「外務省、国連子どもの権利委員会策定ガイドライン案に見直し要請」「DAYS NEOが電流協アワード2019大賞に」など、出版業界気になるニュースまとめ(2019年4月22日~28日)

出版業界気になるニュースまとめ

《この記事は約 7 分で読めます》

 2019年4月22日~28日は「外務省、国連子どもの権利委員会策定ガイドライン案に見直し要請」「DAYS NEOが電流協アワード2019大賞に」などが話題に。編集長 鷹野が気になった出版業界のニュースをまとめ、独自の視点でコメントしてあります。

国内

講談社「DAYS NEO」が電流協アワード2019大賞を受賞〈HON.jp News Blog(2019年4月23日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22484
 おめでとうございます。リリース当初から動向を追いかけ続けているサービスが、こうやって第三者からもちゃんと評価をされているのを見ると、嬉しいですね。中の人にインタビューした記事はこちら(↓)。

 講談社のマンガ投稿サイト「DAYS NEO」では、他社の雑誌にも参加を呼びかけている(参考記事)。これはどういう思想に基づくものなのか? 経緯や現状、展望などについて、「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」を統括している「ヤングマガジンのスズキ」こと、鈴木綾一氏に話を伺った。“編集ガチャ”みたいな状態を解消したい── まず、DAYS NEOの立ち上げ経緯について教えてください鈴木 コミックDAYSのチーム長である村...

電子雑誌定額読み放題サービス「マガジン☆WALKER」で新潮社「月刊コミックバンチ」が配信開始〈HON.jp News Blog(2019年4月23日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22490
 マンガ誌中心で出版社横断型、という特徴を持つマガジン☆WALKER。もっと評価されてもいいと思うのですが、音羽一ツ橋が入っていないのが痛いところ。現状のラインアップでも、個人的には大満足なのですが。

外務省、国連子どもの権利委員会策定ガイドライン案に対し「表現の自由に対する制約は最小限でなければならない」と見直し要請〈HON.jp News Blog(2019年4月24日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22541
 外務省、ぐっじょぶ。条約批准国に事前相談することなく、従来の解釈を大きく踏み越えた「ガイドライン」ができてしまうのは、良くないですよね。

本の要約サイト「フライヤー」に法人向け割安プランが追加 ~ 社員教育の一環として導入する企業増加に伴い法人営業を強化〈HON.jp News Blog(2019年4月24日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22534
 法人向けに活路を見出したのかと思ったら、個人向けも順調とのこと。素晴らしい。

ハイブリッド型総合書店「honto」の登録会員が500万人突破 ~ 7周年記念で本がオトクなキャンペーンを開催中〈HON.jp News Blog(2019年4月24日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22499
 500万人突破、おめでとうございます。マイルストーン的に、記事にしてもらいました。

チャット形式で小説が読めるストーリーアプリ「ポルティ」をクリーク・アンド・リバーが配信開始〈HON.jp News Blog(2019年4月24日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22494
 いわゆるチャットノベルアプリ。アメリカでは「Chat Fiction」と呼ばれ若者に人気らしいのですが(サクラス株式会社による2018年4月16日の紹介記事↓)、日本ではマンガが強いからか、まだまだ感があります。これからどこまで伸びてくるか。

日本ではブックアプリといえば「マンガ」だが、アメリカではそうではない。2017年ごろから、「チャットフィクション」と呼ばれる新しいジャンルのアプリが、10代の若者を中心に人気を博しているのだ。以下の図

改元前後に実店舗型書店でKADOKAWAの本を買うと最大で20%還元されるキャンペーン ~ チェックインでマイル、レシート読み込みでポイント獲得できる公式アプリで展開〈HON.jp News Blog(2019年4月25日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22552
 出版社公式アプリで、実店舗と連携する形のキャンペーンというのがユニークなので取り上げました。書店で買った本だということを立証するのに、書店のPOSと連動するような複雑なシステムではなく、レシートを撮影して送ってもらうという合理的な解決策を採っているのが素敵。

新元号“令和”の典拠『万葉集』を解説するオーディオブックをオトバンクが制作・配信〈HON.jp News Blog(2019年4月25日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22547
 新元号が決まってすぐ企画し、人を手配し録音、配信を改元までに間に合わせるというスピード感。朗読に、競技かるたA級とA級公認読手の資格を持つ声優の方を選ぶという人選もナイス。

電子雑誌定額読み放題サービス「楽天マガジン」で文藝春秋「週刊文春」と新潮社「週刊新潮」が配信開始〈HON.jp News Blog(2019年4月26日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22563
 2016年8月のサービス開始からもうすぐ3年、ようやく「週刊文春」と「週刊新潮」が追加されました。日本雑誌協会発表の印刷証明付き発行部数は、直近の2018年10月から12月でそれぞれ約60万部と約40万部。これまで総合週刊誌の1位と2位が欠けている状態だったわけです。ところで、改めて調べてみて驚いたのが、週刊新潮はKindle Unlimitedどころか、単品販売のKindle版すら未配信だという点。各社、戦略はいろいろですね。

海外

EU新法対策のアルゴリズムでパブリックドメインの「マラー報告書」が海賊版として消される〈HON.jp News Blog(2019年4月23日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22487
 ScribdがEU新法対策で、早めにアルゴリズムによる自動フィルターを導入したことによって「やらかした」ということのようです。YouTubeですでに導入されている自動特定システム Content ID でも、誤爆削除&異議申し立てで復活というのは珍しくないので、これからこういうのはもっと増えてくるのだろうな、と思います。

ロマンスの大御所ノラ・ロバーツが盗作容疑のブラジル著者を提訴〈HON.jp News Blog(2019年4月25日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22559
 前述のアルゴリズムによる自動判定の話と関連しますが、Notice and take down(著作権者から通告を受けたら速やかに削除)では限界なのも事実。アマゾンのKDPなんて、正直、事前審査はザルですから、盗作された側からすると「もっと事前にちゃんとチェックしろ!」と思えるのも無理はないと感じます。

アメリカのベストセラー、こんまりの次は森林浴か?〈HON.jp News Blog(2019年4月25日)〉

https://hon.jp/news/1.0/0/22555
 日本語がそのまま「shinrin-yoku」として伝えられているのが面白い。なお、記事内で紹介されている宮崎良文氏の著作は、昨年末に創元社から『Shinrin-Yoku(森林浴)』というタイトルで逆輸入されています(↓)。

私たちは自然環境に適応した体で生きてきた。そのため、現在の都市社会において、ストレスによる心身の不調が社会的な問題になっている。本書は、海外でも注目を集める著者の英語による著作を逆輸入。自然由来で低コスト、ストレス軽減、リラックス効果のある森林浴について、科学的研究データに基づき解説。森林浴を体験できる場所やプログラムをはじめ、自宅で取り入れることができる花や観葉植物、木材、香りなどの効果も紹介。

メルマガについて

 本稿は、HON.jpメールマガジンに掲載された内容を、1週間遅れで掲載しております。最新情報を入手したい場合は、ぜひメルマガに登録してください。無料です。

CC BY-NC-SA 4.0
CC BY-NC-SA 4.0

※本稿はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際(CC BY-NC-SA 4.0)ライセンスのもとに提供されています。

広告

著者について

About 鷹野凌 596 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / /