凸版印刷「HandyBitway」、「Handyブックショップ」にポイントサービス導入

noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:足立 直樹)は、当社が運営する携帯電話向け電子書籍、コミックサイト「Handyブックショップ」(※1)において、ポイントサービスの導入を9月27日より開始した。

 これにより、ショップの利便性を高め、今まで以上に電子書籍やコミックを利用しやすい、携帯電話向けの総合書店を目指すという。

<ポイントサービスの概要>
・「Handyブックショップ」内で商品を購入されたお客様に対して、商品購入価格の3%をポイントにて還元。
・還元されたポイントは、1ポイント=1円の価値で、「Handyブックショップ」内にて、利用できる。
・現在のポイント数は、「Handyブックショップ」のトップぺージに表示され、サイトにアクセスする度に現在のポイント数を確認できる。また、商品利用の際は「現在のポイント数」と「利用後のポイント数」が表示される。
・コンテンツ購入の際に、通常の支払いとポイントによる支払いとの併用はできない
・ポイントは、最終購入日から6ヶ月間有効。

【「Handyブックショップ」のアクセス方法】
■ 端末種別:W21S、W21K、W21SH
 「EZトップメニュー」より、「ホビー&カルチャー」>「メニュー」>「TV・メディア」>「マガジン」>「Handyブックショップ」
■ 端末種別:W11H、W11K
 「EZトップメニュー」より、「ホビー&カルチャー」>「TV・メディア」>「マガジン」>「Handyブックショップ」
【ポイントが利用できるコンテンツ】
 「Handyブックショップ」で配信中の全コンテンツが利用できます。

【コンテンツについて】
<書籍>
 ・「蹴りたい背中」:703ポイント
 ・「千里眼」:525ポイント
  など
<コミック>
 ・「美味しんぼ」1話:42ポイント
 ・「行け!稲中卓球部」1話:52ポイント
 ・「OLヴィジュアル系」:52ポイント
  など

※ 1 Handyブックショップ
  凸版印刷の携帯電話向けコンテンツ流通事業「HandyBitway」(※2)が運営する公式サイトで、KDDIの携帯電話サービス「au」が提供する高速通信・定額料金の次世代通信サービス「CDMA 1X WIN」に対応したサービス。

※ 2 HandyBitway
http://www.handybitway.com/
 凸版印刷が展開するBitway事業の携帯電話向けコンテンツサービス。
 2003年4月1日に開始し、コンテンツの制作支援、各販売チャネルとの提携を図り、モバイル・ユビキタスの実現を目指している。

関連リンク

凸版印刷(株) ホームページ
http://www.toppan.co.jp/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告