等)や45条(美術の著作物等の原作品の所有者による展示)はそのままでよいのかどうか。そして、簡素で一元的な権利処理と対価還元の制度化について。

 どれも非常に興味深い内容なのですが、わたくしなんと小委員会の開催時間を間違えていて、傍聴できませんでした。やらかした……間抜け。資料を読む限り、いちばんややこしそうなのはやはり議題4「簡素で一元的な権利処理と対価還元の制度化」でしょう。まだ時間がかかりそう。

銃や爆発物製造“有害情報” サイト管理者に削除要請へ 警察庁〈NHK | 安倍晋三元首相 銃撃(2022年9月3日)〉

【NHK】安倍元総理大臣が銃撃されて死亡した事件を受け、警察庁は、銃や爆発物などの製造に関するインターネット上の書き込みやサイトを…

 安倍元首相銃撃事件発生直後に、自民党の世耕弘成参院幹事長が「武器の作り方を解説しているようなインターネット情報は、何らかの規制も考えていかなければいけない」と発言したことを、私は「火の玉ストレートの表現規制論」と批判しました(#530)。それが、法規制ではなく「要請」という形で圧力をかけていく方針になったようです。変化球になった……。

 2022年7月10日~16日は「漫画BANK元運営者を中国当局が処罰」「海賊版対策検討会の取りまとめ案パブコメへ」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。政治武器の作り方のネット情報「何らかの規制を」…自民・世耕参院幹事長〈読売新聞オンライン(2022年7月11日)〉https://www.yomiuri.co.jp/politics/20...

 法に基づかない「要請」によって解決しようとするのは、最近の日本政府らしい対処だと感じました。「事後検閲」の一種と言っていいでしょう。ちなみに、たまたま最近読んだ和田洋一氏の論文「検閲とは何か : 検定の問題をも含めて」(1966年)によると、戦前の日本では「事後検閲が、欧米諸国とはくらべるものにならないぐらい強大な役割をはたした」そうです。そういう状況にだんだん近づいていきそうで怖い。

社会

※デジタル出版論の連載はお休みしました。

E2533 – NDL Ngram Viewerの公開:全文テキストデータ可視化サービス〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年9月1日)〉

 国立国会図書館の「NDLラボ」で実験サービスとして公開されている「NDL Ngram Viewer」について、開発研究室の方による詳しい説明です。現時点では著作権保護期間が満了した図書28万点のみが対象ですが、「国立国会図書館デジタルコレクション」がリニューアルする12月に対象範囲を拡大していく予定とのこと。楽しみ!

NDLラボは、次世代の図書館システムの開発に資する要素技術の実証実験を行うためのウェブサイトです。NDLラボでは、国立国会図書館のサーバ環境や国立国会図書館が持つデジタル化資料のデータ・書誌データなどを研究者等に提供し、研究者等はその資源を使ってソフトウェア等の実験をします。

イベント「行政マンとして図書館員が忘れていること」に登壇して話したこと〈飯田一史の仕事(2022年9月3日)〉

 #519でピックアップした、「来館ユーザーのことだけを見ていてはダメだ」という指摘の続きと言っていいでしょう。意思決定者(DMU:Decision Making Unit)が誰なのかに注意を払えというのは、私も若いころ以前の職場で似たようなことをよく言われたのを思い出しました。

 2022年4月17日~23日は「安易な検索を懸念するより、課題の出し方を工夫すべき」「ニールセン調査でピッコマがコミック1位」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。政治巨大ITに包括規制、EUが合意 違法コンテンツに対応義務〈日本経済新聞(2022年4月23日)〉https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2...

 要するに、金の話をするなら決裁権を持っている人に話をしないとなかなか前に進まない、ということです。これはもちろん、現場の担当者やユーザーをないがしろにしていい、という意味ではありません。念のため。まあ、私の以前の職場ではむしろ決裁権者以外をないがしろにする人が多く、それに反発していたような記憶もありますが(余談です)。

 さておき、営利企業と行政の違いを考えると、営利企業は客を選べるけど行政の対象はその地域の住民すべてであること、営利企業の決裁権者は社内論理で決まるけど行政の長や議員は選挙で選ばれること、などでしょうか。恐らく、そういう差異があったとしても、重要な指摘であることに変わりないでしょう。これを図書館関係者の方がどう受け止めたのかが気になります。

経済

米の地方新聞、17年で3割減 広がる「ニュース砂漠」〈共同通信(2022年9月2日)〉

【ニューヨーク共同】米国で過去17年間に地方新聞全体の3割近い2514紙が廃刊に追い込まれたとの調査...

 アメリカで2004年に8891紙あった地方紙が、今年5月末には6377紙まで減ったというニュース。以前、大原ケイさんに「ローカル紙合併にみるアメリカ新聞産業の苦境」という解説を寄稿いただきましたが、コロナ禍によってその傾向がさらに加速している、ということなのでしょう。

 新聞社2社が併せ持つローカル紙(community paper)が250紙以上という状況は、日本の新聞読者にはわかりづらいかもしれない(8月8日の記事「米地方紙大手2社が合併、250紙以上を抱える大所帯に」を参照)。実際には、さらにその6倍もの数のローカル紙が全米に散在している。なぜ、そういう構造になっているのか、今回の合併でどういうことが起こるのか、アメリカの新聞産業の状況はどうなのかが、少しでも理解できるように説...

急速な落ち込みで赤字転落の「ワシントン・ポスト」、100名規模のレイオフ実施か〈Media Innovation(2022年9月3日)〉

 思わず「え?」と声が出たニュース。「苦境は昨年末頃から何度も取り上げられて」いたそうですが、私は気づいてませんでした。マジ? なお、この記事内にはワシントン・ポストを買収したジェフ・ベゾス氏の名前がありませんが、下記のように「大成功」とか「劇的に復活」みたいな功績を称える記事がけっこう最近まで出ています。苦境に陥ったなら、やっぱりそれもジェフ・ベゾス氏の責任?

ジェフ・ベゾスが甦らせた名門「ワシントン・ポスト」有料デジタル版が大成功した秘密〈dot.〉〈AERA dot. (アエラドット)(2021年11月8日)〉

 昨年から続くコロナ禍の影響で、世界中の飲食業や観光業など様々な業界が経営難にあえいでいるが、新聞などのメディア業界も例外ではない。アメリカではロ...

老舗ワシントン・ポスト紙を劇的に復活させたベゾス流とは?〈日経ビジネス電子版(2022年4月26日)〉

ジェフ・ベゾスが個人で買収した米国の老舗新聞社ワシントン・ポスト。ベゾス流の大改革を実行し、広告収入も電子版有料購読者数も劇的に増やし、大復活を果たした。その手法を紹介する。

技術

イラストレーターの個性を学んで絵を“無限生成”するAIサービス 15枚のイラストから学習〈ITmedia NEWS(2022年8月29日)〉

クリエイティブ関連のAIサービスを手掛けるラディウス・ファイブが、AIイラストメーカー「mimic」(ミミック)β版の提供を開始した。同じイラストレーターが描いた15枚程度のイラストをもとに、絵の個性を反映したイラストを無限に生成できるとうたう。

イラスト生成AI「mimic」ベータ版の提供を終了へ 「不正利用を防ぐ仕組みが不十分だった」〈ねとらぼ(2022年8月30日)〉

 私の周囲では先週最大のトピックでした。反発の声を見ていて感じたのは、「絵柄や画風は著作権法で保護されない」ことを知らない人が存外に多いこと、引用などと同様「機械学習用なら無断で利用できる」ことを知らない人も存外に多いこと。

 そのため、感覚的・感情的な反発が先に立ってしまい、炎上に繫がったように見えました。下記の記事のような、法的な前提は理解したうえで「忌避感」から反発している人は、どちらかというと少数派だったように思います。

絵柄・画風のマネは悪いこと? 波紋呼ぶイラストAI「mimic」から考える〈KAI-YOU.net(2022年8月30日)〉

「Midjourney」「Stable Diffusion」……AIによる画像生成サービスが流行する昨今。イラストレーターの画風・絵柄を学習してイラストを生成するAIイラストメーカー「mimic(ミミック)」が、SNS上で賛否両論を生んでいる。イラストをアップロードすることでその特徴をAI...

 また、リンクは貼りませんが、最近のAI創作サービスはすごいと煽ってる人の中には「著作権はこうしたサービスをこれまで想定していませんでした」なんて認識をしている方もいました。AIと著作権についてはずいぶん前から議論が重ねられ、法改正もすでに行われているんですが。その法解釈については、改めて後述します。

 今回のこの「mimic」は、「(著作者本人以外による)不正利用を防ぐ仕組みが不十分だった」という理由で、ベータ版は一旦機能停止となりました。ただ、テクノロジーの進化は止められません。類似したサービスや機能は、すでに他からも提供されています。

中国産の画像AI「ERNIE-ViLG」が“二次元キャラ”に強いと話題 新しいデモページ公開〈ITmedia NEWS(2022年9月1日)〉

中国Baiduが、画像AI「ERNIE-ViLG」を試せるデモ機能を公開した。Twitterでは日本のユーザー間で「二次元キャラの生成に強い」などと話題に。一方で、画像生成AIの分野で中国にビジネス的なアドバンテージを取られるのではと懸念する声も見られる。

 問題は、こういった進化によって今後なにが起こるのか? でしょう。すでにいくつか論考が出ていますので、まとめて紹介しておきます。概して、いずれも「影響は限定的」「奪わない」「脅かさない」「むしろ、クリエイターほど活用すべきだ」といった論調です。おおむね同意。

AIイラストによって今後のお絵描き界隈にもたらされること〈ネット絵学|note(2022年8月30日)〉

主に絵描き&クリエイティブ業界目線でみた、現状のイラスト環境がAIによってどう変化するかについて考えてみました。前段が長いので読むのがめんどくさい方は「AIの影響が大きい業界」まで飛ばしてください。 先に結論 技術革新は避けられない 多くの制作現場でAIは活用される 全人類にお絵描き能力が生まれる 現イラスト描きはAIを学び、活用法を検討すべき AIイラストすげー! 光の落ち方が良い pic.twitt...

AIソフトmimic(ミミック)はイラストレーターの仕事を奪うのか?〈Real Sound|リアルサウンド ブック(2022年9月1日)〉

イラストレーターの画風や特徴をAIが学び、自動的に新しいイラストを作成するアプリ「mimic」ベータ版が話題になっている。15~30枚程度のキャラクターイラストを用意すれば、自動で顔の部分を抽出、描き手の絵柄をAIが学習し、イラストを作成してくれるというものである。運営元が提示したサンプルのイラストを…

画像生成AIはクリエイターを脅かすのか、それとも。〈ウェブ電通報(2022年9月2日)〉

Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権〈STORIA法律事務所(2022年8月31日)〉

はじめに Midjourney、Stable Diffusion、mimicなど、コンテンツ(画像)自動生成AIに関する話題で持ちきりですね。それぞれのサービスの内容については今更言うまでもないのですがMidjourney、Stable Diffusionは「文章(呪文)を入力するとAIが自動で画像を生成してくれる画像自動生成AI」、mimicは「特定の描き手のイラストを学習させることで、描き手の

 AI創作と著作権法について、ガチの専門家、弁護士・柿沼太一さんによる解説です。非常に詳細なので長文ですが、AI創作に自分が影響を受けるかも? と不安に思っている人を含め、少しでも関心がある方は必読でしょう。

 私は、ほとんど思っていたとおりだったのですが、1点だけ「画像生成AIにより自動生成された画像に著作権が発生するか(論点2)」の「実は著作権が発生しないAI生成物の方が少数なのかもしれません」という見解についてはちょっと疑問でした。程度の問題なのですが、「創作的寄与」として認められるハードルが少し低いように感じられたのです。

 人間が人間に発注する場合で考えてみましょう。編集者がイラストレーターに「こういうイメージで」と依頼したら、どのレベルから「創作的寄与」として認められるのか。発注時の指示文章が長い編集者ほど、また、リテイクの回数が多い編集者ほど、創作的寄与度が高いと言っていいのでしょうか? それは内容次第だと思うのです。

 これはAIへの入力でも同じことが言えます。文章(呪文)――というか、スクリプトが単純に長いほど、また、試行錯誤の回数が単純に多いほど、創作的寄与度は高いのでしょうか? こちらもやはり、内容次第でしょう。原作付きマンガは二次的著作物という判例があります(『キャンディ・キャンディ』事件)が、境界線はどのあたりになるんでしょうね?

 なお、内閣府 知的財産戦略推進事務局の「AIに関して残された論点(PDF)」(2017年)という資料には、「作曲における多数の結果からの選択・修正等により最終的に自らの創造的個性に最も適合するものを作成していく一連の過程などに、創作的寄与があると考えられる」(5ページ目)とあります。

 これ、AI創作物に「修正」が加わっているなら納得しやすい(もちろん程度の問題ではある)のですが、多数の結果からの「選択」だけなら創作的寄与とは言いづらいように思うのです。それはすでに否定されている「額に汗(sweat of the brow)」理論になってしまうような。

 まあ、表現とアイデアなどと同じように、境界線が明確になっているわけではなく「個別具体的に判断」という広大なグレーゾーンの話になるのでしょう。要は「程度の問題」です。その「程度」が、今後の論点です。

お知らせ

HON.jp「Readers」について

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...

日刊出版ニュースまとめ

 伝統的な取次&書店流通の商業出版からインターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連する最新ニュースをメディアを問わずキュレーション。TwitterやFacebookページは随時配信、このコーナーでは1日1回ヘッドラインをお届けします。

新着記事日刊まとめ週刊まとめ注目記事特集一覧デジタル出版論鷹野凌の publishing is wonderful大原ケイのアメリカ出版業界解説馬場公彦の中文圏出版事情解説コラムインタビューイベントレポートお知らせNotificationメディア概要メルマガ広告掲載のご案内賛助会員のご案内情報提供のお願いYouTubeチャンネルユーザー登録利用規約個人情報保護方針ログイン運営団体入会案内寄付で支援問い合わせ新着記事日刊まとめ週刊まとめ注...

メルマガについて

 本稿は、HON.jpメールマガジン(ISSN 2436-8245)に掲載されている内容を同時に配信しています。最新情報をプッシュ型で入手したい場合は、ぜひメルマガを購読してください。無料です。なお、本稿タイトルのナンバーは鷹野凌個人ブログ時代からの通算、メルマガのナンバーはHON.jpでの発行数です。

雑記

 HON.jpの前身である「日本独立作家同盟」は、2013年9月1日に産声を上げました。それから、NPO法人化、電子雑誌の休刊、NovelJamの始動、メディア事業の継承、法人名変更と、いろいろなことがありました。9年間ありがとうございます。今後も引き続きよろしくお願いいたします(鷹野)

CC BY-NC-SA 4.0
CC BY-NC-SA 4.0

※本稿はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際(CC BY-NC-SA 4.0)ライセンスのもとに提供されています。営利目的で利用される場合はご一報ください。

広告

著者について

About 鷹野凌 682 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学デジタル編集論非常勤講師 / 二松學舍大学エディティング・リテラシー演習非常勤講師 / 日本出版学会理事 / デジタルアーカイブ学会会員 / 著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)など。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る