「KADOKAWAが書店との直接取引をさらに増やしていく方針」「楽天マンガ売却」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年7月16日~22日)

まとめ

《この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です》

 先週は「KADOKAWAが書店との直接取引をさらに増やしていく方針」「楽天マンガ売却」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年7月16日~22日分です。

40年間続いた「若者の活字離れ」。書店店長が今、思うこと〈PHPオンライン 衆知(2018年7月17日)〉 はてな

 さわや書店フェザン統括店長 田口幹人氏による『もういちど、本屋へようこそ』(PHP研究所・8月4日発売予定)から一部抜粋・編集した事前紹介記事。「若者の活字離れ」と言われ始めたのは1977年ごろからで、そこから20年間は出版販売額が伸び続けていたという指摘や、古書店や図書館で読む人あるいは画面に表示される文字を読む人はむしろ増えているという指摘、「活字離れ」より「本屋離れ」と表現したほうがいいといった指摘を、書店側の立場から発信しています。

キンドルの読み放題サービスとヨメヨメ詐欺の攻防は続く〈hon.jp DayWatch(2018年7月17日)〉 はてな

 読み放題サービス「Kindle Unlimited」の「読まれた」判定をハックする技が編み出されては対策され、というイタチごっこが続いています。実際、どうやって「読まれた」と判定するかを思考実験してみると、自動ページめくり機を使われた場合など、運営側にはどうやっても回避不能なハックが存在することに気づきます。中国で「App Store」や「Google Play」のランキング操作をするための「クリック農場」が稼働しているという話がありますが、似たようなことは当然アマゾンでも可能なわけです。レビューを不正操作する業者の噂もあります。オンラインでサービスを提供するというのは、こういった不正と戦い続けることでもあるのでしょう。

<東証>メディアドゥが急反発 中期経営計画を好感〈日本経済新聞(2018年7月18日)〉 はてな

 週末に発表された第1四半期報告書で、今期の営業利益が横ばいなのを受けて株価が14%近く下落していたのが、週明け発表された中期経営計画を受けて急反発。マンガは海賊版の影響で伸びが抑制されていただけだからまだ伸びる余地がある、文字モノは端末でテキストを読むのに慣れた世代が増えることにより拡大する、といった見通しを示しています。実際、第1四半期決算説明資料を見ると、4月中旬の海賊版サイト閉鎖を受け、昨年11月ごろから昨対比110%程度になっていた伸び率が、4月・5月には120%、6月には140%まで回復しているようです。正規版電子書店へのホワイトマーク付与にも言及されています。また、コンテンツ入稿・配信システムの統合や、ブロックチェーン技術研究も行う計画のようです。IR資料はこちら

イギリスでピークを過ぎた?Eブックに代わりハードカバーが再浮上か〈hon.jp DayWatch(2018年7月20日)〉 はてな

 イギリスで、ハードカバーの売り上げが伸びているそうです。Eブックの市場占有率が一時40%までいっていたのが、29%まで減らしているというのも驚き。「Author Earnings」がずっと主張しているように、市場統計に出てこないセルフ・パブリッシングなどが伸びているのでしょうか?

SF出版レーベルTorがEブック新刊を図書館に出すのを4ヶ月延期へ〈hon.jp DayWatch(2018年7月21日)〉 はてな

 刊行と同時に電子図書館へ配信することが、販売数に影響しているのではという疑念からの実験的措置。Rakuten OverDriveなど電子図書館サービス提供者側は、「Buy it Now」の実績を公開するなど、販売数増への貢献度を対外的にアピールしていく必要があるように思います。

KADOKAWA、書店と直接取引3倍に 「取次」介さず翌日配送も〈日本経済新聞(2018年7月22日)〉 はてな

 KADOKAWAは2015年ごろからアマゾンや紀伊國屋書店などとの直接取引を開始していますが、すでに1000店を超えているというのが驚き。また、今後3300店に増やす計画とのこと。所沢の流通拠点が本格稼働するのに合わせて、ということでしょうか。「自社印刷」とあるので、PODのショートランを活用し倉庫の必要性を圧縮していく、という方向性なのだと思われます。金融機能はそのまま取次が担う、というのがポイント。取次は今後、物流機能を減らし、代金回収の手数料だけ取得する形になっていくのでしょう。

マンガ家育成支援事業「トキワ荘プロジェクト」のNPO法人NEWVERYが人材紹介事業と受託業務事業を新たに開始〈hon.jp DayWatch(2018年7月17日)〉 はてな

 「トキワ荘プロジェクト」のNPO法人NEWVERYによる新たな試みです。「プロのマンガ家になる」以外の道の提示と、マンガを描く技術を活かした業務委託の仲介。まだクローズドβの段階ですが、大きな可能性を感じました。

楽天、MTI系のメディアーノに『楽天マンガ』と『コミック★まんが学園』を売却〈Social Game Info(2018年7月22日)〉 はてな

 立ち上げ当時、なぜ「楽天Kobo」があるのにわざわざ別途コミック専用サービスを立ち上げる必要があるのか? と、多くの人が疑問に思ったのではないでしょうか。私も当時、理由を考察して「兵は拙速を尊ぶ」「少々まずい作戦であっても、勝てばいい」「勝てれば、ね」というコメントを残しています。結局、2年少々で他社へ手放すことに。もっとも、対価として4130万円を受け取ることになっているので、経営的には少なくとも「負けなかった」とは言えるのかも?

お知らせ

 鷹野凌の個人ブログで毎週更新してきたこの「出版業界関連の気になるニュースまとめ」ですが、運営基盤を「HON.jp News Blog」へ移行し、10月1日以降はメールマガジン(無料)のみの配信となります。引き続き購読を望まれる場合は、こちらのフォームからHON.jpメールマガジンにご登録ください

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 205 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習/を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」が3周年。今年秋には稼げる仕組みを加え、新たなステージへ...  株式会社KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」は、2016年2月のオープンから3周年を迎えた。これまで投稿・公開された作品は10万点を超える。常時さまざまなコンテストやイベントを開催してユーザーを盛り上げ、話題となった『横浜駅SF』(柞刈湯葉/カドカワBOOKS)や、TVアニメ化が決定した『...
紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携...  株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。  「Ki...
電子専門出版社の成功事例 ~ 返本ゼロと絶版復刻  本稿は「出版ニュース」2019年3月上旬号へ寄稿した原稿の転載です。以下、縦書き原稿を横書きに変換してあるのと、リンクを張ったり改行を少し増やしたりしてありますが、文体は掲載時のまま(常体)です。  最終回は、明るい話題で締めくくりたい。[注:出版ニュースは3月下旬号にて休刊、筆者の連載はこ...
アイタロー×ナカシマ723×鈴木みそ「報奨金総額2000万→5000万のKindleインディーズトップ体験談トーク」3月23日開催(マンガ新聞)...  株式会社メディアドゥのマンガ新聞は3月23日、トークイベント「報奨金総額2000万→5000万のKindleインディーズトップ体験談トーク」を開催する。登壇者はマンガ家のアイタロー氏とナカシマ723氏。聞き手は鈴木みそ氏。 イベント概要 日時 2019年3月23日(土)15時から16時3...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
KADOKAWA、ライトノベルをレコメンドするスマホ向けサイト「キミラノ」を今春オープン  株式会社KADOKAWAは2月19日、ユーザーの好みを解析してオススメのライトノベルを紹介してくれるスマホ向けウェブサービス「キミラノ」を、2019年春から開始することを発表した。キミラノには「角川スニーカー文庫」「ファンタジア文庫」「電撃文庫」「ファミ通文庫」「MF文庫J」「ノベルゼロ」の6つの...
読書メーター、投稿レビューをダ・ヴィンチニュースへ連携掲載開始  株式会社トリスタが運営する「読書メーター」は2月19日、株式会社KADOKAWAが運営する「ダ・ヴィンチニュース」と提携したことを公式ブログで告知した。読書メーターへ投稿されたレビューは、ダ・ヴィンチニュースの本の紹介ページにも連携掲載される。  読書メーターは2018年4月に、出版社や電子...
「諦めが悪いんですよ」電子専門出版社の生存戦略 ~ 株式会社アドレナライズ 代表取締役 井手邦俊氏インタビュー...  急成長を続けいまや太い「柱」となった感のある電子コミック市場に対し、「文字もの」と呼ばれる電子書籍市場はいまだ書籍市場の4.4%程度。成長市場ではあるものの、その規模はまだまだ小さいのが現状だ。そんな中、ほとんどのラインアップが文字ものという、電子出版専門の出版社が存在する。それが株式会社アドレナ...
出版デジタル機構がメディアドゥを吸収合併し電子取次事業などの集約予定を発表 ~ 存続会社は名称をメディアドゥに変更、新設立の出版デジタル機構がW3CやJPOなどと連携協力...  株式会社メディアドゥホールディングスは1月15日、連結子会社の合併に関するお知らせを発表した。株式会社出版デジタル機構が株式会社メディアドゥを3月1日に吸収合併し、電子書籍取次などの既存事業を集約する。合併後の法人名は、出版デジタル機構からメディアドゥへ変更される。また、新たに同名企業の出版デジタ...
要約を活用した読書コミュニティ「flier book labo」が3月から開始、無料体験会の参加申込み受付中...  本の要約サイト「flier」を運営する株式会社フライヤーは12月19日、要約を活用した読書コミュニティ「flier book labo」を3月から正式スタートすることを発表した。2月に2回実施される無料体験会の参加申込み受付が開始されている。  フライヤーは、メディアドゥグループでメディア・...