「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年7月9日~15日)

まとめ

《この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です》

honto

 先週は「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年7月9日~15日分です。

雑誌休刊は悲しむべきじゃない?――本格化する電子版への移行〈ダ・ヴィンチニュース(2018年7月9日)〉 はてな

 「出版月報」の「Magazine & Multimedia Information」というコーナーに、創刊誌・休刊誌・改題・刊行変更の情報が載っています。ウェブマガジンへの移行は「刊行変更」ではなく「休刊」として扱われていて、いつも「まだ続いているのに……」という気分にさせられます。この記事でまつもとあつし氏が言うように、前向きな言葉で伝えて欲しいものです。

出版業界が軽減税率の適用目指して「有害図書排除」へ 「何を以て『有害』指定するのか。何がエロになるのか不明」と懸念する声も〈キャリコネニュース(2018年7月10日)〉 はてな

 第三者委員会の「出版倫理審議委員会」を設立し、自主的に「出版倫理コード」を付与して軽減税率適用を目指すとのこと。業界自らの手で「有害図書」か否かを決めるという、まことに愚かな方向へ突き進んでいます。記事内にもありますが、山田太郎元参議院議員が2016年の予算委員会で麻生太郎財務大臣(当時)から、憲法84条の租税法律主義によって民間団体が軽減税率の対象を決めるのは難しいという答弁を引き出しています。それを無視するつもりなのか。どうやら、有害図書かどうかではなく「ただのコードだから」で線引きしようと目論んでいるらしいのですが。バカですか。筒井哲也氏の『有害都市』で憂慮されていた未来が、現実のものになってしまいそうです。

「マンガ図書館Z」のJコミックテラスをメディアドゥホールディングスが子会社化〈hon.jp DayWatch(2018年7月10日)〉 はてな

 「Jコミ」時代から追いかけてきた身としては、落ち着くところに落ち着いた感。いちばん古い記事は2012年4月でした。「絶版マンガ図書館」に変わった2014年7月の記者会見や、GYAOと組んだ2015年8月の記者会見にも行ってます。GYAOはヤフーグループなので、2016年9月にイーブックイニシアティブジャパンがヤフーの子会社になったのが、「マンガ図書館Z」を同グループ内でのポジションを微妙なものにしていたのだろう、という想像ができます。講談社も資本を入れたそうですが、メディアドゥホールディングスに資本を入れている他の大手出版社も、もしかしたら続く?

「坂道・閉店」情報が鉄板企画 「枚方つーしん」異色社長の成功論〈withnews(2018年7月11日)〉 はてな

 ローカルメディアの成功事例。枚方市を拠点として、月間300万PVをたたき出しているそうです。「『枚方愛』を押し出していない」というのは興味深い。

「ブックパス」がWow!IDに対応してau回線契約なしでも利用可能に〈hon.jp DayWatch(2018年7月11日)〉 はてな

 hon.jp DayWatch のニュース記事では、なるべく個人の意見は出さないようにしているのですが、それでも思わず「ようやく」と書かずにはいられなかったニュース。ともあれ、オープン化の方向性は歓迎します。

ツイッターが偽フォロワー削除へ 数千万件の見通し〈共同通信(2018年7月12日)〉 はてな

 ずいぶん前から “buy followers” などのキーワードで検索すれば売ってるところがゴロゴロ見つかっていたわけですが、Twitter社がようやく対処。オバマ元大統領が240万人減ったというニュースもありますが、「率」からすればフォロワー数の多い人が「数」を多く減らすのは当たり前の話。ふつうの人は多くても数%程度の減少に留まっているようです。ちなみに私は、10人くらい減りました。いままでの推移は「Twilog Stats」ですべて確認できます。

「ネット書店課税」創設を要望 実店舗経営者、自民党の会合で〈共同通信(2018年7月12日)〉 はてな

 リアル書店の苦境はわかりますが……。反響を見ると「われわれは固定資産税を払っている」という言い分が猛反発されています。ネット通販企業だって、倉庫の固定資産税は払っているはず(アマゾンに対し「法人税を日本で払っていない」と言うならまだ理解できますが)。「ライバルの足を引っ張ってください」という要望は、なかなか世の中から支持されづらいのではないでしょうか。

京極夏彦氏はここまで「読みやすさ」を追求していた 版面の細かい制御のため、InDesignで小説を執筆〈JBpress(2018年7月12日)〉 はてな

京極夏彦氏が一挙公開、ルビと禁則処理の法則 文字詰め、改行、記号などを整理して今のスタイルに行き着いた〈JBpress(2018年7月13日)〉 はてな

 京極夏彦氏が自ら InDesign で組んで入稿しているというのは知っていたのですが、ここまでこだわっているとは。「ぶら下がり」「追い込み」「追い出し」が発生しないように、表現を変えて文字数調整しているというのは、良い意味で「ヘンタイ」的であります。1行だけ次のページにはみ出さないように、言い替えたりといった配慮は私もやる場合がありますが、その徹底具合がすごい。おいそれと真似できるものではないです。

故人のSNSは「遺産」 相続認める ドイツ裁判所〈NHKニュース(2018年7月13日)〉 はてな

 死亡した人のアカウントを遺産とみなした司法判断は珍しいとのことですが、むしろ当然の方向性なのではないかと思います。日記と同じです。ライフログ=人生の記録なのですから。

少女・女性向け漫画、立ち読み可能にしたら売り上げ増〈朝日新聞デジタル(2018年7月13日)〉 はてな

 良い実験。どこもかしこもマンガは立ち読み防止のシュリンクパックがかかっていますから、良い集客手段、良い差別化になっているのでしょう。「少年・青年向け漫画では売り上げに顕著な変化はなかった」というのが気になるところではありますが。

【超衝撃告知!!】ガチ勢よ刮目せよ! 新サイト「コロコロオンライン」爆誕予告!!〈コロコロオンライン(2018年7月13日)〉 はてな

 「スプラトゥーン」「ビックリマン」「ポケットモンスター」などの連載記事(マンガではない)が曜日に合わせ毎週更新されるのと、「つるピカハゲ丸」「ゲームセンターあらし」「ポケットモンスター」などのマンガがリバイバル連載される新メディア。7月13日に予告で、14日にオープンというのはちょっと。子供向けなのにやたら漢字多いし、ウェブでもルビ振れるんだから、もうひと手間かけて欲しいところ。

小学館、『月刊コロコロコミック』7月号の漫画をネットで無料公開 平成30年7月豪雨を受けて〈ねとらぼ(2018年7月15日)〉 はてな

 直前に「コロコロオンライン」オープンのお知らせを見ていたので、「ああ、宣伝にもなるし、いいことだな」と思ったのですが、公開されている場所は「コロコロ公式サイト(http://www.corocoro.tv/)」。「コロコロオンライン(https://corocoro.jp/)」とはまったく連携していません。うーん、もったいない。

お知らせ

 鷹野凌の個人ブログで毎週更新してきたこの「出版業界関連の気になるニュースまとめ」ですが、運営基盤を「HON.jp News Blog」へ移行し、10月1日以降はメールマガジン(無料)のみの配信となります。引き続き購読を望まれる場合は、こちらのフォームからHON.jpメールマガジンにご登録ください

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 205 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習/を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

日本マンガ学会理事会など、架空表現を規制対象に含める国連子どもの権利委員会策定ガイドライン草案に対し見直しを要請...  日本マンガ学会理事会は、国連子どもの権利委員会が策定した「児童売買、児童搾取および児童ポルノに関する子どもの権利条約の選択議定書」の履行ガイドライン草案に対し、架空の表現が規制対象に含まれているとして、ガイドラインの見直しを要請するパブリックコメントを3月31日に提出したことを発表した。  ...
紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携...  株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。  「Ki...
電子専門出版社の成功事例 ~ 返本ゼロと絶版復刻  本稿は「出版ニュース」2019年3月上旬号へ寄稿した原稿の転載です。以下、縦書き原稿を横書きに変換してあるのと、リンクを張ったり改行を少し増やしたりしてありますが、文体は掲載時のまま(常体)です。  最終回は、明るい話題で締めくくりたい。[注:出版ニュースは3月下旬号にて休刊、筆者の連載はこ...
米ヴィズ・メディアが現地のマンガ系グラフィック・ノベルの新インプリント設立  小学館と集英社がアメリカのサンフランシスコで立ち上げたマンガ出版社ヴィズ・メディア(Viz Media)が、日本のマンガやアニメに影響を受けたアーティストらによるオリジナルのグラフィック・ノベルを刊行するインプリント「ヴィズ・オリジナル(Viz Originals)」を創設すると業界誌パブリッシャ...
「諦めが悪いんですよ」電子専門出版社の生存戦略 ~ 株式会社アドレナライズ 代表取締役 井手邦俊氏インタビュー...  急成長を続けいまや太い「柱」となった感のある電子コミック市場に対し、「文字もの」と呼ばれる電子書籍市場はいまだ書籍市場の4.4%程度。成長市場ではあるものの、その規模はまだまだ小さいのが現状だ。そんな中、ほとんどのラインアップが文字ものという、電子出版専門の出版社が存在する。それが株式会社アドレナ...
「ブックパス」で雑誌のみの安価な読み放題プランが提供開始  KDDI株式会社は12月12日から、電子書店「ブックパス」にて月額380円(以下、いずれも税別)で12ジャンル300誌以上が読み放題となる「マガジンコース」の提供を開始した。  ブックパスではこれまで、月額562円でコミック、小説、実用書、写真集、雑誌などが読み放題になるプランを提供してきた...
東京地裁、YouTubeの違法マンガネタバレ投稿者の発信者情報開示を命じる仮処分を決定  東京地方裁判所は11月27日、『闇金ウシジマくん』(真鍋昌平/小学館)の画像や文字情報を投稿する行為が著作権侵害にあたるとし、米YouTube社に対し投稿者の発信者情報開示を命じる仮処分を決定した。株式会社小学館 広報室が明らかにした。  今回の決定は、小学館が東京地裁に対し10月4日に行っ...
大手出版4社と出版デジタル機構が慶應SFCと海賊版サイト対抗手段や電子出版技術基盤などを研究する勉強会を発足...  慶應義塾大学SFC研究所のアドバンスド・パブリッシング・ラボは11月21日、マンガのインターネット流通環境整備に関する勉強会の発足を発表した。海賊版サイトに対抗する手段や、電子出版技術基盤、クリエイターの制作環境整備などに関する研究が主なテーマとなる。  アドバンスド・パブリッシング・ラボ(...
小学館「小説丸」と縦書き表示可能なブログサービス「g.o.a.t」が連携 ~ 第1弾として白河三兎のミステリー小説が無料公開...  株式会社小学館と株式会社KDDIウェブコミュニケーションズは10月22日、小学館の文芸ポータルサイト「小説丸」と、KDDIウェブコミュニケーションズの運営する縦書き表示可能なブログサービス「g.o.a.t(ゴート)」が、連携を開始したことを発表した。  連携第1弾として、小学館が10月25日...
太田出版、北海道による『エロマンガ表現史』の有害図書指定に対し改めて違和感と危惧を表明...  株式会社太田出版は10月17日、同社刊の『エロマンガ表現史』(稀見理都)が北海道青少年健全育成条例の「有害図書類」に指定されたことについて、公式サイトで声明を発表した。これまでメディアからの取材に対し個々に伝えてきた公式見解を、改めて声明として記したものだという。  同社によると、『エロマン...