海賊版教科書にアマゾンがおとり捜査で鉄槌、あおりを食らう古書店も

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 アマゾンがシアトルの買い手を装って古本の教科書を注文、届いた本が海賊版だったとして約20店の古書店アカウントを閉鎖したと、ビジネスTVチャンネルのCNBCのウェブサイトが伝えている。

 アメリカでは高等教育の教科書の値段は数百ドルと高額で、新しくEブック版を買うより、安価な古本を買い求める学生が多いことから、教科書の古書を扱うのが手堅いビジネスになるという土壌がある。教科書業界は近年、海賊版の対処に追われている。

 中には扱った教科書が海賊版だとは気づかず、クリスマス商戦を前に急にアマゾン上で取引ができなくなり、困り果てている業者もいる。アマゾンからは「海賊版をアマゾンで売るのは禁止行為なので、アカウントを一時的に凍結した」という内容のそっけないメールが届いただけだという。

 古本売買ビジネスを含む第三者の業者による通販は、米アマゾンの売上の半分を占めるに至る。今年の第3四半期でも、これら外部の業者に対する注文受付から配送までのサービス料は100億ドル、アマゾンの総売上の18%に当たる。

 このところアマゾンは、古書以外のカテゴリーでも偽造品を売買した業者を取り締まっている。これまでは消費者から苦情を受けてから対応していたが、今回はアマゾンによる“おとり捜査”で引っかかったようだ。

 なお、高等教育過程の学生が必要とする教科書が高額であることは長い間アメリカで問題とされており、図書館と協力する取り組みも見られる。

参考リンク

CNBCの記事
https://www.cnbc.com/2018/12/13/amazon-and-publishers-hurting-small-sellers-in-counterfeit-sting.html
教科書高額化問題に取り組む図書館のパネルを伝えるScholarly Kitchenの記事
https://scholarlykitchen.sspnet.org/2018/11/19/the-coming-wave-of-affordable-textbooks/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

米アマゾンが自閉症のニセ科学本を削除  アマゾンが第三業者による「マーケットプレイス」から、自閉症治癒として非科学的な療法を掲げた本を削除したと、NBCなどの米マスコミが伝えている。  二酸化塩素の効果で191人の子どもが治ったなどとする「Healing the Symptoms Known as Autism(自閉症の症状を治す...
アマゾンが全米のポップアップ店を閉鎖、書店は引き続きオープン  アマゾンがここ数年間で米国内に87店舗オープンした小規模のポップアップ小売店を、すべて閉めることにしたとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。  キオスクとも呼ばれるこのポップアップ店は、いずれも床面積数十平方メートルの規模で、アマゾン製のスマートスピーカー、タブレット、キンドル用E...
アマゾン、子供向け定額サービス「Amazon FreeTime Unlimited」を日本向けにも提供開始 ~ 2年間破損故障無償取替対応「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」も販売開始...  アマゾンジャパン合同会社は3月7日、3歳から12歳の子供を対象としたさまざまなコンテンツを定額で楽しめる「Amazon FreeTime Unlimited」のサービス開始を発表した。また同時に、破損や故障した場合でも購入から2年間は無償取替に対応するタブレット「Amazon Fire HD 8 ...
米セルフパブリッシング人材紹介のReedsyがディスカバラビリティサービスを開始  少しでも多くの読者の目に留まるよう、セルフパブリッシングの著者が自腹を切ってフェイスブックやアマゾンで広告を買う中、このコミュニティーに編集者やデザイナーなどの人材リソースを紹介してきたReedsy(リージー)は、「Reedsy Discovery」という販促サービスを開始した。[編注:ディスカバ...
オープンアクセスに応じないエルゼビアをカリフォルニア大学がボイコット  学術論文へのオープンアクセスが求められる風潮の中、公共資金による研究成果へのオープンアクセスを目指す米カリフォルニア大学は、論文などの学術資料へのアクセスに高額な料金を課す大手出版社エルゼビアの購読を中止したと発表した。8ヶ月にもわたる契約更新交渉を重ねてきたが合意に至らず、今回の決裂となった。...