デジタル図書館貸出カードはアメリカの非識字率低下に貢献できるか

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 アメリカでは1億6000万人が図書館貸出カードを持っておらず、1600万人が字を読めず、その根幹にあるのは収入格差問題だと指摘されている。ひとつの対策として、オーバードライブ社が手がける Instant Digital Card プログラムでは、この15ヶ月間で6万5000人のユーザーを獲得したと、経済誌フォーブスが伝えている。

 このサービスを使えば、図書館貸出カードを持たない者でも、どこからでも何千タイトルものEブックやオーディオブックの中から本を選んで借りることができ、本の貸し借りに出向く必要もない。

 オーバードライブ社の創設者CEOであるスティーブ・ポタッシュは「瞬時になんでも手に入るスマホ社会にピッタリですよ」という。このプログラムは忙しい母親から、急にスケジュールが変わるビジネスマン、そして近くに図書館がない人がターゲット層だ。

 課題は電子図書館カードの存在を知ってもらうことで、娯楽だけでもビデオのストリーミングからEブックの定額読み放題サービスが台頭する中、次の素晴らしい本に出会える図書館というリソースを知ってもらうためにも、図書館や地元のコミュニティーと協力してオーバードライブ社のアプリである Libby を推進している。

 ここで人気があるのはオーディオブックや、読み聞かせ機能付きの児童書、SFやファンタジーなどの speculative fiction そして紙でもベストセラーとなっている政治ノンフィクション、TV番組と提携した本などだという。

参考リンク

フォーブスの記事
https://www.forbes.com/sites/adamrowe1/2018/11/26/digital-library-cards-are-offering-thousands-of-ebooks-to-everyone/#2904736168f6
OverDrive社の電子図書館貸出カードのウェブサイト
https://company.overdrive.com/get-a-library-card/
アメリカの非識字率をとりあげたBBCのビデオニュース
https://www.bbc.com/news/av/world-us-canada-41754308/the-americans-who-can-t-read

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

第20回図書館総合展が開催 ~ 展示会場フォトレポート  図書館総合展運営委員会は10月30日から11月1日まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で「第20回図書館総合展」を開催している。企画・運営は株式会社カルチャー・ジャパン(JCC)。本稿では展示会の様子を電子図書館関係を中心に写真でレポートする。 丸善雄松堂の電子図書館サービス「Maruz...
電流協、電子図書館を導入している公共図書館78館の一覧を発表  一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は8月31日、有料で販売されている電子書籍を無料で貸出するタイプの電子図書館サービスを導入している自治体の公共図書館一覧を公表した。今後は電流協公式サイトにて、年4回程度の頻度で定期更新していく予定とのこと。  電流協によると、2018年...
米ウォルマートが対アマゾン戦略で楽天Koboと提携しEブック販売を拡大  世界最大の量販店チェーン、ウォルマートが楽天のコボと提携して「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」というEブックサイトを立ち上げた。これでアマゾンのキンドルサービスに対抗しうる、600万規模のタイトル数を揃え、Eブック貸出サービスやオーディオブックの定期購読にも着手すると...
「米Kindleで献本機能実装も日本は未対応」「2017年度電子出版市場は2556億円」「2018年上期の紙+電子出版市場は7827億円」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年7月23日~29日)...  先週は「米Kindleで献本機能実装も日本は未対応」「2017年度電子出版市場は2556億円」「2018年上期の紙+電子出版市場は7827億円」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年7月23日~29日分です。 『進撃の巨人』が第3巻まで...
電子図書館「Rakuten OverDrive」が神戸市と大阪市で試験導入開始  株式会社メディアドゥと、楽天株式会社とその子会社の米OverDrive社が連携して進めている「OverDrive Japan」は、6月に電子図書館「Rakuten OverDrive」に関する協定を神戸市、大阪市と相次いで締結。神戸市は6月22日から、大阪市は7月2日からサービス提供を開始した。政...