2018年の紙+電子出版市場は前年比3.2%減の1兆5400億円 ~ 出版科学研究所調べ

出版科学研究所調べ
紙+電子の出版市場規模推計(出版科学研究所発表数値より作成)

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所は1月25日発行の『出版月報』1月号で、2018年出版市場規模を発表した。紙+電子出版市場(推定販売金額)は1兆5400億円(前年比3.2%減)、電子出版市場は2479億円(同11.9%増)と推計している。

 紙の出版物推定販売金額は1兆2921億円(同5.7%減)で、書籍が6991億円(同2.3%減)、雑誌が5930億円(同9.4%減)となった。雑誌は月刊誌(ムック・コミックスを含む)が同9.3%減、週刊誌が同10.1%減。月刊誌のうち、定期誌が約9%減、ムックが約12%減、コミックスが約7%減だが、大手出版社の値上げや映像化作品のヒットもあり、上半期の発表に比べると減少幅が縮小している。なお、この紙の推定販売金額は取次ルートのみで、直販は含まれない。

 電子出版市場では、電子コミックが1965億円(同14.8%増)、電子書籍(文字もの)が321億円(同10.7%増)、電子雑誌が193億円(同9.8%減)。電子コミックは4月に海賊版サイトの「漫画村」が閉鎖されてから復調。電子雑誌は読み放題サービス「dマガジン」のキャリアショップ契約手続き見直しにより、会員数が2年連続で減少したことが影響しているとのこと。なお、電子出版市場は読者が支払った金額の合計で、広告収入は含まれない。

参考リンク

全国出版協会・出版科学研究所の発表
https://www.ajpea.or.jp/information/20190125/index.html

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 156 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)