『ストーカーとの七〇〇日戦争』内澤旬子/文藝春秋/5月24日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 「週刊文春」で連載されて大反響を呼んだ、恐怖のストーカー体験リアルドキュメント。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

ストーカーとの七〇〇日戦争

内澤旬子/文藝春秋

内容紹介

ストーカーとの七〇〇日戦争 「週刊文春」で連載されて大反響を呼んだ、恐怖のストーカー体験リアルドキュメント。

 ネットで知り合った交際相手に別れ話を切り出したとたんに男は豹変した――。執拗なメール、脅迫的な行為、2ちゃんねるへ誹謗中傷の書き込み……。

 警察、司法を巻き込んだ鬼気迫る神経戦は、第一級のミステリー小説を読むような面白さ。劇的な逮捕劇で解決するどころか、男が示談違反を重ね、再逮捕・収監にいたる怒涛の展開も、圧巻の読み応えです。

 本書は当事者ドキュメントとしての面白さのみならず、ストーカー対策に後手後手の日本の警察、司法の体制の穴を浮き彫りにし、同時に、ストーカーは治療が必要不可欠な病気であり、被害者を守るためにこそ再発防止のための治療制度を整えることが急務であることを訴えています。

 これまで社会的にあまり可視化されることのなかったストーカー被害の実態と行政・司法の問題点をあぶり出した画期的な一冊。

(この原稿は校了前のものであり、実際に刊行された文章とは異なる可能性があります)

【筆者より】

 本書は筆者が実際に被害に遭ったストーカー事件(脅迫罪で逮捕、示談成立後不起訴処分の数カ月後にインターネット掲示板への書き込みあり、IPアドレス特定後に刑事告訴、名誉毀損等で懲役十カ月の実刑判決)の詳細です。

 ストーキングが依存的病態の一種であり、精神科医やカウンセラーによる専門的な治療で再犯の危険性が下がるにもかかわらず、治療につながらない現状を変えたい一心で、筆を執っています。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784163910284
税抜価格:¥1,500 (JPY)
ジャンル:ノンフィクション
刊行日:2019/05/24
「すぐ読み」作品(※承認待ちなしですぐ読めます)

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/164038

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 662 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連記事&広告