米アマゾン、子供向けサービスをバンドルしたタブレットを発売

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 アマゾンが月曜日にアメリカで発表したFire HD 10タブレットは10月30日発売開始で、値段は149.99ドルからとお買い得。

 デバイスで損をしても、これを使ってストリーミングサービスで映画を見たり、Amazon.comで買い物をしてもらえばいいというわけだと、米ビジネスケーブル局のCNBCが伝えている。待ち受け画面には広告が表示される。

 いちばん安くても329ドルするアップルのiPadなどと比べるとお得感がある。プロセッサーもこれまでより速くなり、10インチの画面で充電なしに12時間使用可能、ステレオのスピーカーが付き、USB-C端末で充電も速い。

 一方で、Eインク使用のキンドルEリーダーでも「キンドル・キッズ」というバンドルサービスを開始したとニュースポータルThe Vergeが伝えている。こちらはベーシックなキンドルデバイスに保護ケース付きで、1年間アマゾンの「フリータイム」サービスが無料となる。

 フリータイム・サービスには子供に人気の「ハリポタ」やトールキンの「ホビット」、パーシー・ジャクソンやナルニア物語のシリーズが入っており、親が成人向けのコンテンツへのアクセスなどを心配することなく、使わせることができる。

参考リンク

CNBCの記事
https://www.cnbc.com/2019/10/07/new-amazon-fire-hd-10-announced-costs-150.html
The Vergeの記事
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2019/10/7/20902588/kindle-kids-edition-amazon-bundle-young-e-reader-case-replacement-program-freetime

noteで書く

広告

About 大原ケイ 227 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。
タグ: /

コメントする

avatar
1000

関連コンテンツ