『JK無双 1 終わる世界の救い方』津田夕也/講談社/4月5日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 既存の世界終末劇とは一線を画す、クールでホッコリとした冒険活劇開幕!
 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

JK無双 1 終わる世界の救い方

津田夕也/講談社

内容紹介

JK無双 1 終わる世界の救い方 主人公の女子高生はある朝、世界がゾンビだらけになり「終焉」を迎えていたことを知る。だがJKはさして動揺することもなく、祖父の遺した日本刀を手に街へ冒険へと洒落こんだ。出会う人々を軽快に救い、出遭うゾンビを慈悲なく始末していくJK。そして頭の中に流れる謎の「幻聴」――。
 近隣にある通学していた学校に向かうと、JK以外の「無事な人間たち」の一部が校舎の守りを固め、セーフティゾーンを形成していた。JKは彼らに合流し、他の無事な人間を探索し救うために刃を振るう。敵を倒したり特定の条件を満たすと頭の中に流れる「幻聴」を彼女はのほほんと聞き流していたが、それらは主にレベルとステータス上昇のアナウンス的な役割をしているようだ。つまり……ゾンビをバッサバッサと斬り捨てまくるJKの進化が止まらない!? 彼女はどこまで強くなる!?
 既存の世界終末劇とは一線を画す、クールでホッコリとした冒険活劇開幕!

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。 刊行時には若干内容が異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

 世界が一夜にして終末を迎え、人々がいきなり「死」と向き合わなければならなくなった絶望的状況において、ゾンビやモンスターを「じゃーいっちょ、救っちゃいますか」と軽いノリでサクッと倒しまくる、かつてないJK(=女子高生)ヒロイン像が斬新です。見どころの一つは、JKの軽いノリと悲惨な世界の実情との、描写のギャップ。けれどもJKはJKなりに世界の行く末や自分の行為を憂いており、その心象をとても丁寧に描いているのが心にグッときます! 非常に上質なアクションファンタジーとして自信をもっておすすめできる1冊です。装画は、先日画集も発売され各方面から高い評価を得る「あきま」氏による渾身の1枚!
――担当編集者より

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784065145494
税抜価格:¥1,200 (JPY)
ジャンル:SF/ファンタジー , ラノベ
刊行日:2019/04/05

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/160838

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About HON.jp News Blog編集部 218 Articles
HON.jp News Blogは、デジタル革命により激動の時を迎えた出版という営みの未来を拓くため、革新的(イノベーティブ)な動きや考えをニュース・コラムなどの形で紹介・解説・提案する非営利のメディアです
タグ:

関連記事