2019年の紙+電子出版市場は初のプラス成長で1兆5432億円 ~ 出版科学研究所調べ

紙+電子出版市場推移
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所は1月24日、2019年の出版市場規模を発表した。紙+電子出版市場(推定販売金額)は1兆5432億円で、前年比0.2%増。出版科学研究所が電子出版市場推計を始めた2014年以降、紙+電子出版市場がプラスに転じるのは初めて。

 紙の出版物推定販売金額は1兆2360億円(同4.3%減)で、書籍が6723億円(同3.8%減)、雑誌が5637億円(同4.9%減)となった。書籍は、ビジネス書や新書が前年を上回り、児童書も健闘している。雑誌は、統計に含まれるコミックス(単行本)が約4%増と好調で、減少幅が縮小している。月刊誌(ムック・コミックスを含む)が同4.2%減、週刊誌が同8.1%減。月刊誌のうち、定期誌は約7%減、ムックは約8%減。なお、この紙の推定販売金額は取次ルートのみで、直販は含まれない。

 電子出版市場では、電子コミックが2593億円(同29.5%増)と急増。電子書籍(文字もの)は349億円(同8.7%増)、電子雑誌は130億円(同16.7%減)。電子コミックは2018年4月の海賊版サイト「漫画村」閉鎖以降、順調に成長を続け、市場を大きく牽引している。電子書籍では、ライトノベル、ビジネス書、写真集が特に伸びている。電子雑誌は、読み放題サービス「dマガジン」のキャリアショップ契約手続き見直しによる会員数の減少が続き、2年連続で大幅なマイナス。なお、電子出版市場は定額読み放題を含む「読者が支払った金額の合計」で、広告収入は含まれない。

参考リンク

全国出版協会・出版科学研究所
https://www.ajpea.or.jp/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 510 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)。アイコンは©鈴木みそ氏
タグ: /

関連記事&広告