『おかしっこ学校はじめ組』北川チハル(作)/公文祐子(絵)/東洋館出版社/3月6日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『おかしっこ学校はじめ組』表紙
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 本棚に、もう一つの教室を。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

おかしっこ学校はじめ組

北川チハル(作)/公文祐子(絵)/東洋館出版社

内容紹介

おかしっこ学校はじめ組 お菓子をモチーフにした“おかしっこ”たちの、はじめてづくしの学校生活。背格好も性格もバラバラな16人が、それぞれ関わり合うことで、すこしずつ成長していきます。

 勘違いされてしまったり、知らんぷりしてしまったり、言いたいことが言えなかったり……。入学式、日直当番、プールという身近なシーンで、大切な一歩を踏み出そうと頑張るおかしっこに、自分を重ねて応援したくなる!

出版社からの備考・コメント

 全3巻の内容構成と今後の内容アップロード予定。(書影ははじめての ドキドキにゅうがくしき)

●『おかしっこ学校はじめ組 はじめての ドキドキにゅうがくしき』
1300円 978-4-491-03968-8(1/23アップ)
●『おかしっこ学校はじめ組 はじめての ハリキリにっちょくにんじゃ』
1300円 978-4-491-03969-5(2/7アップ予定)
●『おかしっこ学校はじめ組 はじめての ぷるぷるプール』
1300円 978-4-491-03970-1(2/14アップ予定)

おすすめコメント

 北川チハル先生の世界が全開のシリーズ!「おかしっこ」とはおかしの村に住んでいる「おかしびと」のこども。おかしのようでおかしでない。ひとのようでひとでない、おかしっこたちのゆかいな学校のおはなしです。

 まずは1巻目『はじめての ドキドキにゅうがくしき』をアップします。2/7、2/14に続巻をPDFの最後部に繋げてゆきますので、引き続き閲覧願います。

販促プラン

  • 全3巻のセット購入でキャラクター相関図をプレゼント。
  • 絵描き歌、塗り絵のなども作成し、単に読んで終わりではない、「おかしっこ」の世界をひろげてゆきたいと思います。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784491039718
本体価格:¥1,300 (JPY)×3
ジャンル:児童書/絵本
刊行日:2020/03/06

関連リンク

著者ブログ
https://blog.goo.ne.jp/k-chiharu_2006

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/183085

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About HON.jp News Blog編集部 599 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / /

関連記事

コメントする

avatar
1000