2021年紙+電子出版市場は1兆6742億円で3年連続プラス成長 ~ 出版科学研究所調べ

出版市場推移

《この記事は約 3 分で読めます》

 公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所は1月25日、2021年の出版市場規模を発表した。紙+電子出版市場(推定販売金額)は、前年比3.6%増の1兆6742億円。紙が1.3%減と小幅なマイナスに対し、電子が18.6%増と引き続き拡大した結果、3年連続のプラス成長となった。

 紙の出版物推定販売金額は、1.3%減の1兆2080億円。うち、書籍が2.1%増の6804億円、雑誌が5.4%減の5276億円。書籍は15年ぶりの増加となった。上半期は、2020年がリアル書店休業の影響で落ち込んだのに対し、2021年は巣ごもり需要が続いてプラスで推移。下半期は、コロナ禍が落ち着いた秋以降は、マイナスになっている。

 書籍は、児童書、文芸書、中学学参、語学・資格書などが好調。返品率は32%まで改善した。また、書籍全体の価格上昇傾向も販売金額の上乗せに影響している。「TikTok」での紹介によるヒットや、「YouTuber」の書籍など、ウェブを活用する事例も目立つという。

 雑誌は、月刊誌(コミックス・ムックを含む)が4.5%減、週刊誌が9.7%減。月刊誌のうち定期誌が約7%減、ムックが約14%減。コミックス(単行本)は、2020年は『鬼滅の刃』の爆発的ヒットなどで2割増だったが、2021年は約1%減となった。なお、この紙の推定販売金額は取次ルートのみで、近年増加している直販や直取引は含まれない。

電子

 電子出版市場は前年比18.6%増の4662億円で、出版市場全体における市場占有率は27.8%となった。うち、電子コミックが20.3%増の4114億円、電子書籍(文字もの)が12.0%増の449億円、電子雑誌が10.1%減の99億円。電子出版市場における電子コミックの市場占有率は88.2%となった。

 電子コミックは、映像化作品のヒットや縦スクロールコミック(ウェブトゥーン・スマトゥーン)が大きく成長。電子書籍は、各ストアでのセールやキャンペーンでの売上が例年より大きく伸びた。電子雑誌は、シェアの大きい「dマガジン」の会員数減で4年連続のマイナスとなっている。なお、この電子出版市場は定額読み放題を含む「読者が支払った金額の推計」で、広告収入や電子図書館向けは含まれない。

参考リンク

全国出版協会・出版科学研究所

全国出版協会は、文字・活字文化の振興と啓発を図るとともに、出版の動態及び関連する事態の調査研究を行い、もってわが国文化の発展に寄与することを目的に、次の事業を行なっています。

広告

著者について

About 鷹野凌 649 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ:

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る