LINE、日テレ、アニプレックスによる文学賞「第1回 令和小説大賞」の最終選考作品が決定 ~ 対象作品の発表は3月3日

「第1回令和小説大賞」最終選考候補作品発表
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 LINE株式会社、日本テレビ放送網株式会社、株式会社アニプレックスの3社は2月3日、共同で開催する文学賞「第1回 令和小説大賞」の最終選考作品が決定したことを発表した。応募総数は累計4440作品で、最終選考に進んだのは10作品。

 第1回 令和小説大賞は、既存の枠組みにとらわれない才能を世の中に発信することが開催の目的。応募テーマはなく、自ら創作したオリジナル作品であれば、ジャンルや表現方法は自由だ。

 審査員は、日本テレビ プロデューサー 植野浩之氏、アニプレックス プロデューサー 高橋祐馬氏、株式会社ストレートエッジ 代表取締役 三木一馬氏、LINE 執行役員 森啓氏の4名。

 大賞受賞作品には賞金300万円と作品の映像化の権利が贈呈される。また、LINE文庫、もしくはLINE文庫エッジからの書籍化も予定。大賞作品の発表は、3月3日を予定している。

 最終選考に進んだのは次の10作品。なお、最終選考作品を含む全ての応募作品は、小説プラットフォーム「LINEノベル」にて公開されている。作品の閲覧には、LINEノベルのアプリが必要となる。

参考リンク

「第1回令和小説大賞」最終選考候補作品発表
https://novel.line.me/pages/contests/1/nominated.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About 小桜店子 50 Articles
1994年茨城県生まれ。栃木県出身。出版社でのムック編集を経て、現在はフリーランスに。学生時代『月刊群雛』に影響を受け電子雑誌を創刊、編集長を務めていた。
タグ: / / / / /

関連記事&広告

コメントする

avatar
1000