「LINEノベル」投稿作品の募集を開始、アプリ提供開始は今夏 〜 日本テレビ&アニプレックスと共同で「令和小説大賞」も開催

LINEノベル

《この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です》

 LINE株式会社は4月16日、小説プラットフォーム「LINEノベル」と、文学賞「令和小説大賞」の開催についての記者発表会を都内で開催した。投稿作品は同日募集開始、アプリの提供開始は今夏を予定している。記者発表会の様子をダイジェストでお届けする。

LINEコンテンツ事業構想について

 まず LINE 取締役 CSMO 舛田淳氏から、コンテンツ事業構想について説明がなされた。これまでLINEで取り組んできた「LINEスタンプ」「LINEマンガ」「LINE MUSIC」は、従来のやり方にこだわらない「フォーマットの最適化」により、ユーザーに提供されてきた。たとえばLINEマンガでは、従来型ページ単位のコンテンツだけでなく、縦スクロールのウェブトゥーンも配信されてきた。そこで重要なのは、ユーザーにコミュニケーションが発生することだという。

 最近の情勢として、通信環境の整備に伴い、通信量の大きいコンテンツ流通が拡大してきた。しかし、テキストの需要はまったく落ちていない。LINEブログでも、膨大なテキストが投稿されている。まだまだテキストには大きな可能性があると考えている。映画、マンガ、ゲームなど、すべてのコンテンツの始まりと言っても良い、と舛田氏。

 もちろんテキストコンテンツも進化している。手軽に世界へ入り込める「ライトノベル」。フィーチャーフォン時代には「ケータイ小説」。しかし、スマートフォン時代を象徴するようなノベルサービスは、現時点では登場していないと舛田氏はいう。
LINEノベル
 そこでLINEノベルは、出版社の枠組みを越えた小説プラットフォームとして、さまざまな作品と出会える環境による「多彩なコンテンツ」、小説の価値や楽しさを知る機会づくりによる「習慣化」、新しい才能が羽ばたくチャンスによる「新しいコンテンツ創出」を特徴としたサービスとして提供されるという。

LINEノベルサービス概要

 続いて、執行役員 森啓氏より、LINEノベルのサービス概要が説明された。まず、文芸作品を中心とする「LINE文庫」と、ライトノベルを中心とした「LINE文庫エッジ」という新レーベルを創刊する。
LINEノベル
 統括編集長には、株式会社ストレートエッジ 代表取締役 三木一馬氏が就任する。鎌池和馬氏、原田マハ氏、中村航氏などによる新作が、紙と電子で同時展開される。
LINEノベル
 また、講談社(講談社タイガ)、集英社(JUMP j BOOKS)、実業之日本社、新潮社(新潮文庫nex)、スターツ出版(野いちご文庫)、東京創元社、KADOKAWA(電撃文庫)などの出版社・レーベルから提供される約200作品を読むこともできる。宮部みゆき氏初の電子化作品の配信や、新作書き下ろしエッセイの公開も決定している。

 これらの作品を、読めば読むほど無料になる「読めば無料」システムで提供する。読書をすることで、無償チケットが提供される。これらのコンテンツは夏に提供開始予定の「LINEノベル」アプリで配信される。「LINEノベル」アプリは、従来「LINEマンガ」内で提供されていた「LINEノベル」とは別に、新規で提供されるとのこと。
LINEノベル
 また、「LINEノベル」ではユーザーからの投稿作品を募集。LINEが独占するのではなく、KADOKAWA(電撃文庫)、講談社、新潮社、集英社、実業之日本社、スターツ出版、宝島社、東京創元社、文藝春秋が参加し、投稿者情報が共有され、書籍化オファーを行うことができる。投稿機能は4月16日から開始される。

令和小説大賞について

 また、LINEと、日本テレビ放送網株式会社、株式会社アニプレックスの、3社共同文学賞「令和小説大賞」の開催も発表された。第1回の締め切りは9月30日。応募テーマは不特定。ジャンルも問わない。表現方法も問わない。大賞作品は賞金300万円、LINE文庫での書籍化、日本テレビとアニプレックスによる映像化もなされる。
LINEノベル

令和小説大賞パートナーと審査員

 日本テレビ放送網 プロデューサー 植野浩之氏
「知的な刺激を求めている。この大賞で求めているのは、関わるクリエイターの情熱をかきたてるような作品。いろんな方々が二足のわらじで小説を書くことも期待している」

 アニプレックス プロデューサー 高橋祐馬氏
「だれかがそれを見つけること。大賞を通じてはばたくことを期待している」

 ストレートエッジ 代表取締役 三木一馬氏
「ぼくは場違いかもしれません。森さんに拾っていただいた。LINEノベルの統括編集長として、結果を出すことがぼくの仕事です」

令和小説大賞 アンバサダー 乃木坂46 高山一実さんのメッセージ

 令和小説大賞アンバサダーに就任した乃木坂46 高山一実さんは、メンバー初の小説家デビュー作『トラペジウム』が20万部を突破するなど話題を集めている。

「光栄なことで、胸がいっぱいです。もともと私は、放課後に図書館へ行って本を読むことが好きな、ただの本好きでした。そんな、好きなことが仕事にできるのは、とても光栄なことです。小説家デビューしてから“小説書いてる子”として認識されるようになって、とてもハッピーです。」

「私が書くきっかけになったのは、自分のためというより、だれかのためになりたい! という思いで、それが自分のためだったのかなと思う。きっかけが大事。ハードルが高いのは、自分で書いてみて痛感。なにがきっかけで、というのはどこに転がっているかわかりません。書くことを決めた日から、きっと大きくなれます」
LINeノベル

参考リンク

LINEノベル公式サイト
https://novel.line.me/
令和小説大賞公式サイト
https://novel-award.com/

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 212 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

関連記事

電子雑誌定額読み放題サービス「マガジン☆WALKER」で新潮社「月刊コミックバンチ」が配信開始...  株式会社ブックウォーカーは4月20日、同社が運営する電子雑誌読み放題サービス「マガジン☆WALKER」で新潮社「月刊コミックバンチ」の配信を開始した。  新潮社「月刊コミックバンチ」は、2011年に創刊されたマンガ誌。“マンガを愛する全世代の読者が楽しめる雑誌”をコンセプトに、娯楽活劇、歴史...
講談社「DAYS NEO」が電流協アワード2019大賞を受賞  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は4月22日、「電流協アワード2019」の受賞案件を発表した。今年の大賞は、株式会社講談社「DAYS NEO」が受賞した。  電流協アワードは、電子出版分野の制作と流通に関して、企業・団体等の優れた製品/サービス/業績/研究等について表彰す...
『おじいわんソーヤ』東雲鈴音/講談社/5月15日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  おじいちゃん犬だから、おじいわん。一緒に時を重ねていく、幸せと、せつなさと。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されて...
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ/新潮社/6月12日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  ただでさえ思春期ってヤツなのに、「ワケあり」だらけの中学校では、家庭環境とか、性別の違いとか、ときには両親の肌の色をきっかけに、毎日が事件の連続。それでも、ぼくたちは大人たちの常識を軽く飛び越えて、子どもなりのやり方でそれを乗り越えていく。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプ...
小説投稿サイト「ノベマ!」が新オープン ~ 「スターツ出版文庫大賞」「短編小説コンテスト」も開催...  スターツ出版株式会社は4月17日、新たに小説投稿サイト「ノベマ!」をオープンした。スターツ出版ではかねてより女子中高生向けの「野いちご」、成人女性向けの「Berry‘s Café」を運営しているが、「ノベマ!」は全年齢向けかつ男女問わず幅広い小説ジャンルを包括して展開するとしている。また「ノベマ!...
KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」が3周年。今年秋には稼げる仕組みを加え、新たなステージへ...  株式会社KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」は、2016年2月のオープンから3周年を迎えた。これまで投稿・公開された作品は10万点を超える。常時さまざまなコンテストやイベントを開催してユーザーを盛り上げ、話題となった『横浜駅SF』(柞刈湯葉/カドカワBOOKS)や、TVアニメ化が決定した『...
22歳以下なら約150タイトルが無料で読める! ~「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年マガジン」が初の共同プロジェクト...  株式会社集英社と株式会社講談社は4月8日、「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年マガジン」の初めての共同プロジェクトとして、22歳以下なら連載作品約150タイトルが無料で読めるウェブサイト「少年ジャンマガ学園」を、6月10日までの期間限定で公開した。  少年ジャンマガ学園は「マンガの学校」をコンセ...
「DAYS NEO」に講談社全マンガ媒体編集部員が参加 ~ 21誌250人以上の編集者と出逢えるマッチング型マンガ投稿サイトに...  株式会社講談社のマッチング型マンガ投稿サイト「DAYS NEO」は3月25日、「なかよし」「少年マガジンエッジ」「Palcy(パルシィ)」編集部の加入を発表した。これで講談社の全マンガ媒体15誌の編集部員が参加し、一迅社6誌ととあわせ、21誌250人以上のマンガ編集者とのマッチングが可能なサービス...
ファイル共有ソフト「BitTorrent」によるマンガの著作権侵害を摘発 ~ トレントトラッカーサイト「Nyaa.si」を利用し多数の海賊版データを所持、アップロード...  株式会社講談社と株式会社集英社と一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は3月18日、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を利用しマンガ作品を無断アップロードしていた長崎県の30代男性を、長崎県警生活環境課サイバー犯罪対策室と長崎署が著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで長...
米ヴィズ・メディアが現地のマンガ系グラフィック・ノベルの新インプリント設立  小学館と集英社がアメリカのサンフランシスコで立ち上げたマンガ出版社ヴィズ・メディア(Viz Media)が、日本のマンガやアニメに影響を受けたアーティストらによるオリジナルのグラフィック・ノベルを刊行するインプリント「ヴィズ・オリジナル(Viz Originals)」を創設すると業界誌パブリッシャ...