本の要約サイト「フライヤー」に法人向け割安プランが追加 ~ 社員教育の一環として導入する企業増加に伴い法人営業を強化

フライヤー
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 ビジネス書の要約閲覧サービス「flier(フライヤー)」を展開している株式会社フライヤーは4月24日、法人向けプランの営業を強化していくことを発表した。フライヤーを社員教育の一環として導入する企業が増加しているのを受け、法人向けの割安プランも用意する。

 フライヤーは、ビジネス書の要約文をスマートフォンなどで閲覧できるサービス。会員数は、個人会員と法人会員の合計で30万人、契約企業数は2017年比で約3倍になっているという(2018年末時点)。導入企業は、NTTコミュニケーションズ、サイバーエージェント、日本生命保険など。広告代理店や金融、証券、IT、コンサルティングなど幅広い業界に利用されている。

 法人会員は、個人向けのゴールドプラン(月額2000円+税)と同様、「フライヤー」で公開されている約1700点の要約文すべてを読み放題で利用できる。ID100個からの契約で、月額5万円(+税)から。管理者ページでは、社員に対する書籍の推薦や、社内アクセスランキングの確認なども可能になっている。

 フライヤーは2013年6月設立のITベンチャー企業。2016年11月に株式会社メディアドゥホールディングスが全株式を取得し、子会社化している。

参考リンク

フライヤー公式サイト
https://www.flierinc.com/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About 鷹野凌 249 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / /

関連記事