日刊出版ニュースまとめ 2022.04.23

角川武蔵野ミュージアム 本棚劇場

《この記事は約 9 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

出版業界事情:コミックが突然の連載打ち切り。今後の詳細な説明を求めたい=永江 朗〈週刊エコノミスト Online(2022年4月22日)〉

「宗教2世」作の漫画が突然の連載打ち切り  集英社があるコミックの連載を打ち切ったことが、出版界やコミックファンの間で波紋を広げている。  その作品は菊池真理子の『「神様」のいる家で育ちました 宗教2世な私たち』。ウェブメディア「よみタイ」で連載されていた。

川端康成の新潮社宛て書簡11通発見、金の無心も…親交の深さ示す : エンタメ・文化 : ニュース〈読売新聞オンライン(2022年4月22日)〉

作家の川端康成(1899~1972年)が、新潮社前社長の佐藤亮一(1924~2001年)に送った書簡11通が見つかった。いずれも全集には未収録で、昨年、同社社長室を整理中に発見された。 日付不明の1通を除き、佐藤が副社

【本屋月評】こんにちは、freee出版です(NUMABOOKS・内沼晋太郎)〈文化通信デジタル(2022年4月22日)〉

 freeeという会社は、いわゆる中小企業や個人事業主の間では、かなり知られた存在だ。クラウド会計ソフトを中心に、経営のためのプラットフォームを開発・提供している。ミッションは「スモールビジネスを、世…続き

いつか終わるNFTブーム イノベーションは起こるのか〈日本経済新聞(2022年4月22日)〉

日本政府が毎年6月ごろにまとめる経済財政運営と改革の基本方針である「骨太の方針」。フィンテック関連では2021年は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の推進が注目された。22年は、ブロックチェーン上でデジタルコンテンツを唯一のものとして扱える非代替性トークン(NFT)が目玉となりそうだ。3月末、自由民主党デジタル社会推進本部のNFT政策検討プロジェクトチームが「NFTホワイトペーパー(案)Web

JIS規格案「EPUBアクセシビリティ-EPUB出版物の適合性及び発見可能性の要求事項」の意見募集が実施中〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年4月22日)〉

日本図書館協会、「改正著作権法第104条の10の4第1項の規定に基づく 「図書館等公衆送信補償金」の額の認可に係る審査基準及び標準処理期間(案)」に関して意見提出〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年4月22日)〉

京都府立図書館、電子書籍・オーディオブックの提供を開始へ〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年4月22日)〉

第11回 レファ協DBの読み方――事案を事例として読み替える〈皓星社(こうせいしゃ) 図書出版とデータベース(2022年4月22日)〉

初のレーベル大型フェア「新潮新書・新潮選書祭2022」 が電子書店で開催中!〈株式会社新潮社のプレスリリース(2022年4月22日)〉

株式会社新潮社のプレスリリース(2022年4月22日 11時00分)初のレーベル大型フェア が電子書店で開催中!

富士急ハイランドのメタバース進出へ向けて。集英社とパートナーシップ締結に関する協議を開始〈富士急行のプレスリリース(2022年4月22日)〉

富士急行のプレスリリース(2022年4月22日 15時00分)富士急ハイランドのメタバース進出へ向けて。集英社とパートナーシップ締結に関する協議を開始

逆風のなかファッション誌復刊 個性を貫くZ世代が求める「自分だけのバイブル」〈AERA〉〈AERA dot. (アエラドット)(2022年4月21日)〉

「セブンティーン」「マリソル」「with」「JJ」……。往年の女性ファッション誌が相次いで休刊や定期刊行をやめた。そんななか復刊を遂げた雑誌...

デジタル教科書「24年度本格導入に向け現場での活用を推進」…文科省が推進計画案 : ニュース : 教育 : 教育・受験・就活〈読売新聞オンライン(2022年4月21日)〉

文部科学省は21日、国で今後5年間に取り組むべき情報化施策の方向性を示す「学校教育情報化推進計画」案を公表した。デジタル教科書については「2024年度の本格的な導入に向け、学校現場での活用を推進する」とした。 推進計画

エンガジェット日本版後継は「テクノコア」 Ittousai編集長で6月立ち上げへ〈ITmedia NEWS(2022年4月21日)〉

世界

Google、欧州でCookie同意バナーの全拒否ボタン提供開始へ〈ITmedia NEWS(2022年4月22日)〉

Googleは、まずはフランスでCookie同意バナーに「すべて拒否」ボタンを追加すると発表した。同社は1月仏当局からバナーの表現が紛らわしいとして1億5000万ユーロの罰金を科された。全拒否ボタンは今後、欧州で提供を拡大していく。

学術出版社らによるワーキンググループ、著者の多様性に関するデータの収集のための質問項目を公開〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年4月22日)〉

米ネットフリックス、株価が3割強急落 「会員数減少」に懸念〈BBC NEWS JAPAN(2022年4月22日)〉

米動画配信大手ネットフリックスの株価が20日、米株式市場で35%急落した。21日にはさらに3.5%下...

Google SpambrainはAIベースのスパム対策アルゴリズム〈海外SEO情報ブログ(2022年4月22日)〉

2021 年のウェブスパム対策の取り組み成果を Google は検索セントラルブログで公表した。AI をベースにしたスパム対策システムが大きな成果をあげている。

アマゾン最大の失敗「ファイアフォン」が売れなかった理由〈日経BOOKプラス(2022年4月22日)〉

世界有数の巨大企業になっても、AWS、アレクサ、アマゾンゴーなど発明を続けるアマゾン。その裏側には、ジェフ・ベゾスが自ら率いた「ファイアフォン」など大失敗の例もある。

イベント

IP and Youth: より良い未来のためのイノベーション「世界知的財産の日」記念オンラインイベント〈WIPO日本事務所(オンライン)/4月26日〉

4月26日は「世界知的財産の日(World IP Day)」です。2021年のテーマは「知的財産(IP)と中小企業:あなたのアイデアで新しい事業を」であり、このテーマに沿ったオンラインイベント(無料)を世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所主催で開催します。

メディアドゥ「NFTが示す、これからのデジタルコンテンツの可能性 ーデジタルデータの価値と意義ー」〈JEPA|日本電子出版協会(オンライン)/4月27日〉

星野渉「コロナ禍の出版業界 ―流通変化と業界再編が進む2022年の展望」〈日本出版クラブ(オンライン)/4月27日〉

コロナ禍も3年目となるなか、電子書籍市場の拡大や「GIGAスクール構想」の加速など、出版業界を取り巻く環境変化は加速度的に進んでいます。これに対して業界では、出版流通に対する大手取... powered by Peatix : More than a ticket.

英語多読の電子図書館「コスモピアeステーション」~語学教材出版社のデジタル化戦略~〈日本電子出版協会(オンライン)/5月11日〉

「全国各地津々浦々まで やさしい英語の本をたくさん読める環境を!」ということで、幼児から学校、一般社会人までをターゲットとした多読用英語の電子図書館「コスモピアeステーション」(略称eステ)の需要が学校を中心に高まっています。「eステ」が生まれた発想、どのようにmoodleでシステムを構築してきたの...

日本出版学会「2022年度 総会・春季研究発表会」〈日本出版学会(東京都千代田区)/5月14日〉

 必ずお申し込みの上、ご参加ください。なお、参加費等は当日会場にて受け付けます。 日 時: 2022年5月14日(土) 10:00~17:40(予定) 会 場: 日本大学法学部 神田三崎町キャンパス本館4階        東京都千代田区神田

「学術出版と大学出版の課題と展望――電子学術書実証実験から10年を経過して」 講師:黒田拓也(東京大学出版会専務理事)〈日本出版学会 学術出版研究部会(オンライン)/5月17日開催〉

連続オンライン講演会:「学術出版を語る」 5 「学術出版と大学出版の課題と展望  ――電子学術書実証実験から10年を経過して」  講師:黒田拓也(東京大学出版会専務理事) 日 時: 2022年5月17日(火) 18:30~ 開催方法:オンラ

メディアドゥ「アクセシブルライブラリー構想」 視覚障害者の読書体験をアクセシブルなものへ〈JEPA|日本電子出版協会(オンライン)/5月18日〉

東京大学「講談社・メディアドゥ新しい本寄付講座」発足記念シンポジウム〈東京大学大学院情報学環(ワテラスコモンホール)/5月19日〉

東京大学「講談社・メディアドゥ新しい本寄付講座」発足記念シンポジウム開催 2022年4月の東京大学大学院情報学環「講談社・メディアドゥ新しい本寄付講座」の発足を記念して、我が国のこれからのデジタルコンテンツ構築及びデジタ … 続きを読む

NPO本の学校 書店人教育講座 2022春講座 本の世界で働くための最新情報・ノウハウを集中して学べる2日間〈特定非営利活動法人本の学校/(オンライン)5月20日~21日〉

NPO本の学校 書店人教育講座 2022春講座本の世界で働く人のために「今知っておきたい」情報をコンパクトに凝縮! 日時:2022年5月20日(金),21日(土) 会場:オンライン※ZOOM使用 主催:NPO 法人 本の学校 「書店人教育講座(春講座)」は書店人としての基礎教養を学ぶための講座として、「本の学校」創設時より四半世紀以上にわたって続く歴史ある講座です。現役の出版・図書館関係者をはじめ、第一線で本とかかわる方...

書店人教育講座2022第1講座 書店員の悩みと疑問に答える90分 ~「本そばポッドキャスト」出張版~〈本の学校(オンライン)/5月20日〉

書店人教育講座2022第2講座 地域出版への取り組み ~地域情報誌出版を通じて見えた書店の強み~〈本の学校(オンライン)/5月20日〉

書店人教育講座2022第3講座 書店員のためのSNSの使い方 ~情報収集・発信テクニックと事例集~〈本の学校(オンライン)/5月21日〉

本の学校 書店人教育講座2022第3講座書店員のためのSNSの使い方 ~情報収集・発信テクニックと事例集~講師:大矢靖之(文藝春秋 プロモーション部)書店が個人・店舗でSNSアカ... powered by Peatix : More than a ticket.

書店人教育講座2022第4講座 書店の店舗運営を数字から診る ~内部環境から外部環境まで~〈本の学校(オンライン)/5月21日〉

本の学校 書店人教育講座2022第4講座書店の店舗運営を数字から診る ~内部環境から外部環境まで~講師:湯浅創(インプレス / 未来読書研究所)商圏分析、商品構成、財務諸表や労務... powered by Peatix : More than a ticket.

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...
HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1198 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る