元編集者ベストセラー作家の虚言癖に英米出版業界が騒然

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』といえば、昨年刊行され、アメリカやイギリスでベストセラーとなった心理スリラーだが、著者が売れっ子作家として人前に出るようになり、その言動に数々の嘘があることがわかったと、ニューヨーカー誌が伝えている。

 A・J・フィンという性別不明のペンネームを使って発表したデビュー作がいきなりニューヨーク・タイムズのベストセラーチャート第1位登場という快挙を成し遂げたが、編集者時代の著者ダン・マロリーを知る出版人は、その数々の虚言にとまどっているようだ。

 その嘘とは、かつてオックスフォード大学で教鞭をとっていた、不治の脳腫瘍を患っている、といったものから、「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングがペンネームで書いたスリラー『The Cuckoo’s Calling』を読んで出そうと言ったのは自分だった、などいうもの。(39歳で、ゲイであること、双極性障害を患っていることなどは自他に認める真実だ。)

 その一方で、一時期は大手出版社ハーパー・コリンズの文芸インプリント、ウィリアム・モローのエグゼクティブ・エディターという地位にあったマロリーは、弟ジェイクの名を騙り、脳腫瘍治療の詳細を同僚らに書き送ってきては、無断欠勤を繰り返してきた。

 心理サスペンスといえば、ジリアン・フリンの『ゴーン・ガール』(2012年)、ポーラ・ホーキンズの『ガール・オン・ザ・トレイン』(2015年)など、ミリオンセラーになった作品が多いジャンルで、『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』もエイミー・アダムスとゲイリー・オールドマン主演で映画化が進行中だ。

 これらの本に共通するのは「信頼できない語り手」「殺人事件」「犯人はサイコパス」という点だが、果たして著者が信頼できない語り手であるのは許容範囲なのかどうか、マロリーといっしょに仕事をしたことのある出版人は一様に戸惑っている。

参考リンク

ニューヨーカー誌の記事
https://www.newyorker.com/magazine/2019/02/11/a-suspense-novelists-trail-of-deceptions
次作の刊行に関するガーディアン紙の記事
https://www.theguardian.com/books/2019/feb/07/second-aj-finn-novel-on-way-despite-dan-mallory-scandal-says-publisher

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 148 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

国際ブッカー賞の最終ノミネート作品発表、アジア勢はゼロ  4月9日に2019年のマン・ブッカー国際文学賞の最終ノミネート作品6タイトルが発表された。5月21日に最優秀作品が発表されるが、今年はアジア勢の著書は入らなかった。  昨年度『逃亡派』(EXLIBRIS)で同賞を受賞したオルガ・トカルチュクが、もう1人の翻訳者とともにノミネートされている他、...
米オーディブルが和解に応じて期限切れのキャンセル分を返却  アマゾン傘下のオーディオブックサービス、オーディブルが2件の集団訴訟で和解した。  この訴訟は Audible.com のアカウントをキャンセルした時や、ギフト会員期間が過ぎるとオーディオブックと交換できるクレジットが失われることを、ユーザーに伝えてなかったという内容だった。米連邦の商業法で...
クラウドレストラン評の先駆け、ザガット・ガイドが紙版で復刻  えんじ色の縦長の冊子で毎年エリア別のレストランがランク付けされる「ザガット・ガイド」がこの秋、復活するとニューヨーク・タイムズが伝えている。  2016年で冊子型のガイドを作るのを止め、オンラインに移行していたザガットだが、今秋発表される2020年度のサーベイ結果は、まずはニューヨーク版をプ...
マイクロソフトがEブックを終了、購入分は払い戻しへ  2017年4月にスタートしたマイクロソフト・ストアのEブック(当時の記事)は、4月2日付で閉店した。7月以降は既に購入した本も読めなくなることとなり、ユーザーがこれまでに購入した全てのEブック分は払い戻しされる。  新たにEブックを購入することはできないが、払い戻しが処理される7月まで購入分...
フェイスブックがコンテンツ代を払うという発言に沸き立つ出版業界  フェイスブックなどのSNSが無料でニュース記事が読めるプラットフォームとして定着し、窮地に追いやられていた米マスコミ業界だが、マーク・ザッカーバーグCEOの「これからはニュースコンテンツに金を出す」という発言を注意深く見守っている、とビジネスニュースサイトの「ビジネス・インサイダー」が伝えている。...
Eブックよりも紙の本の方が子どもとの絆が深まるという研究結果  小さい子どもにはタブレットより紙で本を読む方が親との触れ合いが高まるという研究結果が出たと、ニューヨーク・タイムズ紙が伝えている。  早い時期での読み聞かせによる神経発達、教育成果、社会性向上の利益は既に指摘されているが、最新の研究結果では、紙の本の方が親子の絆を深めるのにより良いとする結果...
セミナー「アメリカに日本のマンガを輸出する」4月22日東京で開催(松井剛/日本電子出版協会)...  一般社団法人日本電子出版協会は4月22日、セミナー「アメリカに日本のマンガを輸出する」を東京で開催する。登壇者は同名著作を3月14日に有斐閣から刊行した、一橋大学大学院経営管理研究科教授 松井剛氏。 イベント概要 日時 2019年4月22日(月)15時から17時30分(14時30分受付開...
アップルの米定額読み放題サービスに参加した雑誌出版社、拒否した新聞社  3月25日にアップルが発表した「アップル・ニュース・プラス」という定額読み放題(毎月10ドル)サービスには300誌ほどの雑誌が参加したが、新聞は3紙(ロサンゼルス・タイムズ、トロント・スター、ウォール・ストリート・ジャーナル)しかない。新聞業界ではここ10年ほど、リストラや、広告費の減少や、部数の...
英書店チェーンの従業員が最低限の生活賃金を求めて署名運動  イギリス最大手の書店チェーン、ウォーターストーンズの従業員約6000人が「真の生活賃金」分の時給を求めて署名運動を起こしたと複数のメディアが報じている。  生活賃金基金(The Living Wage Foundation)によるとロンドン近郊の生活賃金は時給10.55ポンド(約1536円)...
『嵐が丘』のモデルとなった家が売りに出される  イギリスの西ヨークシャーで17世紀に建てられた「ポンデン・ホール」という古い一軒の家が売りに出されている。ここはブロンテ姉妹が19世紀によく訪ねた場所で、今は旅館になっている。4エーカー(約1万6187平方メートル)ほどの土地に建った460平方メートルほどの一軒家からは、ポンデン貯水池やパノラマの...