日刊出版ニュースまとめ 2021.01.19

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 6 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

国内ニュース

ビジネス書の要約サービスflierが2億円調達、法人向けSaaS強化と2022年の累計会員数120万人目指す〈TechCrunch Japan(2021年1月18日)〉

ビジネス書の要約サービス「flier」(フライヤー)を手がけるフライヤーは1月18日、第三者割当増資による総額2億円の資金調達を発表した。引受先は、マイナビ、VOYAGE VENTURES(ボヤージュベンチャーズ)、社会人向け研修サービス大手のインソース(東京・千代田)の3社。累積資金調達額は約4億7000万円とな..

書店向けポータルサイト「BooksPRO」 1月26日から雑誌情報も閲覧可能に〈文化通信デジタル(2021年1月18日)〉

 日本出版インフラセンター(JPO)は、出版情報登録センター(JPRO)の出版情報を書店向けに伝えるポータルサイト「BooksPRO」で、1月26日から雑誌情報の提供をスタートする。    …続き

メディアドゥ、第1弾ブロックチェーンプロダクトとして「ソーシャル映像視聴サービス」提供へ〈株式会社メディアドゥ(2021年1月18日)〉

最先端テクノロジーと業界における稀有なポジションを活かし、電子書籍を中心としたデジタルコンテンツを世に広め、出版市場全体の拡大に最大限貢献することを目指しています。それにより、コンテンツが世に生み出され続ける“創造サイクル”を実現し、人々をコンテンツの力で豊かにしていきたいと考えています。

電子書籍リーダー向けのフルカラー電子ペーパー「E INK Gallery 4100」をE Ink Corporationが開発〈GIGAZINE(2021年1月18日)〉

電子ペーパーとは紙媒体の視認性や携帯性を保ったまま表示内容を電気的に書き換え可能な媒体であり、消費電力や目の負担が小さいことなどが利点とされています。そんな電子ペーパーを開発するE Ink Corporationが、新たに電子書籍リーダー向けのフルカラー電子ペーパー「E INK Gallery 4100」を開発したと報じられました。

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】Google Playも利用可能な13.3型E Ink Androidタブレット「BOOX Max Lumi」。新たにフロントライトを搭載〈PC Watch(2021年1月18日)〉

 ONYX Internationalの「BOOX Max Lumi」は、E Ink電子ペーパーを採用した13.3型タブレットだ。Android 10を搭載し、Google Playストアからさまざまなアプリをインストールして利用できる。

LINE、世界最高水準で低価格なAI-OCRをシステム開発不要で利用できる新サービスを提供開始〈Digital Shift Times(2021年1月18日)〉

LINE株式会社は、LINE CLOVAのAI技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」において、請求書などの紙帳票やPDFをアップロードするだけで簡単にテキストデータ化し、認識結果の確認/編集/出力/システムへの連携が簡単に行えるクラウドアプリケーション「CLOVA OCR Reader」の提供を開始すると発表した。

モリサワ、OpenTypeフォントの共同開発で写研と合意〈印刷ジャーナル(2021年1月18日)〉

(株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、(株)写研(本社/東京都豊島区南大塚、笠原義隆社長)の保有する書体を、両社共同でOpenTypeフォントとして開発することに合意した。写研の書体は、幅広いバリエ...

AIが読者の好みを診断して最適な記事を抽出する会員制のサービスを開発〈大日本印刷(2021年1月18日)〉

(社説)図書館サービス ネット時代の姿探って〈朝日新聞デジタル(2021年1月18日)〉

 図書館にある本や雑誌のコピーを、自宅にいながらメールやファクスで受け取れるようになりそうだ。文化審議会の小委員会の提言に沿って、政府はきょうから始まる通常国会で著作権法の改正をめざす方針だ。 複写サ…

「講談社などホワイトハッカーと海賊版対策」「静岡新聞がマスコミをやめる宣言」など、週刊出版ニュースまとめ&コラム #456(2021年1月10日~16日)〈HON.jp News Blog(2021年1月18日)〉

 2021年1月10日~16日は「講談社などホワイトハッカーと海賊版対策」「静岡新聞がマスコミをやめる宣言」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります。政治【独自】図書館蔵書 新刊 ネット送信除外を…書籍出版協会 文化庁に要望〈読売新聞オンライン(2021年1月13日)〉https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210113-OYT1T50000/ ...

海外ニュース

韓国最大の“マンガ違法閲覧サイト”、「作家たちにも賠償せよ」との判決が下る〈スポーツソウル日本版(2021年1月16日)〉

韓国のウェブトゥーン(=ウェブ漫画)作家たちが、韓国最大級の違法サイト『夜うさぎ(パムトッキ)』運営スタッフを相手に提起した損害賠償訴訟で勝訴した。

急拡大のポッドキャストが「音楽業界の敵」になるというデータ〈Forbes JAPAN(2021年1月17日)〉

音楽業界はここ数年、ストリーミングの普及によって収益を伸ばしている。この状況が続けばCDの黄金期に並ぶほどの売上も夢ではないと思われたが、気になる兆候が見え始めている。音楽業界の幹部は、パンデミックの間にストリーミングの数が急増すると予測し

【米書鳩信】アメリカの最新出版ニュース①「大統領選挙とパンデミックは2020年のアメリカの書籍出版をどう変えたか」〈文化通信デジタル(2021年1月18日)〉

 米書籍出版の中心地であるニューヨークで新型コロナウィルスの感染が拡大したのは2020年3月。全米に先駆けて「シェルター・イン・プレイス」と呼ばれる外出禁止令(ロックダウン)が出され、編集者は在宅勤務…続き

アップル、ポッドキャストに定額課金サービス追加検討-関係者〈Bloomberg(2021年1月18日)〉

米アップルは今年、ポッドキャスト事業にサブスクリプション(定額制)配信サービスを加えることを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。新しいオリジナル番組の資金集めを含めた広範な取り組みの一環となる。

米国国立公文書館(NARA)、トランプ政権の公式ソーシャルメディアのすべてのコンテンツを収集・保存・提供すると発表〈カレントアウェアネス・ポータル(2021年1月18日)〉

イベント情報

落合早苗:出版物が見つからない! 書誌情報はカタログからメタデータへ〈JEPA|日本電子出版協会(オンライン)/1月19日〉

HON.jpブロードキャスティング #24 / ゲスト:牧村朝子(文筆家)〈HON.jp(オンライン)/1月24日(21時から)〉

HON.jpブロードキャスティングは、本(HON)のつくり手をエンパワーする映像番組です。伝統的な取次&書店流通の商業出版からインターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広... powered by Peatix : More than a ticket.

出版業界と近時の著作権法改正動向〈JEPA|日本電子出版協会(オンライン)/1月27日〉

授業目的公衆送信補償金制度のオンライン説明会〈一般社団法人 授業目的公衆送信補償金等管理協会(オンライン)/1月29日〉

HON.jpブロードキャスティング #25 / ゲスト:小池みき(ライター・漫画家)〈HON.jp(オンライン)/1月31日(21時から)〉

HON.jpブロードキャスティングは、本(HON)のつくり手をエンパワーする映像番組です。伝統的な取次&書店流通の商業出版からインターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広... powered by Peatix : More than a ticket.

読書バリアフリーと図書館の役割~誰もが読める環境づくり~〈公益財団法人文字・活字文化推進機構(練馬区立区民・産業プラザ)/2月13日〉

読書バリアフリーと図書館の役割~誰もが読める環境づくり~(開催終了) 障害の有無にかかわらず、誰もが読書を楽しめる社会にするためには、どのようなことが必要でしょうか。公共図書館、学校図書館で読書バリアフリーに向けた実践を

gumi、メディアドゥ、集英社のキーパーソンが登壇──ブロックチェーンでコンテンツビジネスはどう変わるのか?〈btokyo ONLINE 2021 コインデスク・ジャパン(オンライン)/3月2日〉

blockchain conference btokyo ONLINE 2021年3月1日、2日開催。ブロックチェーン新時代の幕開け ──革新はここから始まる Blockchain : Into the Next Phase to Herald a New Era)主催:N.Avenue株式会社。
HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 984 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / /