米AmazonがAndroid OS向けアプリストア「Amazon Appstore」の年内公開を発表、デベロッパー募集を開始

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間の1月5日、年内にも米国内でAndroid端末向けの専用ストア「Amazon Appstore」をオープンすることを明らかにした。

 Amazon AppstoreはAndroidアプリ専用の販売ストアで、ユーザーはAmazon.comアカウントでスマートフォン用ゲームやアプリが購入可能になる。基本的な条件はApple社のiTunes Appstoreと同じで、アプリは1つ1つ審査された後登録され、アダルトアプリ等は禁じられる。有料アプリの場合は売上30%をAmazon側が手数料として徴収し、さらに独自に割引キャンペーンを行なうこともあるとのこと。

 Amazon Appstoreのオープン日はまだ未定となっているが、アプリ開発者向けのポータルサイト「Amazon Developer Portal」がすでにオープンしている。【hon.jp】n

問合せ先:Amazon Developer Portalサイト( http://developer.amazon.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /