凸版印刷、AI技術を活用した自動校閲・校正支援システムの実証実験をみずほ銀行と開始

凸版印刷のプレスリリース
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 凸版印刷株式会社は12月6日、AI技術を活用した校閲・校正支援システムの実証実験を、株式会社みずほ銀行と開始することを発表した。凸版印刷が開発したウェブや情報誌の編集業務を効率化するシステムを導入し、みずほ銀行における広告制作物の校閲・校正業務の精度向上や自動化へ向けた検証を行う。

 このAI技術を活用した校閲・校正システムは、凸版印刷がこれまでさまざまな企業の媒体制作を通じて培ってきた校閲・校正ノウハウと、AI技術を活用して開発された。関連特許出願中とのこと。ディープラーニングなどのAI技術を活用することにより、従来は検出が困難だった「助詞」や「漢字変換」などの誤りについても、検出を可能にしているという。

校閲・校正システムのサービスイメージ
AIを活用した校閲・校正システムのサービスイメージ
© Toppan Printing Co., Ltd.

 発表されたサービスイメージでは、西暦と和暦のずれ、閉じ括弧抜け、助詞の誤り、仮名遣いの誤り、同音・同訓の混在などにアラートが出ている。

参考リンク

凸版印刷のプレスリリース
https://www.toppan.co.jp/news/2018/12/newsrelease181206.html

noteで書く

広告

About 鷹野凌 293 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: /

関連コンテンツ