年明けのVAT制度変更に向けてEU各国の駆け引き始まる、オーストリアは電子書籍も再販対象に

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】年明け1月から、EU圏では電子書籍などデジタルコンテンツのVAT(付加価値税)の税率が、法人登記国ではなく顧客側の税率に準じることになる。この制度変更に向けてEU各国の駆け引きが始まっている。

 オーストリアでは、隣国ドイツと歩調を合わせるため書籍の再販制度を改定し、12月から電子書籍も対象下に置くことを可決。一方、英国では出版社団体Publisher Associationや大手書店が電子書籍のVAT率を紙書籍と同じ0%に統一するよう英政府に要請。

 その一方で多くの欧州出版社は、制度変更に伴う価格上昇分を、AmazonやKoboなどの電子書籍ベンダーがディスカウント要求の材料にしてくることを予想している。EU圏の電子書籍市場は来年、ちょっとした混乱が起こりそうな気配だ。【hon.jp】

問合せ先:オーストリアの現地紙の報道( http://derstandard.at/2000006925715/Fix-Buchpreisbindungauch-fuer-Online-Handel-und-E-Books

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ