EUの新VATルールが施行、電子書籍の税率20%の英国では作家・ベンダーが価格上昇しないよう苦慮

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】年明け1日から、EU圏では電子書籍などデジタルコンテンツのVAT(付加価値税)の税率が、法人登記国ではなく購入国側の税率に準じることになった。これにより、電子書籍のVAT税率が20%ともっとも高い英国では、多くの作品で大きな値上がりが予想されたが、英The Booksellerサイトによるとそれは避けられたようだ。

 Amazon、AppleやKoboなどの電子書籍ストアは、3%とVAT税率の低いルクセンブルクに法人登記しているため、英国読者にとっては単純に17%相当の値上がりとなるはずだが、作家・出版社・ベンダー側が相当分を値下げすることで、昨年と同価格で納めている模様。

 電子書籍ベンダー各社はお互いに価格を監視し合いながら値段調整するため、それも値上げを抑える効果があったようだ。【hon.jp】

問合せ先:英The Booksellerの記事( http://www.thebookseller.com/news/e-book-prices-stable-following-vat-hike

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /