出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年5月14日~20日)

まとめ

《この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です》

 先週は「柔軟な権利制限の改正著作権法成立」「海賊版サイトブロッキング、総務省が事前に直接要請していた」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年5月14日~20日分です。

海賊版サイトを大手出版社告訴 「漫画村は著作権侵害」〈朝日新聞デジタル(2018年5月14日)〉 はてな

海賊版サイト:「漫画村」捜査に着手 著作権侵害容疑 福岡県警など〈毎日新聞(2018年5月14日)〉 はてな

 朝日新聞には「告訴したのは講談社で、他の大手出版社も告訴の準備をしている」とありますが、毎日新聞には「著作権を持つ漫画家から委任を受けた形で講談社など4社は昨年、漫画村に著作権を侵害されたとして、容疑者不詳で福岡県警や大分県警などに刑事告訴した」とあり、どっちが正しいのか。あと、「委任を受けた」というのはなぜなのか。2015年1月施行の改正著作権法で、電子出版権を設定できるようになっている(つまり出版社もデジタル海賊版の紛争当事者になれる)はずなのですが。不思議。委任を受けて告訴できるなら、改正必要なかったのでは?

「漫画村」20代男性関与か 海賊版サイト、関連に形跡〈朝日新聞デジタル(2018年5月15日)〉 はてな

 「朝日新聞社がネット専門家の協力を得て調べたところ」以下が微妙な言い回しなのですが、「セーシェル共和国の企業の名義で登録」などの情報は昨年8月時点ですでにCheena(ちーな)氏の「無能ブログ」で公開されていた情報と思われます。

ゴマブックスの電子書籍・コミックが、配信5年で累計1,680万ダウンロードを突破! 全8,500作品以上の中から最も多く読まれたタイトルは「星の王子さま」(著:サン=テグジュペリ)〈ゴマブックス(2018年5月16日)〉 はてな

 ゴマブックスは異様にプレスリリースが多いわりにニュースになることが少ないのですが、これはピックアップしておきましょう。5年間で累計8500点、1680万ダウンロード。平均すると1点あたり約2000ダウンロードです。これは立派な数字と言っていいのでは。書籍が1350万ダウンロードなのに対し、コミックは330万ダウンロードというのは興味深い。公式サイトをざっと調べたところ、コミックの配信点数は1450点くらいのようです。

カドカワ川上量生社長が語る、サイトブロッキングの必要性〈日経 xTECH(2018年5月16日)〉 はてな

 NTT鵜浦社長が「NTTを訴えていいかと相談があった」と言っていた件、相談をしたのはカドカワ川上量生社長でした。3ページ目の「記者の視点」がわかりやすくまとまっていて良いです。電気通信事業法上の「通信の秘密」を守る法益が、直感的に理解しにくくなっている点は、確かにその通り。

「漫画村」に対して、講談社はなにをしてきたのか?〈BuzzFeed(2018年5月17日)〉 はてな

 講談社・広報室室長 乾智之氏による回答。サイトブロッキングが唯一の手段とは思っていないとのこと。この1年で削除要請は17万件以上出しているそうです。と同時に、収入源への対処が充分でなかったことも認めており、恐らく今後、広告主・代理店・広告ネットワークへの対策が強化されるものと思われます。
 法整備の要望については、「リーチサイト規制」はともかく、「ダウンロード違法化の漫画への適用」は、漫画だけでいいの? と言いたくなります。「(違法アップロードである)事実を知りながら行う場合」の要件を満たすためには、違法アップロードかどうかをユーザーが判別できるようになっている必要も。まず、正規版を見分けられる手段の提供を、早期に実現してください。

書籍全文をデータ化、検索容易に 改正法成立、著作権者の許諾不要〈共同通信(2018年5月18日)〉 はてな

 「柔軟な権利制限」として議論が続けられてきた著作権法改正が、ついに成立。文科省による概要と新旧対照表などはこちら
 ちなみに改正案が閣議決定されたとき、読売を除く新聞各社と時事通信は「デジタル教科書」だけをピックアップしているのに対し、共同通信は「書籍の全文検索サービス」をメインでとりあげ、NHKは「人工知能の学習のため」がメインになっていました。読売は報道なし。
 共同通信は今回も同じで、毎日は共同のまま、産経は「書籍の全文検索サービス」と「教育ICT」対応の2本、NHKはやはりAI利用が中心でした。そして読売・朝日・時事は現時点で報道なし(※いずれもウェブ上でチェックしたので、紙面には載っているかもしれません)。なんなんだこのスタンスの違いは。

海賊版サイトのブロッキング、総務省が政府決定前に通信3社に実施要請〈日経 xTECH(2018年5月18日)〉 はてな

 自主的な取り組みであって「要請はしていない」というスタンスだったはずなのに、実は事前に直接訪問して要請していた事実が発覚。「サイトブロッキングを実施しても行政指導することはなく、通信の秘密の侵害で訴えられても政府が責任を負う旨を説明し、対応を求めた」そうです。憲法21条違反。

 中村伊知哉氏が当初「政府は法的リスクを負い、ゴーサインを出す」と言っていたのに、

 NTTがブロッキングの方針を打ち出したあとに「現時点でのブロッキングは緊急避難の要件を満たしそうにない」とトーンダウンしたのを思い出します。

TPP11の承認案 今国会で成立へ〈日本経済新聞(2018年5月18日)〉 はてな

 これで著作権保護期間延長が確定……のはずなのですが、トランプ大統領がTPP復帰を検討という報道もあり、TPP11がご破算になる可能性も微レ存?

お知らせ

 鷹野凌の個人ブログで毎週更新してきたこの「出版業界関連の気になるニュースまとめ」ですが、運営基盤を「HON.jp News Blog」へ移行し、10月1日以降はメールマガジン(無料)のみの配信となります。引き続き購読を望まれる場合は、こちらのフォームからHON.jpメールマガジンにご登録ください

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 187 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

カナダの“海賊党”が著作権まるで無視のフリーEブックサイトを再オープン  2013年にいったん“離党”したカナダの海賊党のリーダーが、Ebook.bikeというサイトを立ち上げ、北米を中心に著者の気持ちを逆なでしている。  海賊党のトラヴィス・マクレエのような活動家は世界中におり、もちろんその中にはインターネット上の情報の透明性、プライバシー、言論の自由、反腐敗を...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
三田誠広×赤松健×大塚大×福井健策×瀬尾太一シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」3月20日開催(オーファンワークス実証事業実行委員会)...  日本文藝家協会や日本漫画家協会など9つの権利者団体で構成されるオーファンワークス実証事業実行委員会は3月20日、オーファンワークス(孤児著作物)実証事業の報告シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」を開催する。パネルディスカッションの登壇者は、小説家・三田誠広氏、マンガ家...
講談社、新小説投稿サイト「セルバンテス」をオープン ~ 「レジェンドノベルス」と密接な関係...  株式会社講談社は昨年末にプレオープンしていた小説投稿サイト「セルバンテス」を、2月25日に正式オープンした。セルバンテスは、投稿小説を出版しているレジェンドノベルスと同じチームにより運営される投稿サイト。ネット投稿で生まれた作品を電子書籍やリアルの紙の本で売るという流れを加速するとしている。 ...
KADOKAWA、ライトノベルをレコメンドするスマホ向けサイト「キミラノ」を今春オープン  株式会社KADOKAWAは2月19日、ユーザーの好みを解析してオススメのライトノベルを紹介してくれるスマホ向けウェブサービス「キミラノ」を、2019年春から開始することを発表した。キミラノには「角川スニーカー文庫」「ファンタジア文庫」「電撃文庫」「ファミ通文庫」「MF文庫J」「ノベルゼロ」の6つの...