米Amazon、Android・Kindle Fire向けアプリ販売ストア「Amazon Appstore」でHTML5アプリを受付開始

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間8月7日、電子書籍タブレット「Kindle Fire」シリーズなどAndroid端末向けのアプリ販売ストア「Amazon Appstore」で、HTML5アプリの受け付け開始した。

 Amazon Appstoreは、Google社(本社:米国カリフォルニア州)との課金システム競争にからみ運営している独自ストアで、アプリの開発言語は原則としてJavaを使う。日本では、eBookJapanも同ストアでKindle Fireシリーズ向けにビューワアプリを公開している。

 今回、HTML5アプリは、課金周りで専用SDKを使うものの、エンジン部分にChromium(Webkit)を採用しているため、現行のスマホ向けサイトをアプリ化しようという開発者でも、追加コーディングはほとんどいらないように配慮されている。【hon.jp】

問合せ先:Amazon社のHTML5アプリ開発者案内ページ( https://developer.amazon.com/sdk/webapps.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /