Kindle/Nookの電子書籍をユーザー間で有料レンタルするコミュニティサイト「eBook Exchange」がオープン

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍ベンチャーのeBook Exchange社(本社:米国オハイオ州)は現地時間の1月4日、電子書籍端末「Kindle」「Nook」の電子書籍レンタル機能を活用してユーザー間で作品を有料レンタルするコミュニティサイト「eBook Exchange」をオープンした。

 同サイトは会員制サイトで、Kindleユーザー同士もしくはNookユーザー同士で借りたい作品/貸したい作品を掲示版に告知し、双方をマッチングさせるという仕組み。基本的には有料SNSサイトだが、最大の特徴は貸し手側がレンタル料を設定できる点。真意は不明だが、eBook Exchange側は本サイトを「読んだ後に眠った状態の電子書籍を再活用できる場所」「紙書籍のレンタル市場では実現できなかった、著者への2次ライセンス報酬還元システム」に育てていきたいなどとしている。

 なお、同社では今年1年間に限り、得られた利益をすべて児童読書促進団体に寄付するとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:eBook Exchangeサイト( http://www.ebookexchange.com/

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事