好きな本を誰かにギフトとして贈ることが可能な電子書店

Photo by Bru-nO (Pixabay)
Photo by Bru-nO (Pixabay)

《この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です》

 あなたが好きな電子書籍を、家族や友人などにギフトとして贈ってみませんか? 金券的なギフトカードではなく、任意の本をギフトとして購入して誰かにプレゼントできる電子書店を集めてみました。もし他にもギフトができるところがあれば、情報をお寄せください

Reader Store

ReaderStore
Reader Store
 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する電子書店「Reader Store」では、商品詳細ページの「プレゼントする」ボタンから購入すると、受取用URLが発行されます。メールなどで共有すればOKです。(2019/3/19追記)

達人出版会

達人出版会
達人出版会
 株式会社達人出版会の直営電子書店では、商品詳細ページの「ギフトで購入」ボタンから、送付先のメールアドレス・送り主のお名前・メッセージを添えてプレゼントできます。(2018/12/21追記)

honto 電子書籍ストア

honto 電子書籍ストア
honto 電子書籍ストア
 大日本印刷株式会社が運営するハイブリッド型総合書店「honto」の電子書籍ストアでは、商品詳細ページの「ギフト購入」から、送付先のメールアドレス・宛名・メッセージを添えてプレゼントできます。ヘルプはこちら

Apple Books

Apple Books
Apple Books
 日本ではiTunes株式会社が運営している電子書店「Apple Books(旧iBooks Store)」では、商品詳細ページのプレゼントアイコンから、送付先のメールアドレス・贈り主の名前・メッセージを添えてプレゼントできます。ヘルプはこちら

紀伊國屋書店ウェブストア(Kinoppy)

紀伊國屋書店ウェブストア
紀伊國屋書店ウェブストア
 株式会社紀伊國屋書店が運営する「紀伊國屋書店ウェブストア(Kinoppy)」では、電子書籍の商品詳細画面「プレゼント用カートに入れる」ボタンから、送付先のメールアドレス・贈り先の名前・メッセージを添えてプレゼントできます。ヘルプはこちら

まんが王国

まんが王国
まんが王国
 株式会社ビーグリーが運営する電子書店「まんが王国」では、商品詳細ページの「ギフト購入」アイコンから購入したい対象巻を選び、贈り主のニックネームを入力すると、受取用URLとQRコードが表示されプレゼント用として共有できます。ヘルプはこちら

ラクラクコミック

ラクラクコミック
ラクラクコミック
 株式会社メディアーノが運営する電子書店「ラクラクコミック」では、商品詳細画面の「友達にプレゼントする」ボタンから購入すると、Facebook、LINE、メールなどを使ってギフト用のURLを共有できます。ヘルプはこちら

 なお「ラクラクコミック」は2018年7月に、楽天株式会社が運営していた「楽天マンガ」をメディアーノが事業継承して名称変更したサービスです(HON.jp News Blogのまとめ記事)。

Kindleストア(※日本未対応)

 Amazon.comの「Kindle Store」では、2018年7月に新機能「Buy For Others」が始まり(HON.jp News Blogの記事)、献本などにも利用可能となりました。残念ながら本稿執筆時点で、日本では未対応です(ヘルプ)。

Google Play ブックス(※日本未対応)

 Googe Inc.の「Google Play Books」では、2016年10月にギフト機能が追加されました(HON.jp News Blogの記事)。残念ながら本稿執筆時点で、日本では未対応です(ヘルプ)。

オピニオン

「電子書籍は便利だけど、プレゼントができないのが不満」という声をたまに目にする。ギフトに対応していない電子書店しか利用していないと、そういう誤解をするのも無理はない。電子書店はサービスなので、どの電子書店を利用するかによって、利用できるサービスにも差がついてしまうのだ。こういったサービス格差は、ユーザーからの要望によって埋めることができる、かもしれない。

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 188 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

まんが王国、会員数200万人突破  株式会社ビーグリーは1月24日、運営する電子書店「まんが王国」の会員数が200万人を突破したことを発表した。現在これを記念し、「200万ポイント山分けキャンペーン」が開催されている。  まんが王国は2006年に、フォーチャーフォン向けコミック配信サービスとして開始。その後、スマートフォンやタ...
丸善ジュンク堂書店の店頭検索機と「honto with」で近刊タイトルの予約が可能に  紙でも電子でも買えるハイブリッド型総合書店「honto」は1月28日、提携する株式会社丸善ジュンク堂書店の店頭検索機と、アプリ「honto with」で申し込める「店頭お受け取り」サービスで、近日発売予定商品の予約受付を開始した。  これまで丸善ジュンク堂書店の店舗で近刊を予約する場合は、電...
iOS 12でアップルの電子書店が大幅リニューアル  iPhone Xの新3機種が発表され、iOS 12にアップデートされたのと同時に、「iBooks」が「Apple Books(アップル・ブックス)」となった新アプリがリリースされた。  目新しいのはアプリのタブに5つ目となる「オーディオブック」が加わったことだ。リニューアルデザインは6月のW...
「iBooks」の後継アプリ「Apple Books」のティザーサイト日本語版が公開  Apple Japan は6月21日、WWDC 2018で発表された「Apple Books」のティザーサイト日本語版を公開した。現在提供されている「iBooks」の後継アプリとして、今秋登場予定の iOS 12 正式版とともに提供される予定だ。  iOS 11の「iBooks」は、下部のメ...