誌面PDFをAIで自動変換、マイクロコンテンツ・リフロー化 ~ Kono Japanが「Smarticle」のパイロットプログラムを6月から展開開始

Kono Smarticle
Kono Smarticle
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 アメリカ・台湾向けを中心に電子雑誌読み放題サービス「Kono電子雑誌」を展開しているKono Digital inc.は5月30日、日本にKono Japan株式会社を設立し、AI搭載PDF変換サービス「Smarticle」のパイロットプログラムを6月から展開開始することを発表した。

 Kono Digital inc.は2011年にアメリカ・シリコンバレーで設立された、マシンラーニングやAI技術の開発などを手がけているテックカンパニー。「Kono電子雑誌」アプリはアジアと北米を中心に展開され、世界50カ国以上で100万ダウンロードを超えている。

 今回、日本の出版業界向けに提供される「Smarticle」は、誌面PDFからAIによって構造化データを自動抽出、文中のテキストだけでなく画像やレイアウトなどのスタイルまで含めたマイクロコンテンツ・リフロー化を実現できる。対応フォーマットは、JSON、XML、HTML5、EPUB(リフロー/固定)、Apple News Formatなど、さまざまな電子媒体で広く使える形式に自動変換でき、ワークフローの簡素化やコスト削減に貢献できるという。

 今回展開されるパイロットプログラムはこの「Smarticle」のトライアルで、Kono Japanが誌面PDFデータの提供を受け、デモアプリ環境を提供する。第1弾の受付は2019年6月から7月末まで。募集数は月間4件、期間内8件。対象は、紙の雑誌や書籍のマイクロコンテンツ化・リフロー化に課題を抱える出版社など。

 なお、Kono Digital inc.は、2017年4月に株式会社富士山マガジンサービスと株式会社電通が開始した「マガポート記事サービス」に技術供与を行っているとのこと。両社は2017年5月から「Kono電子雑誌」に設けられた「日本雑誌館」を通じ、中国語圏での日本雑誌電子配信を開始。両社の合弁で2018年6月に設立された株式会社magaportは、今回設立されたKono Japanのグローバル・パートナーの1社としても名前を連ねている。

参考リンク

Smarticleトライアルの受付(Inquiryより)
https://www.konosolution.com/
「Kono電子雑誌」
https://www.thekono.com/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About 鷹野凌 270 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

コメントする

avatar
1000
タグ: / / / / / / / / /

関連記事