文学作品展示即売会「第二十八回文学フリマ東京」フォトレポート

文学フリマ東京
過去最多の901出店(979ブース)

《この記事は約 3 分で読めます》

 文学フリマ事務局は5月7日、文学作品展示即売会「第二十八回文学フリマ東京」を東京流通センター第一展示場で開催した。東京では28回目、全国通算では58回目の開催となる。今回は過去最多の901出店(979ブース)。本稿では筆者が立ち寄ったブースを中心にフォトレポートする。

田中圭一
マンガ家・田中圭一氏「はぁとふる売国奴」のブース

大西寿男
校正者・大西寿男氏「かえるの学校」のブース

オルタニア
毎号編集長が解雇される不定期刊行SF雑誌「オルタニア」のブース

AFEE
AFEE(エーフィー)エンターテイメント表現の自由の会のブース

eru KIKAKU
今夏に新しい小説投稿サイト「Knot」をオープンするeru KIKAKUのブース

本山らの
ラノベ好きバーチャルYouTuber本山らの氏はタブレットで参戦

キングジム
キングジムは歴代ポメラを展示

キングジム
筆者が訪れたときは「おうち派」より「おそと派」のほうが優勢だった

参考リンク

文学フリマ公式サイト

文学フリマは「自らがと信じるもの」を自由に販売するフリーマーケット形式のイベントです。小説・評論・俳句・ノンフィクションなど様々なカテゴリの作者が集います。プロ・アマ問わず。同人誌・商業誌、個人・出版社・文芸サークル・短歌会・句会・同人など。全国8都市・年9回開催。

広告

著者について

About 鷹野凌 595 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / /