日刊出版ニュースまとめ 2022.12.27

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 9 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

総合

「簡素で一元的な権利処理方策、来年度にも法改正へ」「図書館資料の公衆送信対応閣議決定」など、週刊出版ニュースまとめ&コラム #552(2022年12月18日~24日)〈HON.jp News Blog(2022年12月26日)〉

 2022年12月18日~24日は「簡素で一元的な権利処理方策、来年度にも法改正へ」「図書館資料の公衆送信対応閣議決定」などが話題に。広い意味での出版に関連する最新ニュースから編集長 鷹野が気になるものをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります(ISSN 2436-8237)。政治メタバース時代の著作利用簡便に 個人の意思表示支援を〈日本経済新聞(2022年12月23日)〉https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD088YA0Y2...

【マンガ業界Newsまとめ】年末はWebtoon展開や各社独自IP展開など目白押し/ウェブトゥーン制作の最前線第2弾公開 など|12/25-83〈菊池健|note(2022年12月25日)〉

マンガ業界ニュースの週1まとめです。動きの早いマンガ業界・Webtoon界隈のニュースを出来る限り一か所に集め、業界の方が短時間で情報を得られることを目指しています。 ――― 年末最後の今週は、Webtoon施策や各社新規IP創出に関する動き出しが沢山ありました。年末に向けて新作リリースなどが増えたタイミングとなったようです。 今週のWebtoon新規参入・新たな動き "溺愛"をテーマにしたエピソードを様々な作家...

国内

紙の書籍販売が再び減少 物価高も影響、出版科学研〈共同通信(2022年12月26日)〉

2022年の紙の出版物(書籍と雑誌の合計)の推計販売金額は、前年比約6%減の1兆1300億円台となる...

出版月報 2022年12月号〈出版科学研究所(2022年12月26日)〉

[第1特集]2022 年出版概況●1〜11月期で6.6%減●出版物の販売は低迷●出版流通改革の動きが進む【特集の概要】2022年1〜11月期の紙の出版物推定販売金額は前年同期比6.6%減。年間実績では、約6%減の

権利不明著作の二次利用促進、23年法改正めざす 文化庁〈日本経済新聞(2022年12月26日)〉

古い映像作品や個人制作の動画・音楽など権利者が分からない著作物の二次利用を促すため、文化審議会の小委員会は26日、利用者からの相談を受ける窓口組織を新設し、一定額を支払えば速やかに利用できるようにする新制度の案をまとめた。文化庁は2023年通常国会への著作権法改正案の提出をめざす。制作時にデジタル配信を想定していない古いテレビドラマなどは二次利用に原則出演者全員の了解が要る。動画投稿サイトやS

文化審議会著作権分科会法制度小委員会(第8回)〈文化庁(2022年12月26日)〉

文化審議会著作権分科会法制度小委員会(第8回)の議事次第・配布資料等について掲載しています。

「Herokuの対応は遺憾」 Skeb障害、機会損失は1500万円相当 クラウド丸ごと乗り換え約18時間で解決〈ITmedia NEWS(2022年12月26日)〉

イラスト発注サービス「Skeb」で発生した障害について、提供元が機会損失の詳細を発表した。「1500万円相当の取引の機会損失が発生した」という。障害の原因はクラウドサービス「Heroku」の問題だが、12月26日時点で詳しい説明を受けていないという。

学校図書館の購入費、小学校で13倍・中学校で27倍の差…いくら使うかは自治体判断〈読売新聞オンライン(2022年12月26日)〉

【読売新聞】 今年度の学校図書館の図書購入予算について、読売新聞が全国168自治体に聞いたところ、児童生徒1人あたりで小学校は約13倍、中学校では約27倍の差があることがわかった。国は自治体に図書購入費用のための予算を充てているが、

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】ペンでの手書きにも対応。Kindle DX以来となる大画面モデルの実力は?10.3型E Ink端末「Kindle Scribe」を試す〈PC Watch(2022年12月26日)〉

 「Kindle Scribe」は、10.2型のE Ink電子ペーパーを採用した電子書籍端末だ。Kindleストアで販売されている電子書籍を大画面で読めることに加えて、ペンによる手書き入力にも対応しており、電子ノートとしても利用できることが大きな特徴だ。

文科省による図書館介入に見た「無邪気さの罪」 作家・門井慶喜さん ※有料会員限定〈朝日新聞デジタル(2022年12月26日)〉

 「拉致問題に関する図書等の充実を」。文部科学省が全国の公立・学校図書館向けに出した依頼文に、公益社団法人・日本図書館協会は「図書館の自由を脅かす」などと抗議しました。図書館廃館と闘う司書が登場する「…

NHKラジオ、作家の闘病記を無断で朗読 「著作権者に配慮欠いた」と謝罪〈弁護士ドットコム(2022年12月26日)〉

NHKのラジオ番組で、作家・山本文緒さんの著作を紹介した際に、著作権者に配慮の欠けるかたちで本文を読み上げたなどとして、NHKは12月26日までに公式サイトなどで謝罪した。問題があったのは『高橋源一郎の飛...

著作権への配慮欠いたと謝罪 NHK、ラジオの作品紹介〈共同通信(2022年12月26日)〉

NHKは26日までに、ラジオ番組「高橋源一郎の飛ぶ教室」の11月18日放送回で、作家の故山本文緒さん...

JADMA、アフィリエイト広告の指針を制定 会員向けに運用開始〈日本ネット経済新聞(2022年12月26日)〉

公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)はこのほど、協会自主ガイドラインとして、「JADMAアフィリエイト広告の利用に関する管理上の指針」を制定・公表した。JADMAのコンプライアンス部会は、消費者庁がアフィリエイト広告の利用に関連する「

第25回文化庁メディア芸術祭「エンターテインメント部門大賞『浦沢直樹の漫勉neo 〜安彦良和〜』トークセッション」レポート〈メディア芸術カレントコンテンツ(2022年12月26日)〉

2022年9月16日(金)から26日(月)にかけて「第25回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が開催され、会期中にはトークセッション、ワークショップなどの関連イベントが行われた。9月17日(土)には、日本科学未来館にて、『浦沢直樹の漫勉neo 〜安彦良和〜』でエンターテインメント部門大賞を受賞した上田勝巳氏(プロデューサー)、倉本美津留氏(企画)、ゲストとして番組発案者の浦沢直樹氏(漫画家)、ファシ...

個人事業主が「適格請求書」を発行すべきどうか、会計ソフトベンダーの「弥生」さんに聞いてみた 【インボイス制度に備える】〈INTERNET Watch(2022年12月26日)〉

 「インボイス制度」への対応に際して、個人事業主の誰もが気になるのは「じゃあ、皆どうしているの?」ではないだろうか。字面上の法律はウェブサイトなどでもある程度確認できるが、「どうしているか?」はSNSなどくらいしか頼れない。そこで今回は、会計ソフトベンダーの弥生株式会社にお話を伺った。

2022年度第2回J-STAGEセミナー「学術出版の変革:研究データおよびオープンリサーチにおけるその役割」の講演資料が公開される〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年12月26日)〉

2022年12月12日、11月8日にオンラインで開催された第2回J-STAGEセミナー(JST-STMジョイントセミナー)「5th Joint JST- STM Seminar: The transformation in scholarl

【イベント】ゲームアーカイブ推進連絡協議会カンファレンス:日本のゲームアーカイブの現在と未来(1/21・オンライン)〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年12月26日)〉

2023年1月21日、「文化庁令和4年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」の一環として、「ゲームアーカイブ推進連絡協議会カンファレンス:日本のゲームアーカイブの現在と未来」がオンラインで開催されます。「ゲームアーカイブ推進連絡協議会」の活

第8回 ステルスマーケティングに関する検討会(2022年12月27日)〈消費者庁(2022年12月26日)〉

出版業界の業務DXに向けて 出版社様向け新プラットフォーム「BookEntry」運用開始〈日本出版販売株式会社のプレスリリース(2022年12月26日)〉

日本出版販売株式会社のプレスリリース(2022年12月26日 10時30分)出版業界の業務DXに向けて 出版社様向け新プラットフォーム運用開始

大阪工業大学、読書普及へ絶版名作を復刊 書店経営も〈日本経済新聞(2022年12月25日)〉

大阪工業大学・知的財産学部の水野五郎教授のゼミでは「著作物としての本の利活用」が研究テーマだ。参加する3年生3人と4年生2人は「本の出版」と「書店の経営」を自ら手掛け、読書の普及を目指している。注力しているのが、明治~昭和初期に誕生し、絶版となって「埋もれた」文学作品の復刊作業だ。学生が著作権が消滅した作品から候補を選び、ゼミが開催する読書会で一般の本好きも交えて復刊させる作品を決める。全文を

「ステマ」広告を法規制へ、政府 消費者庁、不当表示に追加の方向〈共同通信(2022年12月25日)〉

インターネットや交流サイト(SNS)上で、広告であることを明示せず普通の口コミであるかのように装って...

調査で見えたステマ天国 広告会社「業界に横行」「売り上げ2割増」 ※有料会員限定〈朝日新聞デジタル(2022年12月24日)〉

 消費者の純粋な感想や口コミに思わせる宣伝手法「ステルスマーケティング(ステマ)」が法規制される見通しになった。有名企業や著名人がステマで炎上するニュースをたびたび目にするが、私たちの足元ではそもそも…

紙から電子へ 慶應義塾大学メディアセンターの新たな挑戦〈慶應塾生新聞オンライン(2022年12月24日)〉

2021年5月に発足した「早慶和書電子化推進コンソーシアム」。その一環として、今年10月から、1年半の期間限定

2022年出版回顧特集〈mizuho furuhata|note(2022年12月24日)〉

■「不安」に揺れた出版界 オーディオブックに脚光 2022年出版概況 「不安」に揺れた出版界 オーディオブックに脚光出版科学研究所がまとめた2022年の書籍・雑誌の推定販売金額(1~10月)は前年同期比6.8%減の9404億円で、通年でもwww.nikkei.com ■2022年 出版業界重大ニュース 秋の読書推進月間「BOOK MEETS NEXT」展開など 2022年 出版業界重大ニュース 秋の読書推進月間「BOOK MEETS NEXT」展開など - 文化通信デジ...

世界

「AIアートはパクリ」「著作権は?」 中国で自動生成画像が論議に〈DG Lab Haus(2022年12月26日)〉

【東方新報】中国のインターネットで人工知能(AI)を使って制作した絵画やイラストが次々と登場している。画像生成AIは新たな娯楽として盛り上がっている一方、「盗作行為ではないか」という批判や、「AIアートには著作権が発生す...

WEBTOON launches YONDER, a new serialized fiction app〈Good e-Reader(2022年12月25日)〉

WEBTOON and Wattpad, have recently launched a new platform into the serialized fiction space called YONDER. The goal of YONDER is to not only to tap into its millions of readers, who are already fans of serialized web fiction, but also to attract and introduce new readers of more traditional formats by offering them a premium experience. YONDER is a new serialized fiction app bringing a premium...

New Kobo e-reader and e-note to be released in early 2023〈Good e-Reader(2022年12月25日)〉

Kobo is developing another new e-reader that will be released sometime in the next few months. The company has just filed for FCC certification, which is the last step they have to make in order to release it to the masses. The model number is N605 and it seems to have WIFI, Bluetooth, USB-C port and has compatibility with the Kobo Stylus, so this new device will likely be able to freehand draw...

イベント

鷹野凌氏: 新春講演会「2023年の電子出版はどうなる?」〈日本電子出版協会(オンライン)/1月11日〉

雑誌のデジタル化と今後の展開――『パブリッシング・スタディーズ』第5章第3節報告〈日本出版学会 出版デジタル研究部会 / HONꓸjp(オンライン)/1月23日〉

【概要】2022年4月に刊行された日本出版学会(編)『パブリッシング・スタディーズ』は、出版史から制度、産業、書籍・雑誌・マンガ、デジタルコンテンツ、書店・読者までを概説する。「... powered by Peatix : More than a ticket.

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? 概要HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパ...

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!
Mastodonでフォローする

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1432 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る