米Barnes & Noble社、電子書籍タブレット端末の新2モデル「Nook HD」「Nook HD+」を発表

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の書店チェーン最大手Barnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間の9月26日、同社が販売する電子書籍端末「NOOK」シリーズに新カラータブレット型モデル「Nook HD」「Nook HD+」を追加することを発表した。

 10月後半にも出荷開始予定となっているこの両モデルでは、Microsoft社との提携で噂されていた「Windows 8」は採用されなかった模様。「Nook HD」はスタイリッシュな7インチ型モデルで、メモリ容量別に199ドル(約1.5万円)から、「Nook HD+」は9インチ型モデルで同じように269ドル(約2.1万円)からという価格設定になっている。

 両モデルとも家族共用機能、ビデオコンテンツ購入、スクラップ機能など新機能を搭載。ライバルであるAmazon社の「Kindle HD」シリーズを意識し、ディスプレイ解像度を高めており、Walmart社など米国の大手量販チェーン店舗を中心に、クリスマス商戦に向け展開していく予定だ。【hon.jp】

問合せ先:Barnes & Noble社のNook製品ページ( http://nook.com/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事&広告