「マンガ図書館Z」のJコミックテラスをメディアドゥホールディングスが子会社化

メディアドゥ

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 株式会社メディアドゥホールディングスは7月10日、「マンガ図書館Z」の運営会社である株式会社Jコミックテラスの子会社化を発表した。発行済株式の70.5%をヤフーグループの株式会社GYAOから取得する。また、新たに株式会社講談社もJコミックテラスに出資する。

 Jコミックテラスは、2015年6月にGYAOと漫画家の赤松健氏によって設立された。赤松氏が設立した株式会社Jコミから「絶版マンガ図書館」事業を譲り受け、サービス名を「マンガ図書館Z」と変更し運営している。

 赤松氏もTwitter上で、次のような声明を発表している。

 「マンガ図書館Z」は、過去に出版された人気作品を再び世に送り出し、広告収入を作者に還元する仕組み。読者は無料(一部有料含む)でマンガを読むことができる。メディアドゥホールディングスは、このサービスは既存の出版社とは競合せず、むしろ過去の作品を掘り起こすことによって同じ作家の現在の新刊の販売促進につながるとしている。また、無料で合法的にマンガが読める仕組みは、海賊版サイトへの有効な対抗策になりうるとの考えも示している。

参考リンク

Jコミックテラスの子会社化のお知らせ(株式会社メディアドゥホールディングス):
https://www.mediado.jp/mdhd/2285/
マンガ図書館Z:
https://www.mangaz.com/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 187 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
マンガ家とアシスタントのマッチングサービス「GANMO」がバージョン2にアップデート  株式会社Jコミックテラスが提供するマンガ家とアシスタントのマッチングサービス「GANMO」(がんも)は3月7日、バージョン2にアップデートした。HTTPS対応によるセキュリティ向上と、メルアドレス認証ログインの追加、投稿文章の修正機能などに対応している。  GANMO は2012年にサービス...
講談社、新小説投稿サイト「セルバンテス」をオープン ~ 「レジェンドノベルス」と密接な関係...  株式会社講談社は昨年末にプレオープンしていた小説投稿サイト「セルバンテス」を、2月25日に正式オープンした。セルバンテスは、投稿小説を出版しているレジェンドノベルスと同じチームにより運営される投稿サイト。ネット投稿で生まれた作品を電子書籍やリアルの紙の本で売るという流れを加速するとしている。 ...
講談社「DAYS NEO」に週刊少年マガジン編集部が加入 ~ 18誌200人の編集者と出逢えるマッチング型マンガ投稿サイトに...  株式会社講談社のマッチング型マンガ投稿サイト「DAYS NEO」は2月25日、週刊少年マガジン編集部の加入を発表した。「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マガポケ」の編集者が加わり、これで講談社と一迅社あわせて18誌200人のマンガ編集者とのマッチングが可能となった。  DAYS NE...
実効性のない法律に意味はあるのか?「違法ダウンロード範囲拡大を考える院内集会」レポートと考察...  「二次創作のイラストをダウンロードするのも違法となる可能性がある」「悪意ある侵犯者には効果がないような法改正にどんな意味があるのか?」 ── 2月8日に参議院議員会館で開催された「違法ダウンロード範囲拡大を考える院内集会」では、マンガ家の竹宮惠子氏や赤松健氏など、本来は著作権法で権利を守られる立場...