2020年紙+電子出版市場は1兆6168億円で2年連続プラス成長 ~ 出版科学研究所調べ

紙+電子出版市場推移

《この記事は約 2 分で読めます》

 公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所は1月25日、2020年の出版市場規模を発表した。紙+電子出版市場(推定販売金額)は、前年比4.8%増の1兆6168億円。紙が1.0%減と小幅なマイナスだったのに対し、電子が28.0%増と大きく伸長した結果、2年連続のプラス成長となった。

 紙の出版物推定販売金額は1兆2237億円で、書籍が0.9%減の6661億円、雑誌が1.1%減の5576億円となった。書籍は3月の臨時休校を受け、学参・児童書が大幅に伸長、年間を通じて好調に推移している。また、文芸書、ビジネス書、コンピュータ書、ゲーム攻略本など、前年を上回ったジャンルが目立つという。

 雑誌は、統計に含まれるコミックス(単行本)が『鬼滅の刃』の爆発的ヒットなどで約24%の大幅増。これによりコミックス・ムックを含む月刊誌は1997年以来の前年超えとなった。ただ、月刊誌のうち定期誌は約9%減、ムックは約14%減。週刊誌も8.5%減と苦戦している。なお、この紙の推定販売金額は取次ルートのみで、直販・直取引は含まれない。

 電子出版市場は前年比28.0%増の3931億円で、出版市場全体における市場占有率は24.3%となった。うち、電子コミックが31.9%増の3420億円、電子書籍(文字もの)が14.9%増の401億円、電子雑誌が15.4%減の110億円。電子出版市場における電子コミックの市場占有率は87.0%となった。

 電子書籍は東野圭吾など人気作家の電子化解禁により順調に成長、電子雑誌はシェアの大きい「dマガジン」の会員数減が大きく響いた。なお、電子出版市場は定額読み放題を含む「読者が支払った金額の推計」で、広告収入は含まれない。

参考リンク

全国出版協会・出版科学研究所
https://www.ajpea.or.jp/book/2-2101/index.html

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 571 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ:

関連記事