LPのライナーノーツ本のコンテンツはスポティファイのオーディオファイルとして生まれ変わる?

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 英ブルームズベリー出版の「33 1/3」といえば、音楽アーティストのアルバムについて短いノンフィクション形式で書かれた131タイトルのシリーズで、紙版の他にEPUBやPDFでも手軽に読め、ポップミュージック全般に渡る名アルバムに有名なところではジョナサン・レイサムが寄稿している。

 ロイター通信によると、5月8日に定額音楽配信サービスのスポティファイがブルームズベリーと提携して「33 1/3」のコンテンツを買いとり、「色々なフォーマットとして」配信するという。

 経済紙フォーブスによると、スポティファイはこれからの成長戦略として、オーディオブックに目をつけており、デイビッド・ボウイからニルヴァナまでカルト的人気を誇るアーティストについて熱く語る内容の「33 1/3」はコンテンツとして融合性が高いと判断した。

 問題は、どういうフォーマットにするかで、オーディオブックとして売るのか、語られているアルバムとミックスメディアのバンドルにするのか、オーディオブックとアルバムが交互に聴けるような形で、熱心な音楽ファンがライナーノーツを読み込むようなことがスポティファイでできるようになるのか、4月にニューヨーク株式市場で上場したばかりのスポティファイの行く末が注目されている。

関連リンク

ロイター通信
https://www.reuters.com/article/brief-bloomsbury-publishing-announces-co/brief-bloomsbury-publishing-announces-content-partnership-with-spotify-idUSFWN1SF0BJ
ブルームズベリー出版「33 1/3」シリーズのサイト
https://www.bloomsbury.com/us/series/33-13/
フォーブス紙の記事
https://www.forbes.com/sites/adamrowe1/2018/05/08/why-spotify-audiobook-33-13-deal-intruiging/#3b01012e12f5

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 148 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

米オーディブルが和解に応じて期限切れのキャンセル分を返却  アマゾン傘下のオーディオブックサービス、オーディブルが2件の集団訴訟で和解した。  この訴訟は Audible.com のアカウントをキャンセルした時や、ギフト会員期間が過ぎるとオーディオブックと交換できるクレジットが失われることを、ユーザーに伝えてなかったという内容だった。米連邦の商業法で...
企業向けのオーディオブック定額サービス「audiobook CAMP」開始 ~ 新社会人や若手ビジネスパーソン向け選者に瀧本哲史氏やけんすう氏など...  株式会社オトバンクは4月4日、企業向けのオーディオブック定額サービス「audiobook CAMP」の提供を開始した。6人の選者が選んだ新社会人や若手ビジネスパーソン向けオーディオブックを、毎月2冊、利用者1人あたり月額2100円(税込)で聴くことができる。  6人の選者は、「教養」ジャンル...
上田渉「“第二の電子書籍市場”オーディオブックの可能性とこれから」3月13日開催(日本電子出版協会)...  一般社団法人日本電子出版協会は3月13日、株式会社オトバンク 代表取締役会長 上田渉氏を講師に迎え、セミナー「“第二の電子書籍市場”オーディオブックの可能性とこれから」を開催する。 イベント概要 日時 2019年3月13日(水)15時から17時30分(14時30分受付開始) 場所 東...
ソニー「Reader Store」でオーディオブックの取り扱いを開始 ~ 「audiobook.jp」のオトバンクと提携...  株式会社ブックリスタと株式会社オトバンクは11月22日、ブックリスタがストアシステムを提供する電子書店「Reader Store」でオーディオブックの取り扱いを開始したことを発表した。購入したオーディオブックは、Android・iOSの「Reader」アプリで再生できる。  本を開くとまず表...
アップルがオーディオブック販売準備を出版社に促す  今フランクフルトで行われている世界最大のブックフェアで、オーディオブックの新プラットフォームを近々発表するので、アップルが出版社に「準備をしろ」と促している、と英業界紙ブックセラーが伝えている。  ローンチの日こそ伝わっていないが、アップル関係者の話ぶりだと来週にも発表されるのでは、とされて...
iOS 12でアップルの電子書店が大幅リニューアル  iPhone Xの新3機種が発表され、iOS 12にアップデートされたのと同時に、「iBooks」が「Apple Books(アップル・ブックス)」となった新アプリがリリースされた。  目新しいのはアプリのタブに5つ目となる「オーディオブック」が加わったことだ。リニューアルデザインは6月のW...
「読書専用端末の時代は終わった?」「出版物の正規版配信認定マークにほとんどの電子書店が参加へ」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年9月3日~9日)...  先週は「読書専用端末の時代は終わった?」「出版物の正規版配信認定マークにほとんどの電子書店が参加へ」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年9月3日~9日分です。 読書専用端末の時代は終わったのか〈マガジン航(2018年9月3日)〉 ...
2018年は英米でオーディオブック“元年”となるのか?  イギリスでオーディオブックは正式に2018年出版のトレンドになった、と主張するのは経済誌フォーブスのアダム・ロウ記者で、英出版業界紙「ザ・ブックセラー」で2017年の売上は前年比45%増の9700万ポンドに上ったことを受けてこれを評したもの。  消費者が紙の本からデジタル版に移行する過程で、...
「大日本印刷のPOD受注がグループ外書店にも拡大」「海賊版対策検討会議と情報法制研究所のシンポでブロッキングの賛否激論」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年8月27日~9月2日)...  先週は「大日本印刷のPOD受注がグループ外書店にも拡大」「海賊版対策検討会議と情報法制研究所のシンポでブロッキングの賛否激論」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年8月27日~9月2日分です。 出版物輸送、2~3年以内に撤退も〈カーゴニ...
オトバンクがオーディオブック利用傾向アンケート調査の結果を発表 ~ オーディオブック利用者の約半数が「読書する機会が増えた」と回答...  株式会社オトバンクは8月2日、オーディオブックの利用者を対象としたアンケート調査結果を発表した。47%が「読書する機会が増えた」、14%が「オーディオブックをきっかけに原作を読んだ」、10%が「本屋や図書館に行く機会が増えた」と回答しており、オーディオブックの利用をきっかけに、読書習慣が活発になっ...