アマゾン、子供向け定額サービス「Amazon FreeTime Unlimited」を日本向けにも提供開始 ~ 2年間破損故障無償取替対応「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」も販売開始

Amazon FreeTime Unlimited
Amazon FreeTime Unlimited

《この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です》

 アマゾンジャパン合同会社は3月7日、3歳から12歳の子供を対象としたさまざまなコンテンツを定額で楽しめる「Amazon FreeTime Unlimited」のサービス開始を発表した。また同時に、破損や故障した場合でも購入から2年間は無償取替に対応するタブレット「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」の販売を開始した。

 Amazon FreeTime Unlimited は、アメリカでは2012年12月から「Kindle FreeTime Unlimited」という名称(「Kindle」表記の有無は.comの公式ヘルプ内でも揺れている)で、月額4.99ドルで提供されてきた(記事)。児童書、知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど数千点のコンテンツが、一般月額980円、プライム会員月額480円の定額で利用し放題となる。

 同日発売開始の Amazon Fire HD 8 キッズモデルは、8インチディスプレイ、32GB内部ストレージと、別売microSDカードによる最大400GBの外部ストレージサポート、最長10時間持続のバッテリーなどの特徴がある。ブルーとピンクの保護カバーが付いている。購入から2年間は、破損・故障した場合でも無償取替に対応する。税込1万4980円で、Amazon FreeTime Unlimited が1年間使い放題になっている(1年後は自動更新で有料になる)。出荷開始は3月19日予定。

Amazon Fire HD 8 キッズモデル
Amazon Fire HD 8 キッズモデル
 Amazon FreeTime Unlimited を利用できる端末は Amazon Fire HD 8 キッズモデルのほか、2015年9月以降に発売されたFireタブレットも、3月19日予定のアップデートで利用可能になる。初回30日間の無料体験で利用できる。1台のタブレットには最大で子供4人ぶんのプロフィールが設定でき、お気に入りなどをそれぞれ異なる設定で利用できる。保護者向けには「ペアレント・ダッシュボート機能」が提供され、子供の利用状況をウェブサイト上から確認できる。学習時間やアクティビティ別の時間制限、年齢フィルター、総利用時間の管理、端末ロックなどがリモートで可能となる。 

 配信コンテンツは、『うるしー』『モモ(岩波少年文庫)』『りゆうがあります(PHPわたしのえほん)』『なぜ?どうして?恐竜図鑑 大昔の生きもののなぞにせまる』『頭のいい子を育てるおはなし366』『The Very Hungry Caterpillar & Friends – First Words』『ドラえもん デジタルカラー版(1)』『名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン1 縄文時代~原始世界の冒険者(タイムドリフター)~(名探偵コナン・学習まんが)』『カーズ クロスロードのなかまたち100(ディズニー幼児絵本)』『ディズニースーパーゴールド絵本 プーさんとはちみつ(ディズニーゴールド絵本)』『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(ディズニーストーリーブック)』『おかあさんといっしょ もぐもぐレストラン』『National Geographic Readers: Planets(English Edition)』などが用意されている。

参考リンク

Amazon FreeTime Unlimited
https://www.amazon.co.jp/freetime
Amazon Fire HD 8 キッズモデル
https://www.amazon.co.jp/firehd8kidsmodel

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About 鷹野凌 227 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ:

関連記事