『山海記』佐伯一麦/講談社/3月20日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 東北の大震災後、水辺の災害の痕跡を辿る旅を続ける彼は、締めくくりに3.11と同じ年に、土砂災害に襲われた紀伊半島へと向かう。
 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

山海記

佐伯一麦/講談社

内容紹介

山海記 東北の大震災後、水辺の災害の痕跡を辿る旅を続ける彼は、締めくくりに3.11と同じ年に、土砂災害に襲われた紀伊半島へと向かう。
 あの年、東北は大震災に襲われ、紀伊半島は台風12号による記録的な豪雨に見舞われた。天嶮の地、奥吉野は十津川村へと走るバスの車窓から見える土砂災害の傷跡を眺め、「谷瀬の吊り橋」を訪れる彼の胸中には、かつてこの道を進んだ天誅組の志士たち、これまで訪れた地や出会った人、クラシック好きで自死した友のことなど、さまざまな思いが去来する。そして二年後、ふたたびの吊り橋で……。
 現代日本における私小説の名手が、地誌と人びとの営みを見つめて紡ぐ、人生後半のたしかで静謐な姿。

販促プラン

 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には若干内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784065149942
税抜価格:¥2,000 (JPY)
ジャンル:文芸小説
刊行日:2019/03/20

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/160842

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About HON.jp News Blog編集部 285 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ:

関連記事