日刊出版ニュースまとめ 2022.06.25

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 9 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

逮捕歴がわかるツイート、削除命令 最高裁初判断、検索エンジンよりも基準緩和〈弁護士ドットコム(2022年6月24日)〉

ツイッターの検索で過去の逮捕歴が表示され人格権などが侵害されたとして、男性がツイッター社にツイートの削除を求めた訴訟の上告審判決が6月24日、最高裁第二小法廷であった。草野耕一裁判長は、削除を認めなか...

日経新聞で何が起きているのか 記者の大量退職、“物言う株主”に狙われたテレ東の運命は〈文春オンライン(2022年6月24日)〉

ジャーナリスト・小松東悟氏による「日経新聞で何が起きているのか」(「文藝春秋」2022年7月号)を一部転載します。◆ ◆ ◆これからピークを迎える大手企業の株主総会シーズン。そのなかで、財界が密かに注…

「YouTubeアニメの雄」が、ここにきてウェブトゥーンへを参入を決めたワケ(飯田 一史)〈マネー現代 | 講談社(2022年6月24日)〉

2019年2月に創業し、『女子力高めな獅子原くん』や『でんぢゃらすじーさん』のYouTubeアニメを手がけてきたソラジマは、2021年8月にウェブトゥーンに参入。また2017年8月に創業し、『テイコウペンギン』『混血のカレコレ』『全力回避フラグちゃん!』など、やはりYouTubeやTikTokでアニメを制作してファンを獲得してきたPlottも2022年中の参入に向けて制作に取り組んでいる。出版業界やゲーム業界からの参入組とは違った景色が...

「YouTubeアニメ」経験者だからこそ、「ウェブトゥーンに勝算あり」と言える納得のワケ(飯田 一史)〈マネー現代 | 講談社(2022年6月24日)〉

2019年2月に創業し、『女子力高めな獅子原くん』や『でんぢゃらすじーさん』のYouTubeアニメを手がけてきたソラジマは、2021年8月にウェブトゥーンに参入。また2017年8月に創業し、『テイコウペンギン』『混血のカレコレ』『全力回避フラグちゃん!』など、やはりYouTubeやTikTokでアニメを制作してファンを獲得してきたPlottも2022年中の参入に向けて制作に取り組んでいる。出版業界やゲーム業界からの参入組とは違った景色が...

「次にくるマンガ大賞2022」投票受付スタート! エントリー総数4,787作品の中からノミネート100作品が決定〈ダ・ヴィンチWeb(2022年6月24日)〉

これからブレイクしそうなマンガって? いまネットではどんなマンガが流行ってるの? こんな疑問に答えるユーザー参加型のマンガ賞が今年も開催! 日本最大級のWebマンガサービス「ニコニコ漫画」(運営:株式会社ブックウォーカー)と、本とコミックの情報誌…

VRで書店をめぐりAIが本をおすすめ 未来の書店を体験できる「ダ・ヴィンチストア」が期間限定オープン〈MoguLive(2022年6月24日)〉

VRやAIを活用した”未来の書店”を体験できる「ダ・ヴィンチストア Next Stage “未来の書店”」体験イベントが開催されます。期間は7月2日(土)〜7月15日(金)

「なんでマスコミはこんなことができるんだ?」知床の事故現場で被害者家族に私は言われた。自問自答して気づいた「変えるべき」取材手法〈BuzzFeed – バズフィードジャパン(2022年6月24日)〉

知床の観光船沈没事故から2か月。マスコミの報道姿勢について現地で取材しました。一方、私も過去に不適切な取材をした経験があります。反省を踏まえました。

メディアの過去未来から考える「エッジ」と「点群」(西田宗千佳)〈TechnoEdge テクノエッジ(2022年6月24日)〉

「テックメディア」にとって今はなかなか大変な時期でしょう。この際だから、そのあたりについてちょっと思うところを書いてみたいと思います。

スマホで撮った写真が即座にChromebookに転送。Android連携強化〈PC Watch(2022年6月24日)〉

 Googleは、CESおよびGoogle I/Oで発表したAndroidとChromebookのいくつかの新機能について近日中にChromebook向けに実装すると発表した。

岐阜県図書館、高校生を対象にした電子書籍サービスを開始したことを発表〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月24日)〉

講談社、「講談社メディア・コミュニティ・ラボ」発足。社会課題やマーケットに意義あるテーマを自社メディア読者コミュニティを活用し調査・分析・発信を行う。〈株式会社講談社のプレスリリース(2022年6月24日)〉

株式会社講談社のプレスリリース(2022年6月24日 09時45分)講談社、発足。社会課題やマーケットに意義あるテーマを自社メディア読者コミュニティを活用し調査・分析・発信を行う。

縦スクロール漫画を制作する番組、28日より配信開始 小学館×バンダイ×BANDAISPIRITSの共同企画〈ORICON NEWS(2022年6月23日)〉

ニュース| 小学館、バンダイ、BANDAISPIRITSは、共同プロジェクトである、縦スクロール漫画を制作する縦スク漫画制作リアリティショー番組『TOONGATE(トゥーンゲート)』をYouTubeにて28日午後8時より配信する。そのオンライン制作発表会が23日に行われた。 『TOONGATE』は、「漫画をつくってみたい」「アイデアをかたちにしたい」と思うあらゆる人が漫画をつくれる世界を目指すコンテストプロジェクト。一般募集から選ばれ...

CA2018 – デジタルアーカイブの教育活用をめぐる可能性と課題―実践を例に― / 大井将生〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月20日)〉

CA2019 – 学術界とソーシャルメディア―Twitter活用の功罪と希望― / 横山広美〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月20日)〉

CA2020 – 私立大学等改革総合支援事業に対する大学図書館の関与可能性 / 髙池宣彦〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月20日)〉

CA2021 – 動向レビュー:公共図書館によるYouTubeを用いた動画の公開 / 水沼友宏〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月20日)〉

世界

スペイン国立図書館(BNE)のインターネット上の電子逐次刊行物の収集(記事紹介)〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月24日)〉

出版倫理委員会(COPE)と国際STM出版社協会、「論文工場」に関する調査報告書を公開〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月23日)〉

Kindleが「カップラーメンの重し」に 中国のKindle終了が日本にとっても他人事ではない理由〈ITmedia NEWS(2022年6月23日)〉

CA2022 – 動向レビュー:デジタルアーカイブにおけるクラウドソーシング:海外の事例から / 菊池信彦〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月20日)〉

CA2023 – 動向レビュー:欧米の図書館における精神障害者向けサービス / 鈴木尊紘〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月20日)〉

イベント

文化審議会 著作権分科会(第64回)〈文化庁(オンライン)/6月27日〉

第22期文化審議会著作権分科会(第1回)として、文化審議会著作権分科会(第64回)を下記のとおり開催いたしますので、お知らせします。

第22期文化審議会第2回総会(第88回)〈文化庁(オンライン)/6月28日〉

【イベント】村瀬拓男 著作権入門セミナー1「近時の法改正と出版契約」〈日本電子出版協会(オンライン)/6月29日〉

「テック系編集部が語る! 編集者の仕事を大公開」〈翔泳社テック系編集部(オンライン)/6月29日〉

ITエンジニアが普段読んでいる技術書や技術解説記事。これらは「編集」という工程を経てから世に出ています。編集者という仕事は、漫画や小説、ビジネス書の編集のような、エンジニアとは全く違う世界のように思うかもしれません。しかし、ITエンジニア向けに技術を伝える編集者という仕事も、世の中には存在しています。 今回のイベントでは編集者がどのような仕事をしているのか、普段どのように考えて仕事をしているのかを...

プラットフォームサービスに関する研究会(第38回)〈総務省(オンライン)/6月30日〉※違法・有害情報(誹謗中傷、偽情報)対策

会員ウェブ懇談会「デジタルアーカイブ憲章について」など〈デジタルアーカイブ学会(オンライン)/7月5日〉

デジタルアーカイブ学会会員各位 会員の皆様には日ごろ学会の発展のためご協力いただきありがとうございます。 2022年の通常総会は昨年同様、メールによる通信総会を実施いたしましたが、こ れに合わせて広く学会員のご意見を伺う … 続きを読む 会員ウェブ懇談会開催 (2022/7/5) →

村瀬拓男 著作権入門セミナー2「著作者、著作権、著作物をしっかり理解しよう」〈(オンライン)/7月6日〉

ディジタルアシスト 永田健児「デジタル辞書の現在とこれから」〈日本電子出版協会(オンライン)/7月8日〉

村瀬拓男 著作権入門セミナー3「自由に使える場合とは」〈日本電子出版協会(オンライン)/7月13日〉

MIE研究部会「江戸川大学の雑誌制作教育」〈日本出版学会(専修大学神田キャンパス・オンライン併用)/7月25日〉

「江戸川大学の雑誌制作教育」  発表者:本多悟(江戸川大学) 日 時:2022年7月25日(月) 18:30~ 開催方法:会場での対面形式とzoomによるオンラインの同時開催 会場:専修大学神田キャンパス731教室(7号館3階)    地下

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1242 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る